日本の刑事裁判官

島田一裁判官≪41期≫


1審一部無罪 【17/5】 ★令状なしのGPS捜査は違法覚せい剤の所持&使用、窃盗1件は無罪×2017年3月の最高裁判例に沿った判決で、別に独自の判断などではない×各紙こぞって一斉に報道×警察が令状請求なしにこそこそ、こそこそ違法捜査するのは裁判所がナメられているから×選挙で自民党&公明党&維新に投票すればするほど、警察権力肥大化を招く★ at 東京地裁

1審一部無罪 【17/4】 ★他人の無線 LAN ただ乗りは電波法違反にあたらず無罪★ at 東京地裁

1審無罪 【13/5】 ★覚せい剤の営利目的密輸&関税法×被告人は日本人女性×裁判員裁判★ at 大阪地裁

時効成立→免訴 【13/3】 ★死体遺棄は時効成立→免訴×殺人罪で実刑へ×裁判員裁判★ at 大阪地裁

1審無罪 【12/4】 ★心神喪失窃盗★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(11/5)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読された公訴事実について尋ねますが、この事実のなかでどこか違うところはありますか」(11/5)

最終意見陳述を促す文言
「~最後になにか述べておきたいことがありますか」(11/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
年齢の割に顔がきれいすぎる。おじさんのはずなのに、≪おじさん顔≫ ではない(11/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
≪研修所教官→霞が関刑事6部No.2≫ へと、ここにきて急上昇。
この後どうなるか、予測難解(11/6)。

2012年春、≪霞が関刑事6部No.2→大阪地裁刑事7部No.1≫ へ昇格。
数年後、関東へ戻されたとき、そこが霞が関なのか、あるいはその周辺なのか、
そこが見どころだ(12/5)。

2017年4月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。主として現場担当刑事裁判官。
通例ならばいずれ東京高裁刑事部総括へ。ただ、絶対とも言えないなぁ(17/4)。

吉井広幸裁判官≪43期≫



1審無罪 【17/5】 ★業務上過失致死×キャンプでの川遊び中の事故×被告人5名中、3名無罪★ at 佐賀地裁

1審無罪 【01/9】 ★業務上過失致死×交通事故★ at 鹿児島地裁鹿屋支部
→→→
 逆転有罪 【02/3】 ★覆される by 岩垂チーム/福岡高裁宮崎支部

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(14/8)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど検察官が読んだ事実、3つありましたが、これらの事実についてどこか真実と違っている点はありますか」(14/8)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えて、次回に判決の言い渡しをします。審理を終わるにあたって最後になにか言っておきたいことがあれば、簡潔に述べてください」(14/8)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 徳島地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
どっしりとした構え(14/8)。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年5月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを佐賀地裁で迎えている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
出世はほどほどの見込み(17/5)。

二宮信吾裁判官≪44期≫


1審一部無罪 【17/5】 ★裁判所に捜索差押令状請求のための県警提出資料に虚偽あり。違法捜査覚せい剤の所持&使用、大麻の所持★ at 宇都宮地裁

1審一部無罪 【15/4】 ★傷害2件中、全治16日間の傷害を負わせた1件は無罪×父親による自身の子どもへの行為★ at 旭川地裁
→→→
 逆転有罪 【15/11】 ★覆される by 高橋チーム/札幌高裁
→→→
 被告人の上告棄却  【16/6】 ★ by 第1小法廷大谷(直)チーム/最高裁

1審無罪 【13/3】 ★窃盗★ at 長野地裁松本支部

1審無罪 【10/8】 ★常習累犯窃盗★ at 長野地裁松本支部
→→→
 逆転有罪 【13/9】 ★覆される by 山崎チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
お願いいたします。

人事レース/最高裁の意思推察
≪大阪→名古屋→札幌→大阪→高松→札幌→東京≫ 各高裁管内を経て、今春旭川の刑事部総括へ。
現場担当刑事裁判官。
一歩一歩、着実にステップアップ中(13/4)。

2017年5月現在、宇都宮地裁刑事部総括を務めている。ここがピークなのか、もう一段階アップするのか判断難しい(17/5)。

松田俊哉裁判官≪41期≫


1審無罪 【17/3】 ★過失運転致死★ at 横浜地裁

1審無罪 【14/7】 ★詐欺×被告人は2名★ at 名古屋地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。ただし早口で説明するため、被告人に明確に告げる、また理解してもらおうとする意志が見られない。ぞんざい(09/5)。

5:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(12/9)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読まれた公訴事実ですが、このとおり間違いないのか、違うところがあるのかどうですか」(09/5)

「検察官がさきほど読まれた公訴事実ですが、このとおり間違いないのか、どこか違うところがあるのかどうですか」(09/11)

「検察官から読まれた事実、このとおり間違いないのか、どこか違うところがあるのかどうですか」(12/9)

最終意見陳述を促す文言
「~判決の前に、特に述べておきたいことがあれば述べてください」(09/5)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&さいたま地裁&名古屋地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用しない。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
積極的には同席したくない。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない。いい印象が全くないからだ。

その他
姿勢がよくない。東京、さいたまを通して、しょっちゅうひじを机についている。

被告人質問のとき、直前に 「立ったままで大丈夫か」 と確認したうえで被告人起立のまま進行(12/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
2014年7月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピーク1つ前を名古屋地裁本庁で迎えている。
現場&最高裁担当刑事裁判官。
焦点は次が東京なのかどうか。それだけ(14/7)。

2017年3月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを横浜地裁本庁で迎えている。
現場&最高裁担当刑事裁判官。
東京地裁刑事部総括のいすには届かず。横浜止まり(17/3)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、≪検察寄り≫ かつ、ヒラメ裁判官ではありませんか。

溝國禎久裁判官≪44期≫


1審無罪 【17/3】 ★傷害×生後1か月の子を激しく揺さぶり、意識不明の重体にした行為について★ at 熊本地裁

祝!再審開始決定 【16/6】 ★熊本・松橋(まつばせ)事件×おめでとうございます!×検察即時抗告×【予 測】 溝國裁判長以下がきっちり仕事をやり遂げている前提で、福岡高裁どこの部に回っても1部山口、2部林、3部鈴木ならば抗告棄却決定★ at 熊本地裁

1審一部無罪 【16/6】 ★1件の強姦&わいせつ目的誘拐は無罪★ at 熊本地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(12/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人が黙っているからといって、あるいは質問に答えないからという理由で不利益に扱われることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官がいま読んだ起訴状記載の公訴事実、~~(=中身を軽く復唱)、事実についてどこか間違っているところはありますか」(12/12)

「起訴されている事件の内容、~~(=中身を軽く復唱)、事実関係についてどこか間違っているところ、なにか言っておきたいことはありますか」(12/12)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理をすべて終えることにします。最後に被告人自身が言っておきたいことがあれば、述べてください」(12/12)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 神戸地裁姫路支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
堅すぎず、ほどよい加減。柔軟。変なクセなし(12/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
今年になって、支部の刑事部総括のポジションを初ゲットした。現場担当刑事裁判官。
最高裁がこの裁判官を出世させる意向にあるかどうか。
それほどでもないんじゃないか(13/4)。

2016年6月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピークを福岡高裁管内No.5熊本地裁で迎えているのか、あるいは今後、もう1段階ステップアップしてピークに達するのか判断しかねる。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
今後はほどほどの出世の見込み(16/6)。

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード