fc2ブログ

日本の刑事裁判官

斎藤正人裁判官≪40期≫


逆転無罪 【23/9】 ★大麻の営利目的輸入など★1審・大阪地裁/who? の有罪判決を覆す at 大阪高裁

逆転無罪 【23/6】 ★正当防衛威力業務妨害 被告人は3名★1審・大阪地裁/第2刑事部西川チーム???の有罪判決を覆す at 大阪高裁

逆転無罪 【23/3】 ★心神喪失公務執行妨害&強盗殺人未遂&銃刀法 2019年6月に大阪吹田で警察官が交番駐車場にて包丁で刺され、けん銃を奪われた事件 1審は「統合失調症の影響で限定責任能力の状態にあった」と判断していた 右大西(直)、左赤坂(宏)のチーム構成★1審・大阪地裁/渡部(市)裁判長 with 裁判員チームの有罪判決を覆す at 大阪高裁

逆転無罪 【23/2】 ★正当防衛傷害 当裁判を報じるABCニュース記事のみ判決日を2月7日としている。その他の社の当該記事では2月8日★1審・大阪地裁堺支部/who? の有罪判決を覆す at 大阪高裁

1審無罪 【19/3】 ★虚偽診断書作成・同行使 暴力団組長の収監をめぐり、医師が虚偽の診断書を作成提出したかどうか 右石井(寛)、左築山(健)のチーム構成★ at 京都地裁

1審一部無罪 【19/2】 ★2017年大みそか京都市伏見区の殺傷事件 正当防衛殺人未遂 殺人罪は認めて実刑 裁判員裁判 30(わ)67 右石井(寛)、左築山(健)のチーム構成 初公判の日、12時前に傍聴席1列目に記者席とは書かれていない白カバー席8席、そこに着席していた記者は1名のみ。同日16時台後半、白カバー席は5席に減少し、記者は2名だった。記者席の埋まり具合をチェックして柔軟に対応する京都地裁に◎進呈 朝10時の開廷前から傍聴希望者が205法廷に集まっていた。定刻15分前くらいだったか、オープンすると一気に席が埋まり、人と人の間の中途半端な席しか空きがなくなった。ところが16時台後半にインしてみると、私を除く傍聴人はたった6人。午前中詰めかけていた傍聴人はどこへ行ったの? みなさん、やじ馬だったの? 弁護人の隣の被告人席にいる被告人と思われる男性が常時ヘッドホンみたいなものを頭に巻き付けて、下を向いていた。あれはいったい何?★ at 京都地裁

1審無罪 【14/4】 ★風営法の無許可営業 被告人経営のクラブで客が踊り飲み食いする状況は規制対象ではなかったから公安委員会の許可不要★ at 大阪地裁

再審無罪 【12/2】 ★証拠隠滅 ハンナン事件★ at 大阪地裁

差し戻し審無罪 【11/5】 ★銃刀法の共同所持 山口組 組員のけん銃所持と組長の関係★ at 大阪地裁
→→→
 差し戻し審破棄、差し戻し 【13/8】 ★差し戻される by 森岡チーム/大阪高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【15/3】 ★ by 第3小法廷岡部チーム/最高裁★地裁で差し戻し審へ

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「答えを断ることもできます。そのようにしたからといって、不利な取り扱いは受けません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読まれた公訴事実、どこか間違っている点、この際述べておきたいことはありますか」(10/4)

最終意見陳述を促す文言
「~最後に述べておくことがあれば聞いておくけれども、なにかありますか」(12/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁&京都地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用できる(23/6)。

その他
≪裁判員裁判≫ 向きの裁判官。現時点で同裁判に一切、かかわっていないなら、配置転換を求める(10/4)。

802法廷を使うのであれば、もっと大きな声でお願いします。小声はご遠慮願います(12/5)。

開廷前2分間撮影映像を見ると、まだまだお若い。全然老け込んでいない(23/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
大阪を本拠地とする、現場担当刑事裁判官。
大阪高裁刑事部総括までは到達したいところ。大丈夫だと思うが(12/2)。

2014年4月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁本庁で迎えている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
大阪高裁刑事部総括到達、十二分にあり(14/4)。

2019年2月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁本庁で終え、京都地裁に下っている。
西日本エリア ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
いずれ大阪高裁刑事部総括判事へ(19/2)。

2021年6月現在、京都勤務の後、名古屋高裁金沢支部刑事部のトップを経て、徳島地家裁所長を務めている。
関西エリア ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
定年までの2年と10月の間に、大阪高裁刑事部の事務を総括する者のいすが回ってくるのか、やや微妙ではある。
間に合うのか?(21/6)

2022年1月17日付で大阪高裁第4刑事部のトップへ。
関西エリア ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
現ポジションのまま定年退官へ(22/4)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、名古屋高裁金沢支部での勤務は1年未満でした。
要職への配置がこれほど短期間でいいのでしょうか(21/6)。

真正面から単刀直入にお尋ねしますが、関西系エリート裁判官の最終到達点である大阪高裁へ直行せず、名古屋高裁金沢支部経由の回り道ルートを通過するように命じられたのはなぜだとお考えですか。
最高裁人事権者による “嫌がらせ” ではありませんか(23/2)。

伊藤雅人裁判官≪40期≫


1審無罪支持 【23/7】 ★詐欺 無銭飲食事案★1審・新潟地裁/who? の無罪判決を支持 at 東京高裁

1審無罪 【12/7】 ★道交法の無免許&犯人隠避教唆 被告人の知人がウソついて、被告人を犯人に仕立てあげようとしたが失敗に終わる★ at 東京地裁

1審無罪 【12/3】 ★詐欺 被告人2名★ at 東京地裁
→→→
 逆転有罪 【12/12】 ★覆される by 小川チーム/東京高裁

1審無罪 【12/2】 ★違法捜査覚せい剤の使用 「被告人に対する所持品検査に関わった警察官ら3名の警察官は、そろって、当公判廷において真実に反する供述をして、被告人に対して行われた所持品検査の実態を隠蔽しようとした。このことは、同警察官らが、自分たちの行為の違法性を十分に認識していたことを示すものであり、この点も加味すれば、本件所持品検査の違法の程度は、令状主義の精神を潜脱し、没却するような重大なものというべきである」 右馬渡(香)、左蜷川(省)のチーム構成★ at 東京地裁

1審無罪 【09/10】 ★強制わいせつ★ at 東京地裁

1審一部無罪 【09/4】 ★違法捜査覚せい剤の使用と所持 他罪で実刑 「本件覚せい剤の証拠能力については、警察官らが被告人のジーパンの右後ろポケットに入れられていた紙袋を被告人の意思に反して取り出した上、被告人の意思に基づかずにこれを開披した結果、本件覚せい剤の発見に至ったことを前提に判断すべきであるところ、警察官らのこのような行為が職務質問に付随する所持品検査として許容されないものであることは明らかである」 「被告人が明示的に拒否し、紙袋を取り出されないよう手で押さえるなど必死に抵抗しているにもかかわらず、有無を言わさず取り出しているのであって、強制というほかないものである」 「本件尿は、その差押手続自体に違法があったかどうかはともかく、許可状の請求も含めた手続全体を通してみれば、違法な手段によって収集された証拠というべきであり、しかも、その違法の程度は重大で、~~」★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

逆転有罪 【22/1】 ★(東京都)公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(卑わいな言動) × 盗撮行為 × 病院で脳の治療しないと更生無理 × 過去に同種前科でム所行きあり。だから1審をひっくり返した?という要因もあるか × 右島戸(純)、左吉井(隆)のチーム構成★1審・東京地裁立川支部/寺本裁判官の無罪判決を覆す at 東京高裁

逆転有罪 【21/11】 ★1審で強制性交等罪無罪→2審で強制性交等未遂罪を認めて執行猶予★1審・千葉地裁/金子チームの無罪判決を覆す at 東京高裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=文頭では下を向き、文末に近づくと顔を上げ、被告人に視線を向ける(09/7)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど検察官に読んでもらった事実は理解してますね。どこか間違っているところがありますか」(08/11)

最終意見陳述を促す文言
「~判決の前になにか言っておきたいことがあれば言ってください」(09/3)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
最高裁はこの裁判官を出世させる。

2012年2月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。
今後、どこかの地家裁所長を経て東京高裁刑事部総括到達まではガチだ。
ただし、それ以上の出世についてはわからない(12/2)。

2021年6月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁で終え、静岡地裁所長を務めている。
首都圏 ≪現場⇔ハイクラスポジション≫ 担当刑事裁判官。
そのうち東京高裁刑事部の事務を総括する者に指名され、以後それ以上のポジション就任も存分にありうる(21/6)。

2021年7月5日付で東京高裁刑事5部トップへ。
首都圏 ≪現場⇔ハイクラスポジション≫ 担当刑事裁判官。
いずれ高裁長官まであり(21/11)。

深沢茂之裁判官≪40期≫(退官)


1審破棄、差し戻し 【23/2】 ★山形・尾花沢の道交法ひき逃げ&過失運転致死 「訴訟手続の法令違反と事実誤認あり」とのこと★1審・山形地裁/who? の有罪判決を破棄、差し戻す ★ at 仙台高裁

逆転無罪 【23/2】 ★道交法救護報告義務違反に問われて 被告人は元タクシー運転手 1審猶予判決でも被告人控訴して逆転無罪へ 1審判決から2審判決まで1年5か月近く 断定はできないが、事実上、当裁判官初の無罪判決では???★ at 仙台高裁

差し戻し審の逆転無罪支持 【22/12】 ★自動車運転過失致死傷 2012年6月の事故 詳細は名古屋の弁護士さんのホームページへどうぞ★差し戻し審・仙台地裁/加藤(亮)チームの逆転無罪判決を支持 at 仙台高裁

………………………………………………………………………………

逆転有罪 【23/1】 ★建造物侵入も有罪へ × 盗撮事案★1審・山形地裁/土倉裁判官の一部無罪判決を覆す at 仙台高裁

逆転有罪 【22/12】 ★青森県青少年健全育成条例違反 × 被告人は自衛官 × 右梶(直)、左鏡味(薫)のチーム構成★1審・青森地裁八戸支部/細包裁判官の無罪判決を覆す at 仙台高裁

差し戻し審逆転有罪 【18/12】 ★過失運転致死 × 被害者は小4の男の子★1審・横浜地裁/松田チームの無罪判決を覆す at 横浜地裁

差し戻し審逆転有罪 【13/3】 ★業務上過失致死傷 × 交通事故★1審・甲府地裁/渡辺チームの無罪判決を覆す at 甲府地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま検察官が読み上げた起訴状ですが、このなかでどこか違っているところがありますか」(08/2)

「さきほど検察官が起訴状を読み上げましたけれども、どこか違っているところがありますか」(09/4)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えることになりますが、最後に述べたいことがあれば述べてください」(09/4)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 長野地裁上田支部&東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官は信用できない(21/6)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官には裁かれたくない(21/6)。

その他
お顔はおじさんだが、まだ40期。

高裁刑事の裁判長に無罪判決と無縁の裁判官が就くことに胸騒ぎがする(22/4)。

人事レース/最高裁の意思推察
2013年3月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを甲府地裁本庁で迎えている。
都に隣接する山梨で部総括を務めるのだから悪かろうはずはないが、出世はそこそこまで(13/3)。

2019年1月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを横浜地裁本庁で迎えている。
近年は東京もしくはその西寄りに勤務地が偏る傾向にある。
今後? 最終的にどこかの地家裁所長まで行きますかねぇ? なんとも言えないところ(19/1)。

2021年6月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを横浜地裁刑事1部で終え、山形地家裁所長に転じている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
最後の異動でどこへ?(21/6)

2022年1月22日付で仙台高裁刑事部のトップへ。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
現ポジションのまま定年退官へ(22/4)。

2023年3月10日限り定年退官へ(23/4)。

細田啓介裁判官≪40期≫


1審無罪支持 【23/1】 ★業務上過失致死傷 2011福島第一原発事故 被告人は東京電力旧経営陣3名 強制起訴されてもほとんどの場合無罪になる その結果、強者が無罪になるケースは全然喜べない 組織罰の検討必須 人間様に原子力発電を扱うのは無理。いろいろ問題がありすぎる。この先またなにか不幸な出来事が襲い掛かりますよ 古賀茂明氏「またしても醜い判決 民事では「長期評価の信頼性を認め、主要な建屋や機器の防水対策で事故は回避できたと認定」し、13兆円もの損害賠償を命じる判決が出ているのに ほとんどまじめな審理をしなかった今回の裁判 結論ありきで ただただ忖度の判事 司法の独立は形骸化している」(2023年1月18日付ツイッターより)★1審・東京地裁/永渕チームの無罪判決を支持 at 東京高裁

1審無罪支持 【22/11】 ★過失運転致死 検察審査会「不起訴不当」→在宅起訴 右野口(佳)、左佐藤(卓)のチーム構成★1審・千葉地裁松戸支部/本間チームの無罪判決を支持 at 東京高裁

逆転一部無罪 【21/9】 ★組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反は無罪へ 他罪の暴行は有罪維持 右駒田(秀)、左堀田(佐)のチーム構成★1審・東京地裁/who? の有罪判決を一部覆す at 東京高裁

逆転無罪 【21/3】 ★窃盗 右伊藤(敏)、左安永(健)のチーム構成★1審・新潟地裁新発田支部/山田(悠)裁判官の有罪判決を覆す at 東京高裁

逆転一部無罪 【20/11】 ★傷害1件は無罪へ 被告人と交際女性の子2名の間の事件 実刑⇒猶予へ 右伊藤(敏)、左安永(健)のチーム構成★1審・東京地裁立川支部/竹下チームの有罪判決を一部覆す at 東京高裁
→→→
 2審破棄、差し戻し 【22/4】 ★差し戻される by 第1小法廷岡(正)チーム/最高裁

1審無罪 【14/3】 ★公然わいせつ★ at 東京地裁

1審無罪 【13/7】 ★心神喪失殺人未遂 被告人はチャイニーズ 裁判員裁判 右山崎(威)、左北原(直)のチーム構成★ at 東京地裁

1審一部無罪 【13/3】 ★覚せい剤の製造は無罪 被告人は夫婦2名 裁判員裁判★ at 東京地裁

1審無罪 【07/11】 ★殺人&現住建造物等放火など 求刑・死刑★ at 広島地裁

1審無罪 【07/7】 ★証人威迫 被告人は弁護士 広島の暴力団がらみ★ at 広島地裁
→→→
 1審破棄、差し戻し 【08/6】 ★差し戻される by 楢崎チーム/広島高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【08/12】 ★ by 第1小法廷甲斐中チーム/最高裁★地裁で差し戻し審へ
→→→
 差し戻し審逆転有罪 【10/1】 ★覆される by 奥田チーム/広島地裁
→→→
 被告人の控訴棄却 【10/10】 ★ by 竹田チーム/広島高裁

1審無罪 【07/3】 ★廃棄物処理法★ at 広島地裁

1審無罪 【06/9】 ★証人威迫など 高裁法廷で傍聴席から被告人へ脅し文句 犯罪集団がらみ★ at 広島地裁

1審無罪 【06/8】 ★偽造通貨行使 偽1万円札★ at 広島地裁
→→→
 逆転有罪 【07/5】 ★覆される by 楢崎チーム/広島高裁

………………………………………………………………………………

1審破棄、差し戻し 【20/11】 ★1審で違法捜査覚せい剤の使用1件、同所持1件、大麻の所持1件&指定薬物の所持1件 × 双方控訴 × 「これらの事情を総合すると、本件空パケがもともと本件車両中にはなかったという疑いは相当程度弱まるものといえる」 × 右伊藤(敏)、左安永(健)のチーム構成★1審・東京地裁/家令チームの一部無罪判決を破棄、差し戻す at 東京高裁
→→→
 2審破棄、差し戻し 【21/7】 ★差し戻される by 第3小法廷林(道)チーム/最高裁
→→→
 差し戻し控訴審で1審が支持される 【22/10】 ★ by 島田チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(13/5)。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
しなかった(13/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「黙秘権を使ったからといって、それだけで不利になることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官の読んだ起訴状の事実、どこか間違っているところはありますか」(13/5)。

「検察官が読んだ起訴状の事実ですが、なにか言いたいことはありますか」(13/12)。

最終意見陳述を促す文言
「これで本件の審理を終わりますけれども、最後になにか言っておきたいことはありますか」(13/5)。

控訴期間の告知
「2週間以内に」

上告期間の告知
「きょうを入れると15日以内」
「きょうを入れて15日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&東京高裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用できる。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひぜひ、お願いいたします。

その他
検察の仕掛けにガチで応戦できる刑事裁判官のひとりとにらんでいる。東京地裁刑事部総括卒業の日までに、検察を相手にしたセメントマッチをマジで傍聴したい(13/7)。

東京地裁で公正に審理をする数少ない刑事裁判官のひとりとジャッジしている。≪検察寄り≫ でなければ、これくらいの数の無罪判決が出るのはふつうということだ(14/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
通常であれば2013年春、1年早ければ2012年春、東京地裁に部総括としてリターン確定(11/11)。

2013年7月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。遠くない将来の東京高裁刑事部総括すでに当確(13/3&7)。

2021年2月現在、刑事裁判官として高裁段階でのピークを東京高裁刑事10部で迎えている。
≪現場⇔ハイクラスポジション≫ 担当刑事裁判官。
定年まで長すぎるためいずれどこかに動かすと思われるが、それがどういうポジションかはわからない。
もっと上のランクに行くのか、あるいは南関の地家裁所長なのかといったところ(21/2)。

Top|Next »

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード