日本の刑事裁判官

辻井由雅裁判官≪54期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が述べた公訴事実について、なにか間違っているところはありますか」(10/9)

ライヴ傍聴した裁判所
at 神戸地裁&高松高裁

池本壽美子裁判官≪31期≫(退官)


1審無罪 【10/10】 ★大麻の営利目的譲渡★ at 東京地裁立川支部

1審無罪 【08/12】 ★業務上過失致死傷×交通事故★ at 宇都宮地裁

1審無罪 【07/3】 ★現住建造物等放火★ at 宇都宮地裁
→→→
 逆転有罪 【07/11】 ★覆される by 門野チーム/東京高裁

1審無罪 【06/8】 ★違法捜査覚せい剤の使用★ at 宇都宮地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(12/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ公訴事実の内容ですが、どこか違うところとか、言いたいこととかありますか」(12/12)

最終意見陳述を促す文言
「これであなたの事件の審理を全部終わりますが、終わるにあたって、あなたのほうから裁判所に対して言っておきたいことがあれば聞きます」(12/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京高裁&宇都宮地裁&さいたま地裁熊谷支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用できる→→→信用したいへ格下げ。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
お願いいたします。

その他
2008年2月、宇都宮地裁にて、「足利えん罪事件」 で下した再審請求棄却決定は誤りだった。

独特のヘアスタイルは不変(12/12)。

「検察に、殺される」 (粟野仁雄さん著 KKベストセラーズ) p145 に、当裁判官に関する記述あり(14/1)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p292 にお名前登場(16/5)。

「殺人犯はそこにいる」 (清水潔著 ㈱新潮社) p128 にお名前登場(16/6)。

「死刑冤罪─戦後6事件をたどる」 (里見繁著 インパクト出版会) p302 にお名前登場(16/9)。

宮本聡裁判官≪49期≫


最終意見陳述を促す文言
「~最後になにか裁判に言っておきたいことがあれば、言ってください」(10/9)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&岐阜地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
東京地裁刑事/合議右陪席のとき、被告人らへの積極的、かつ的を射る質問に好印象(10/9)。

オブラートを排して、本音で語る方だネ。
上記 【最終意見陳述を促す文言】 でもその傾向が見て取れよう。
一般的に裁判官は 「~裁判に~」 とたずねるが、「~裁判に~」 と言葉を選ぶところに当裁判官の個性が表れている(10/9)。

小林克美裁判官≪25期≫


………………………………………………………………………………

最終意見陳述を促す文言
「~最後にあなた自身から言っておきたいことがあれば、聞きます」(10/9)

ライヴ傍聴した裁判所
at 京都簡裁

丹羽芳徳裁判官≪50期≫


1審無罪 【10/10】 ★盗品等保管×被告人はチャイニーズ★ at 仙台地裁

………………………………………………………………………………

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

戸田彰子裁判官≪39期≫


黙秘権告知中の視線
チラチラと検察官に視線を投げかけた後、被告人に顔を向け(10/9)。

黙秘権告知中に……
「(質問に)答えないからといって、不利な取り扱いは受けません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読んだ事実について、なにか述べることはありますか」(10/9)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後になにか言っておきたいことはありますか」(10/9)

………………………………………………………………………………

ライヴ傍聴した裁判所
at 岐阜地裁大垣支部

板津正道裁判官≪50期≫


控訴期間の告知
「明日から14日以内に」
「明日から数えて14日以内に」

………………………………………………………………………………

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

谷口吉伸裁判官≪54期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「(早口で)いま、検察官が朗読した事実について、なにか違っている点はありますか」(10/9)

最終意見陳述を促す文言
「(早口で)これでこの事件の審理をすべて終わります。最後になにか言いたいことがあれば、述べてください」(10/9)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

………………………………………………………………………………

その他
証人宣誓のとき、廷内外全員起立(10/9)。

審理中、書記官は男女を問わず、黒マント着用せず(10/9)。

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード