日本の刑事裁判官

吉田勝栄裁判官≪50期≫


1審無罪 【17/7】 ★覚せい剤の使用★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実について、違っている点はありますか」(09/6)

最終意見陳述を促す文言
「~最後に述べておきたいことがあれば、述べてもらってもかまいません」(09/6)

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
首都圏と地方を交互に行き来する現場担当刑事裁判官。
現状ではほどほどの出世の見込み(17/7)。

伊藤寛樹裁判官≪50期≫


1審無罪 【17/3】 ★窃盗×被告人は boliviano ★ at 大津地裁

1審無罪 【11/1】 ★強盗未遂×コンビニたばこ強盗★ at 大阪地裁

1審無罪 【05/2】 ★業務上過失致死×交通事故★ at 大津地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
9:1くらい=視線を落として:文の終わりにかけて、被告人に視線を向け(09/11)。

4:1くらい=視線を落として:文の終わりにかけて、被告人に視線を向け(10/4)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた内容について、あなたの言い分はどうですか」(09/11)

「いま、検察官が読み上げた内容について、なにか言っておきたいことがありますか」(10/4)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後になにか述べたいことがあれば、どうぞ」(09/11)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
閉廷時には、「きょうはこれで終わります。お疲れさまでした」 と述べる。

開廷の際、「裁判官の不手際で遅くなりました」 と述べたことがある(09/11)。

口を開くときのトーンやや重い(09/11)。

「冤罪をつくる検察、それを支える裁判所」 (里見繁さん著 ㈱インパクト出版会) p143 に、当裁判官に関する記述あり(13/2)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p263 にお名前登場(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年4月、大津地裁刑事部 No.2 から部総括へと昇格した。地方の部総括就任適齢期かな?
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
神戸の刑事部総括までは到達しておかしくないように思うが、大阪のそれまではどうだろう?(17/4)

伊藤ゆう子裁判官≪50期≫


1審無罪 【17/3】 ★強制わいせつ×電車内の痴漢行為★ at 東京地裁

1審無罪 【15/11】 ★暴行×被告人はマレーシア人★ at 熊本地裁

1審無罪 【07/11】 ★覚せい剤★ at 佐賀地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(14/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実のなかで、なにか間違っている点はありましたか」(14/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで証拠調べを終了して、次回の期日にあなたに対する判決の宣告を行います。最後にあなたからなにか言っておきたいことがありますか」(14/12)

ライヴ傍聴した裁判所
at 熊本地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
「司法の窓 vol.80」 にインタビュアーとして登場。さぁ、ここから一気に上昇するか(15/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
最高裁勤務もしつつ、 ≪東京⇔九州≫ を行き来する刑事裁判官。
2016年春の異動でまた東京に戻しますかな?(15/11)

2017年3月現在、東京地裁刑事10部で合議体裁判長をも務める No.2 のポジションに就いている。
出世させることがすでに決まっているなら、次は司法研修所教官か調査官?
そうした方面に適性がある方かどうかは知らないけど(17/3)。

柴田雅司裁判官≪50期≫


1審無罪 【16/12】 ★準強制わいせつ2件×判決時、地元紙記者法廷不在★ at 宇都宮地裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
東日本エリア現場担当刑事裁判官。出世コースに乗る可能性もあるにはある(17/2)。

大森直子裁判官≪50期≫


起訴状受領の確認
「起訴状という書面を受け取っていると思いますけれども」 という言い方をし、直接確認はしなかった(15/11)。

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(15/11)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ事実で、どこか違っているところがありますか」(15/11)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後にあなたのほうで述べておくことがあれば述べてください」(15/11)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2016年春の異動はなく、横浜で刑事担当4年目に突入した。動きをともにする方が東京から動かない以上、ご本人もそのままということか(16/5)。

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード