日本の刑事裁判官

田川晃義裁判官≪期≫


1審無罪 【10/4】 ★福岡県迷惑防止条例違反×痴漢★ at 福岡簡裁
→→→
 逆転有罪 【11/5】 ★覆される by 陶山チーム/福岡高裁

藤野美子裁判官≪46期≫


1審無罪 【10/4】 ★詐欺★ at 奈良地裁

1審無罪 【04/4】 ★業務上過失致死傷×交通事故★ at 大津地裁

柴田寿宏裁判官≪46期≫


1審無罪 【10/4】 ★交通事故×業務上過失致死×検察審査会 「不起訴不当」 議決後、起訴★ at 熊本地裁

1審一部無罪 【06/1】 ★覚せい剤の使用1件は無罪★ at 福岡地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(16/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ事実、そこに書かれている事件が今回の事実です。この件についてはどうですか」(16/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終えて、次回判決を言い渡すことになりますが、最後になにか述べておきたいことがあれば述べてください」(13/5…裁判員裁判)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 熊本地裁&千葉地裁&福岡地裁小倉支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
朝一法廷で、 「おはようございます」 とあいさつをされた(16/12)。

柔らかい口調で、裁判官⇔被告人間にソフトムードを演出する(16/12)。

被告人を被告人席に着席させたまま、人定質問(16/12)。

合議体3名を傍聴席から見ると、右陪席より若く見えた(16/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
主として九州エリア現場担当刑事裁判官。
2017年9月、中途半端な時期に福岡高裁刑事2部No.2から沖縄へ異動。何があった?

大谷吉史裁判官≪30期≫


1審無罪 【10/4】 ★交通事故×業務上過失致死★ at さいたま地裁
→→→
 逆転有罪 【11/3】 ★覆される by 井上チーム/東京高裁

1審一部無罪 【03/1】 ★窃盗×元県議×3件中、1件無罪★ at 千葉地裁
→→→
 逆転有罪 【03/6】 ★覆される by なんと、なんと原田チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

罪状認否の問いかけ文言
「検察官主張の公訴事実、間違いありませんか」(08/9)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終わりますが、最後になにか、さらに述べておきたいことがあれば、述べてください」(09/11)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁&さいたま地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
積極的にしたいとは思わない。

その他
千葉地裁で一度、さいたま地裁で何回か拝見した。
前者では事前に追起訴の連絡を入れなかったとして、検察官相手に怒っていた。
後者でも印象点イマイチ。
審理中はブスーッとし、下を向いて話すことが多い。
少々、尊大な感あり。
被告人質問終了後、≪論告・弁論≫ は被告人を発言台前に着席させたまま進行。

さて、裁判員とどう交わるか。

武田正裁判官≪49期≫


起訴状受領の確認
しなかった(16/6)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ事実、(どこか or なにか)間違っているところがありますか」(10/3)

「(早口で)検察官が読んだ2つの事実について、どこか間違っているところはありますか」(16/6)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終えることにいたしますが、最後になにか言っておきたいことがあれば、言ってください」(10/3)

「以上で審理を終わることにいたしますが、最後になにか言っておきたいことがあれば、言ってください」(16/6)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 徳島地裁&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
傍聴人の私が指摘するまでもないことだが、ワンランク上の眼鏡を用いないと、“見る” という行為に支障が生じているのでは?(10/3)

多田裕一裁判官≪53期≫


黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向けつつ、一方で手元の書類をめくりながら(10/3)。

黙秘権告知中に……
「~質問に答えないからといって、不利に扱われることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「(やや早口で)~なにか事実に違うところはありますか」(10/3)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
午後一の404法廷にて、担当する裁判官は多田裁判官と 「開廷表」 に明記されていたが、実際に登場したのは遠藤裁判官だった(09/11下 at 大阪)。

通常使用されていない?505法廷前に、15時10分から新件ありと掲示あり。担当は多田裁判官だ。ところが、1階の 「開廷表」 の束にはその裁判があることを知らせるペーパーはない。午前9時台と午後4時30分ごろの計二回チェックしたが、見当たらない。つまり、1階の 「開廷表」 の束だけ見ても、すべてを掌握することはできない。
大阪地裁ならびに刑事13部はどうなってるの?
(10/3中 at 大阪)

幅田勝行裁判官≪44期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「2通の起訴状、~~と書かれていたわけですが、そのとおり間違いないのか、間違っているところがあるのか、どうですか」(10/3)

「(追起訴審理で)いま、検察官に読んでもらったこの事実。間違いないのか、違っているところがあるのか、どうですか」(11/7)

最終意見陳述を促す文言
「いま、検察官、弁護人それぞれの立場で意見が述べられました。これで審理を終わることになりますが、最後に被告人自身から言っておきたいことがあれば、言っておいてください」(10/3)

「これで審理を終わりますが、最後に自分自身で言っておきたいことがあれば言ってください」(13/1)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&大阪地裁&高松地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
およそ7年ぶりにお姿拝見。
霞が関勤務時は、もっとふっくらしたほおの持ち主だったような気がするんだけど……(10/3 at 大阪)。

審理中、冗長な展開ゆえにウトウトしかけたとき、左手指先で机上の書類をめくる動作を繰り返し、眠気を振り払っていた(11/7 at 高松)。

三浦正信裁判官≪期≫(退官)


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読まれました起訴状の●●(=罪名)の事実、結論だけ先に聞きますね。間違いがありますか、ありませんか」(10/3)

最終意見陳述を促す文言
「(やや早口で)~最後に私に対して言っておきたいことがありましたら、お伺いします」(10/4)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪簡裁

………………………………………………………………………………

その他
人定質問にて、通常、被告人自ら答えるべきところ、三浦裁判官がすべて読み上げる形で被告人に質問し、事実上 「はい」 という返答のみを求めた。
これでOK?
(10/3)

並河浩二裁判官≪55期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ事実、内容はわかりましたか。(被告人返答後)この事実は間違いないですか」(10/3)

「いま、検察官が読み上げた事実、間違っているところがありますか」(10/8)

「いま、起訴された事実ですが、これについて間違いないですか」(12/1)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理をいったん終えることになりますが、それにあたって、なにか述べておきたいことはありますか」(10/8)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
小声。パワーがない。草食系(12/1)。

新崎長俊裁判官≪52期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向けて。手振りを交え、抑揚をつけて説明した(10/3)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「ただいま、検察官が読み上げた事実について、なにか間違い、訂正などはありますか」(10/3)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わることになりますが、最後にこの機会に言っておきたいことがありますか」(10/3)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁&千葉地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
お堅いほう(15/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
≪東京→高松→広島→大阪→仙台→東京≫ 各高裁管内を転々と異動している現場担当刑事裁判官。
出世?(16/1)

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード