fc2ブログ

日本の刑事裁判官

安江一平裁判官≪55期≫


起訴状受領の確認
しなかった(22/5)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど検察官が読み上げた公訴事実、その公訴事実についてなにか間違っているところなどはありますか」(22/5)

最終意見陳述を促す文言
「以上でこの事件の審理は終えることになります。最後に自分自身で述べておきたいことがあれば、ここで述べてください」(22/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 札幌地裁岩見沢支部&同地裁滝川支部

………………………………………………………………………………

その他
リーダータイプには見えないし、また人の上に立ちたいという願望があるようにも見えない(21/11&22/5&6)。

人事レース/最高裁の意思推察
2020春より札幌地家裁岩見沢支部長を務め、主に刑事を担当している。
≪首都圏と雪の降り積もる地≫ を行き来する現場担当主として民事裁判官。
今春異動へ(23/2)。

一場修子裁判官≪55期≫


1審無罪 【22/10】 ★覚醒剤の使用と所持★ at さいたま地裁

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2022年10月現在、さいたま地裁刑事2部 No.3/4 のポジションに配置されている。
首都圏を周回する現場担当刑事裁判官。
おそらく帯同者あり(22/10)。

榊原敬裁判官≪55期≫


1審一部無罪 【22/7】 ★詐欺は無罪 東京都の時短協力金詐欺に問われ 他罪で執行猶予 被告人はベトナム人★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
追起訴審理ではしたのに、新件ではしなかった(17/12)。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
新件でした(21/3)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「(首を左に傾け、ねっとりとした聞き方で)いま、検察官が読み上げた事実に、なにか間違っているというところはありますか」(17/12)

「(首をやや左に傾け、覇気欠く声で)いま、検察官が読み上げた事実で、どこか間違っているというところはありますか」(21/3)

最終意見陳述を促す文言
「(傍聴人の立てる音にかき消されてイマイチ聞こえず)~、最後になにか言っておきたいことがあれば言ってください」(17/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜地裁&水戸地裁土浦支部&函館地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
あまりしたくない(17/12)。

全然したくない(21/3)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官に裁かれたいとは思わない(17/12&21/3)。

その他
入廷の段階から傍聴席を見渡している。なぜだろう?(17/12)

声に張り欠き、歯切れも悪いから聞き取りづらい(17/12)。

独特の視線の置き方がある(17/12)。

入廷時、動きのっそり。罪状認否あたりまで元気のない声で指揮していたが、時間の経過、審理進行とともに気持ちが乗ってきて、普通の裁判官の声量に戻った。傍聴席から自身の姿を撮影してもらい、見てみたらいいのに(21/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
東日本エリア現場担当刑事裁判官(18/7)。

2022年1月現在、函館地裁で刑事部トップを務めている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
2022春どこへ?(22/1)

2022春、東京地裁刑事15部 No.2/4 のポジションへ。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
2012年に東京刑事に組み込まれた際も同15部だった。
久々の東京リターンから波に乗るか(22/5)。

沖敦子裁判官≪55期≫


1審無罪 【22/2】 ★不正競争防止法違反 被告人は行政書士★ at 大阪地裁

1審無罪 【10/3】 ★強制わいせつ 2008年9月逮捕→同年12月起訴→2010年3月無罪判決まで長すぎる★ at 千葉地裁松戸支部

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(20/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利に扱われることはありません」 と明言する(at 松戸)。

「答えなかったからといって、不利に扱われることはありません」 と明言する(at 大阪)。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ起訴状の事実で、違っているところはありましたか」(09/12)

「いま、検察官が読んだ事実について、違っているところはありましたでしょうか」(20/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますけれども、最後に言っておきたいことはありますか」(09/12)

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁松戸支部&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
≪信用できない≫ とせざるをえない。

その他
この女性裁判官指揮する法廷においても、松戸支部の悪しき伝統儀式 ≪書記官 「キリツ」→「レイッ」≫ が続いている。
来る日も来る日も、飽きもせず。

なぜ、公務員が一般人に 「礼」 を求めるのか。
なぜ、傍聴人を巻き込んで 「礼」 を強いるのか。

伝統儀式を踏襲していること、それ自体が裁判官ひとりひとりが独立していない証拠でしょ?
沖さん、いかがですか。
(09/12)

聞き取りやすい声(20/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
2021年2月現在、大阪地裁第6刑事部 No.2 のポジションに配置されている。
主として関西エリア現場担当刑事裁判官。
この先どうなるか、全然見通せない(21/2)。

2022春、大津地裁刑事部 No.3/6 のポジションへ。
関西エリア現場担当刑事裁判官。
この先ほどほどというところでは(22/4)。

2023年4月現在、大津地裁刑事部 No.3/7 のポジションに配置されている。
関西エリア現場担当刑事裁判官。
この先ほどほどというところでは(23/4)。

« Prev|Top|Next »

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード