日本の刑事裁判官

大阪地裁刑事部発 「開廷表」 への小細工 2


本館1階の 「開廷表」→→各法廷前の 「開廷表」

 1部    書記官名あり→→同じくあり
 2部    書記官名あり→→同じくあり
 3部    書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない→→左記同様
 5部    書記官名あり→→同じくあり
 6部    書記官名あり→→同じくあり
 7部    書記官名あり→→同じくあり
 8部    書記官名あり→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
 9部    書記官名あり→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
10部    書記官名あり→→同じくあり
11部    書記官名あり→→同じくあり
12部    書記官名あり→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
13部    書記官名あり→→同じくあり
14部    書記官名あり→→同じくあり
15部    書記官名あり→→同じくあり
堺支部   書記官名あり→→同じくあり
岸和田支部 書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない→→左記同様
(チェック時期 本庁は2016年春から秋に至る半年間 堺支部は春秋に1回ずつ 岸和田支部は秋に1回のみ)

………………………………………………………………………………

大阪地裁刑事部へ

 ☆セコい小細工を弄するのはなぜですか。

 ☆最高裁判所から刑事3部の事務を総括する者に指名されている西野判事(46期)は一切、書記官による
   「開廷表」 への小細工を知らないわけですね?

岸和田支部へ

 ☆セコい小細工を弄するのはなぜですか。

大阪地裁刑事部発 「開廷表」 への小細工 1


本館1階の 「開廷表」→→→各法廷前の 「開廷表」

 1部  書記官名あり→→→→同じくあり
 2部  書記官名あり→→→→同じくあり

 5部  書記官名あり→→→→同じくあり
 6部  書記官名あり→→→→同じくあり
 7部  書記官名あり→→→→同じくあり
 8部  書記官名あり→→→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
 9部  書記官名あり→→→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
10部  書記官名あり→→→→同じくあり
11部  書記官名あり→→→→同じくあり
12部  書記官名あり→→→→書記官名を記す欄をわざわざカットし、書記官名見せない
13部  書記官名あり→→→→同じくあり
14部  書記官名あり→→→→同じくあり
15部  書記官名あり→→→→同じくあり
(チェック時期 2016年春から秋に至る半年間)

………………………………………………………………………………

大阪地裁刑事8部&9部&12部さんへ

 ☆小細工を弄するのはなぜですか。

 ☆主導しているのは言うまでもなく、各部の書記官自身ですよね?

 ☆最高裁判所から部の事務を総括する者に指名されている8部柴山判事(44期)、9部中山判事(44期)、
   12部村越判事(43期)も当然、了解しているわけですよね?

大阪15刑 「開廷表」 のワナ


5月の湿度が高いある日。
大阪地裁刑事15部232法廷前。
入り口近くの開廷表は7,8件の ≪新件&審理&判決≫ が予定されていることを傍聴人に告げると同時に、
横長ペーパー右に置かれた裁判官名をいずれも 「設楽──」 と印字していた。
傍聴席のとびらを開けて9時50分開始予定の判決に in。当ウェブログ同裁判官の項を埋めることのみが目的だ。
しかし、しかし。
裁判官のお顔がおかしいぞ。
中央に陣取る黒マント裁判官の容姿が広島地裁で記憶した 「設楽──」 裁判官のそれと違うような。
脳内記録イメージはとにかく、黒。
黒のなにか、プラス幼そうに見えるお顔。それが記憶の中の 「設楽──」 裁判官だ。
眉が太い黒眉だったのか、それとも……。
弁論再開してやや時間を要している判決公判。
壇上のその方が本当に開廷表が指し示すところの 「設楽──」 裁判官なのか?
センターに位置する男性裁判官の大まかな特徴を列記すると茶髪、メガネ、タイなし。そもそもかわいい顔立ちではないし、お顔のどこにも黒色を訴える部分はない。
3月に別法廷でお見かけした裁判官の方だったっけ?
結局、半信半疑のまま法廷を出た。結論は出ないまま、30分後を待つことにした。

12部331法廷。10時30分から本村裁判官の脱税事案判決が予定されていた。
傍聴席入口近くに着席して裁判官の登壇を待つこと数分。
姿を見せたのはさきほど見た方とまったく同一だった。
またその後15部232法廷にリターンし、大きな黒縁めがねをかけた 「設楽──」 裁判官を新件で確認。
15部開廷表の裁判官名に誤りがあることが確定した。

本村裁判官は今春、15部→12部へと異動している。理由なんか知るはずもない。
異動した本村裁判官が15部の法廷で引き続き判決まで担当しているのに、同部開廷表はどういうわけか裁判官名を 「設楽──」 にチェンジしてしまっている。
もしも 「設楽──」 裁判官のお顔を知らないまま、9時50分開始予定の判決のみを見、即退出していたら、刑事15部のワナにかかっていたことだろう。
その日以降、本村裁判官を 「設楽──」 裁判官と覚えこんでいたことは確実だ。
私は落とし穴に転落しそうになってなんとか踏みとどまることができたが、その一方で見事に引っかかった集団があるようなのだ。

2016年5月10日付の紙面で、前日9日に大阪地裁であった無罪判決について報道したのは安倍政権広報紙。
ところがその翌11日付31面で訂正をしている。
裁判官名を間違っていたとして 【設楽→本村】 とし、「確認が不十分でした」 と結んでいるのだ。

瞬間的に思ったことは、司法担当記者が裁判官のお顔にまでは関心がなかったから取り違えたんじゃないかってこと。
いやいや、そうじゃないんだな。
右翼政権広報紙のみが誤報をしたわけは、本村裁判官のお顔を知らないため裁判官の区別ができず、開廷表のウソ表記に引きずられたからと推測するほかない。
目の前で無罪判決を言い渡している裁判官が本当は本村さんであるにもかかわらず、事前に裁判所から配布されている開廷表ならびに法廷前のそれの裁判官名欄が 「設楽──」 であったため、そのまま疑うことなく受け入れてノーチェックで印刷工程まで進行した。
もし開廷表の裁判官名が正しく 「本村──」 であったなら、わざわざ紙面で 「設楽──」 とする理由は存在しない。
過去にも壇上 「本村──」、開廷表 「設楽──」 のでたらめパターンがあり、いま現在もどういうわけか継続していると判断できる。

刑事15部開廷表上のミステイクは実はその1件では終わらない。
その蒸し蒸しした日の午後に433法廷で予定されていた植野裁判官の刑事裁判は本館1階の開廷表では ≪審理≫。
法廷前のそれでは ≪新件≫ となっていた。
50分枠設定だったので、おそらく後者が正解だったのではないかな。
また、同日午前434法廷橋本部総括の ≪審理≫ においては、法廷前の開廷表で女性書記官の担当になっていたが、実際は男性書記官が裁判官の前に着席していた。
(後ほど、もう1件追加するかも。まだあるので)

本村裁判官の不自然にも思える15部→12部への異動も含め、大阪地裁刑事15部かなり変だぞ。
頭のおかしい人が取り仕切ってるんじゃないのか。

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード