日本の刑事裁判官

河原俊也裁判官≪42期≫


1審無罪 【12/5】 ★自動車運転過失致死★ at 大阪地裁
→→→
 逆転有罪 【12/11】 ★覆される by 米山チーム/大阪高裁

1審一部無罪 【12/1】 ★自動車運転過失致死は無罪★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「質問に答えないことがあったとしても、それだけで不利益な処分を加えられることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「(難聴の被告人に対して)いま、検察官が読んでくれた事実は間違いないことですか」(12/3)

最終意見陳述を促す文言
「(難聴の被告人に対して)最後にもう一度、言っておきたいことはありますか」(12/3)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
声色が裁判官らしくないといえばらしくない。お笑い系? 明るい声。人を食ったような感もあり。
傍聴席後方の時計、もしくは天井あたりにしばしば視線を送っている。
軽快なリズムで、早口進行。
頭の回転は速そうだ(12/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
最高裁は一流の処遇をしているようだ。
大阪&東京を基軸にいろいろと経験を積ませているとうかがえる。

まだまだ上のポジションに行くだろうが、大阪、東京のいずれが主戦場なのかはっきりしないんだなぁ(12/1)。

神原浩裁判官≪54期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読された公訴事実について、どこか間違っているというところはありますか」(11/9)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終了いたしますが、最後になにか言っておきたいことがあれば、言ってください」(11/9)

控訴期間の告知
「???(=はっきりと聞き取れず)、明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(12/5)。

下山保男裁判官≪26期≫(退官)


逆転無罪 【09/7】 ★警官虚偽証言公務執行妨害★1審・岐阜地裁の有罪判決を覆す at 名古屋高裁

1審無罪 【06/5】 ★法人税法×自動車部品メーカー×社長さん個人は無罪×判決翌日の埼玉新聞は社長さんがさいたま地裁をバックにこぶしを突き上げる写真を掲載★ at さいたま地裁
→→→
 逆転有罪 【07/9】 ★覆される by 田中チーム/東京高裁

1審無罪 【04/12】 ★心神喪失殺人★ at さいたま地裁

………………………………………………………………………………

差し戻し審で再審請求棄却 【12/5】 ★名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求★名古屋高裁/小出チームの再審開始決定を再度、取り消す at 名古屋高裁
→→→
 特別抗告棄却 【13/10】 ★ by 第1小法廷櫻井チーム/最高裁

逆転有罪 【11/7】 ★自動車運転過失致死★1審・津地裁/鵜飼チームの無罪判決を覆す at 名古屋高裁

逆転有罪 【11/7】 ★窃盗も有罪へ★1審・名古屋地裁岡崎支部/丸田裁判官の一部無罪判決を覆す at 名古屋高裁

逆転有罪 【10/11】 ★迷惑行為防止条例×痴漢★1審・名古屋地裁/伊藤裁判官の無罪判決を覆す at 名古屋高裁

逆転有罪 【10/9】 ★覚せい剤の所持★1審・名古屋地裁/村瀬裁判官の無罪判決を覆す at 名古屋高裁

逆転有罪 【10/7】 ★傷害致死>正当防衛★1審・岐阜地裁/田辺チームの無罪判決を覆す at 名古屋高裁

………………………………………………………………………………

ライヴ傍聴した裁判所
at さいたま地裁&名古屋高裁

地裁で裁判員裁判の経験
なし。

………………………………………………………………………………

その他
入廷時、≪左→長→右≫ の順序、つまり入り口から見て最奥に位置する左陪席を先頭に3名が姿を見せた。順番にこだわりなし(10/9)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p116、125、133 にお名前登場(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
定年まで、名古屋高裁刑事部総括にとどまる可能性大(11/9)。

溝口理佳裁判官≪53期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実は、どこか違うところがありますか。それとも間違いないですか」(11/9)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後に述べたいことはありますか」(11/9)

ライヴ傍聴した裁判所
at 岐阜地裁多治見支部

………………………………………………………………………………

その他
被告人質問のとき、被告人起立のまま進行(11/9)。

入廷時、怖い雰囲気をまとう。虚勢を張っている風。ソフトムードの演出を望みたい(11/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
2012年春より、民事専任へ。
もう、刑事には戻らないのではないか(12/5)。

佐々木一夫裁判官≪45期≫


1審無罪 【12/5】 ★覚せい剤取締法違反の営利目的密輸など×被告人は mexicana ×裁判員裁判★ at 千葉地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
(1例目)9:1くらい=(手元のペーパーに手を添え、なにかをしながら早口で)視線を落として:被告人に視線を向け(10/9)。

(同日続けて2例目)(手元のペーパーをめくりながら、早口で)ほぼずっと、視線を落としたまま(10/9)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実で、どこか違っているところはありますか」(10/9)

最終意見陳述を促す文言
「審理を終えるにあたって、なにか一言、言っておきたいことがあれば聞いておきます。なにかありますか」(10/9)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁&千葉地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
45期刑事裁判官のなかで出世ロードに乗っていることは明らか(12/5)。

國分進裁判官≪56期≫


起訴状受領の確認
した(15/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし(11/9)。

「黙っていることについて、不利益は受けません」 と明言した!(15/12)

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読み上げた起訴状に書かれた2つの事実について、なにか違うところはありますか」(11/9)

「さきほど、検察官が読み上げた起訴状に書かれた事実に、なにか違うところはありますか」(15/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えることになりますけれども、最後に述べておきたいことがあれば、述べてください」(11/9)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 和歌山地裁&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
本意ではないが、信用できないとせざるをえない。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
儀式に参加しないといけないのなら、遠慮します。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
被告人の立場になり、この裁判官の法廷で書記官や廷吏から 「レイッ」 と命じられてそうしなかった場合、それだけでその後不利な扱いを受けるのかどうかお尋ねしてみたい。

その他
声はよく通る(11/9)。

2011年9月、和歌山地裁本庁101刑事法廷。
女性廷吏 「キリッツ。レイッ」
ここでもまた、≪廷吏 「キリツ」→「レイッ」 ≫の儀式が刑事裁判のスタートに見られた。
なぜ、公務員が一般人に 「礼」 を要求するのか。
なぜ、傍聴人を巻き込んで 「礼」 を強いるのか。
傍聴人をも起立させている以上、傍聴人も含めて 「礼」 をせよ、頭を下げよと公務員が国民に命令をしていると私は解釈している。
傍聴人の私には、「傍聴席のお前も頭を下げろ」 と聞こえるのだ。

2012年5月、大阪地裁の斎藤裁判官が刑事裁判の開始時に、これから法廷で行われることを目の前の被告人に説明するのを見聞きした。
「公訴事実が証拠によって認められるかどうか~~」
~~以下を書きもれしたが、「確かめます」 とか 「調べます」 といった意味の言葉が続いたと思われる。
突き詰めれば、裁判官の仕事は上の発言内容に尽きるのではないか。
ならばなおさら、なぜいまだに前近代的な権威づけの儀式なんぞに執着するのか、全く理解できない(12/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
2012年春、高裁陪席へ異動。いいポジションにつけている(12/5)。

西日本エリア現場担当刑事裁判官。まだまだ、これからだ(15/12)。

辛島明裁判官≪51期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読された事実で、間違っているところはありますか」(11/9)

最終意見陳述を促す文言
「(判決前に審理再開し、結審後、再度陳述を促す際)~終結いたします。前回に引き続き、なにか述べておきたいことはありますか」(11/9)

控訴期間の告知
「14日以内に」
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁八王子支部&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
どうもピンとこない。信用していいものかどうか。
廷内での発言を聞いていると、重心が検察官寄りに置かれていると感じられた(11/9)。

その他
被告人に対して、「ヒコクは~~」 という言い方をする。「ヒコクニン」 とは言わない(11/9)。

ハキハキしすぎていて、ロボットのような印象も少々受けた(11/9)。

≪辛島←小野寺≫ へ改姓したと判断した(17/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
出世させるかさせないかと問われれば、間違いなく出世させる(12/5)。

三橋泰友裁判官≪55期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利に扱われることはありません」 旨、明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実、この事実についてはどうですか」(12/1)

最終意見陳述を促す文言
「これで手続きを終わりますが、審理を終わるにあたって最後に言っておきたいことがありますか」(11/9)

「これで審理を終わりにしますが、最後に言っておきたいことはありますか」(12/1)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
刑事裁判にしては、和やかなムードで進行。
男性にしては、圧力のかからない声を出す。口調は柔らかい。
どちらかといえば、とっつきやすい印象を与える裁判官。
視力イマイチの私のパッと見で、よゐこの有野さんと重なった(12/1)。

人事レース/最高裁の意思推察
これからだ(12/5)。

有簾文夫裁判官≪期≫(退官)


黙秘権告知中の視線
1:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(11/9)。

黙秘権告知中に……
「~黙っていることもできます。そのことで不利益にはなりません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読まれた起訴状に書かれている公訴事実についてはどうですか」(11/9)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後に述べておくことがありますか」(11/9)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪簡裁

………………………………………………………………………………

その他
この裁判官自身の雰囲気 OK(11/9)。

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード