日本の刑事裁判官

細野高広裁判官≪49期≫


起訴状受領の確認
しなかった(12/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ~~(=罪名)の事実ですが、どこか違うところはありましたか」(12/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えて、次回判決の言い渡しをします。最後に裁判所に対してなにか述べたいことがあれば、述べてください」(12/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
可もなし不可もなし風の裁判官。きっと家庭では優しいパパだと思いますヨ(12/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
≪福岡→名古屋→福岡→大阪→広島→名古屋≫ 各高裁管内に在籍。西日本エリア現場担当民事やったり刑事やったりの裁判官。

もうひとつパッとしない異動歴だが、まだまだこれからではある(13/4)。

山崎隆介裁判官≪58期≫


起訴状受領の確認
した(12/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実で間違っているところはありますか」(12/12)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁岡崎支部

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
早口進行。クールな印象(12/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(13/4)。

飯渕進裁判官≪29期≫(退官)


1審支持 【13/4】 ★検察は事実誤認、被告人側は量刑不当とする双方の控訴棄却★1審・仙台地裁/鈴木裁判長 with 裁判員チームの区分審理1件目の殺人は無罪としつつ、全体で無期懲役とする有罪判決を支持 at 仙台高裁

1審無罪支持 【12/9】 ★殺人×事件発生当時、被告人は少年★1審・仙台地裁/鈴木裁判長 with 裁判員チームの無罪判決を支持 at 仙台高裁

逆転無罪 【12/5】 ★邸宅侵入&窃盗★1審・郡山簡裁の有罪判決を覆す at 仙台高裁

1審一部無罪 【06/2】 ★詐欺は無罪★ at 宇都宮地裁

………………………………………………………………………………

逆転有罪 【12/5】 ★自動車運転過失傷害も有罪へ★1審・仙台簡裁の一部無罪判決を覆す at 仙台高裁

1審破棄、差し戻し 【11/7】 ★遺体なき殺人事件×1審の裁判員裁判判決は強盗致死を適用して懲役15年×求刑は強盗殺人により無期懲役★1審・仙台地裁/川本裁判長 with 裁判員チームの有罪判決を破棄、差し戻す at 仙台高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【12/3】 ★ by 第2小法廷須藤チーム/最高裁★地裁で差し戻し審へ
→→→
 地裁で差し戻し審 【13/2】 ★強盗殺人が成立するとして求刑どおり無期懲役へ by 鈴木裁判長 with 裁判員チーム/仙台地裁

………………………………………………………………………………

ライヴ傍聴した裁判所
at 宇都宮地裁

地裁で裁判員裁判の経験
なし。

………………………………………………………………………………

その他
2002年4月~2006年3月まで宇都宮地裁刑事部総括判事を務めた。
「足利えん罪事件」 で菅家さんサイドから再審請求の手続きが取られたのは2002年12月。
ところがなんの判断も示さず宇都宮を去り、後任者任せとした。
その後任が引継ぎから2年以内に、結果的に誤った判断だったとはいえ、結論を言い渡したこととあまりにも対照的。
すべてを見通したうえで、裁判所の体面を重んずるばかりファイナルジャッジから逃げたのでは?

人事レース/最高裁の意思推察
29期刑事裁判官では2番手グループに属する。

さて、仙台高裁刑事部総括判事を何年か務めた後、どうなるか。
これが難題だ。予想に確信がもてないので、候補列挙にとどめる。
仙台より格上の ≪名古屋高裁刑事部総括≫ か、栃木県内に豪邸を建築済みならば ≪宇都宮家裁所長≫ か。
定年までたっぷり時間はあるようなので、過去に勤務経験のある大阪で、≪刑事部総括≫ の締め?と連想するのは飛躍しすぎかも。
これ以上は思いつかない。パス(11/7)。

4年半近く、仙台高裁刑事部総括を務めた。どうしてこれほどのロングランとなったのか、理解しかねる(14/10)。

手崎政人裁判官≪38期≫


1審一部無罪 【13/4】 ★強制わいせつ1件と強姦未遂は無罪×ただし実刑判決★ at 金沢地裁

1審主要パート無罪 【12/2】 ★自動車運転過失傷害&道交法のひき逃げは無罪×被告人はトルコ人★ at 名古屋地裁

1審一部無罪 【10/1】 ★道交法の救護報告義務違反と同法違反ほう助は無罪★ at 名古屋地裁

1審無罪 【08/3】 ★強盗致傷×被告人はロシア国籍★ at 富山地裁

1審無罪 【06/11】 ★殺人×求刑・死刑★ at 富山地裁

………………………………………………………………………………

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終えることになります。最後に言っておきたいこと、言い残していたことがあれば聞いておきましょう」(10/9…裁判員裁判)

控訴期間の告知
「きょうから14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
裁判員裁判の判決で、壇上9名入廷の際、最初に自席に着いた当裁判長は傍聴席で着席したままの傍聴人に対して、起立するよう促した(10/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
2012年2月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを名古屋地裁本庁で迎えている。
中部エリア現場担当刑事裁判官。

いずれ、どこかの地家裁所長を経て、名古屋高裁刑事部総括に到達するだろう(12/2)。

2013年4月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを名古屋地裁本庁で終え、金沢地裁に下っている。
名古屋高裁管内現場担当刑事裁判官。

いずれ、どこかの地家裁所長を経て、名古屋高裁刑事部総括到達の可能性十分(13/4)。

柴田秀樹裁判官≪26期≫


逆転無罪 【09/6】 ★強要未遂&傷害×連続発砲事件関連★1審・高松地裁丸亀支部/辻井裁判官の有罪判決を覆す at 高松高裁

1審無罪支持 【08/12】 ★公職選挙法×県議選★1審・高知地裁/伊藤チームの無罪判決を支持 at 高松高裁

逆転一部無罪 【07/9】 ★強姦、強姦致傷は無罪×被告人は元公務員★1審・高知地裁/永渕チームの有罪判決を一部覆す at 高松高裁

1審無罪支持 【07/7】 ★業務上過失致死×交通事故★1審・徳島地裁/杉村裁判官の無罪判決を支持 at 高松高裁

1審無罪 【99/10】 ★逮捕監禁★ at 津地裁

………………………………………………………………………………

逆転有罪 【13/4】 ★暴力団幹部の被告人が暴力団関係者の利用を禁じているゴルフ場で身分を隠してゴルフをしたとして詐欺に問われた件★1審・名古屋地裁/後藤チームの一部無罪判決を覆す at 名古屋地裁

逆転有罪 【09/9】 ★業務上横領&窃盗×温泉施設の売上金★1審・高松地裁/菊池チームの無罪判決を覆す at 高松高裁

逆転有罪 【09/4】 ★窃盗はすべて有罪へ★1審・松山地裁/村越裁判官の一部無罪判決を覆す at 高松高裁

逆転有罪 【08/12】 ★収賄事件×1審で1名は一部無罪、もう1名は無罪★1審・高松地裁/菊池チームの一部無罪&無罪判決を覆す at 高松高裁

逆転有罪 【07/12】 ★脅迫★1審・松山地裁西条支部の無罪判決を覆す at 高松高裁

1審破棄、差し戻し 【07/7】 ★非現住建造物等放火&詐欺×自らが経営する店に放火するよう組員に依頼し、保険金を詐取したかどうか★1審・徳島地裁/岡田チームの無罪判決を破棄、差し戻す at 高松高裁

差し戻し審逆転有罪 【98/7】 ★所得税法★93年6月津地裁で無罪→95年2月名古屋高裁で破棄、差し戻す→今回逆転有罪へ★ at 津地裁

………………………………………………………………………………

上告期間の告知
「これから2週間の間に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋高裁

地裁で裁判員裁判の経験
なし。

………………………………………………………………………………

その他
2007年10月、高松高裁裁判長として、「高知白バイ事件」 で罪を着せられた被告人の控訴を棄却した。

初めてライヴでお姿を拝見した。外見は変な方ではないし、故意に事実をねじ曲げるようなことをする裁判官にも見えない。じゃあどうして上記の判決が出たかというとわからない。だから嘆かわしい(12/12)。

「どうして私が「犯人」なのか」(亀井洋志さん著 宝島社)p38ほかに、当裁判官の判決に関する記述あり(14/1)。

人事レース/最高裁の意思推察
2013年4月現在、刑事裁判官として高裁段階でのピークを名古屋高裁本庁で迎えている。
名古屋の現場担当刑事裁判官。

定年まで現在のポジションで(13/4)。

後藤隆裁判官≪37期≫


起訴状受領の確認
しなかった(12/12)。

黙秘権告知中の視線
3:2くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(12/12)。

黙秘権告知中に……
「黙ったままで済ませても、不利益を受けることはありません」と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「~~4つの事実がありましたが、これらの事実はそのとおり間違いないですか。それともどこか違っているところがありますか」(12/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上でこの事件の審理を終えることに~~。最後になにか述べておきたいことはありますか」(12/12)

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁岡崎支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
名古屋高裁金沢支部では 「福井女子中学生殺人事件」 の再審開始決定に主任として関与したようだ。

対被告人に限り命令形連発(12/12)。

「被告人は前へ出なさい」
「検察官に読んでもらうから、そのまま聞いていなさい」
「いすにすわりなさい」
「いすに腰掛けなさい」

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p271 にお名前登場(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
名古屋高裁管内現場担当刑事裁判官。

2012年春、支部で刑事部総括のポジションに到達。出世は決して速くない。
今後、名古屋地裁本庁で部総括に届けば万々歳だろうが、そう展開するかどうか微妙なところ(13/4)。

山崎威裁判官≪49期≫


1審無罪 【13/4】 ★正当防衛傷害★ at 東京地裁

1審一部無罪 【07/10】 ★建造物侵入は無罪警察署の塀の上に登る★ at 大阪地裁
→→→
 逆転有罪 【08/4】 ★覆される by 大渕チーム/大阪高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【09/7】 ★ by 第1小法廷金築チーム/最高裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(16/3)。

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け(12/5)。

交互に繰り返しながら=被告人に視線を向け:視線を落として(16/3)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし(12/5 at 東京)。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「黙秘権を使ったからといって、そのために不利な扱いを受けることはありません」(16/3 at 浜松)

罪状認否の問いかけ文言
「いま、朗読された公訴事実について、どこか違っているところがありましたか」(12/5&16/3)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わることになりますが、最後になにか述べておきたいことがありますか」(16/3)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&静岡地裁浜松支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
まだまだお若く見えるけど、部総括の引き締まった顔(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
出だしはパッとしなかったが、判事に昇格して軌道に乗った感。これからだ(13/5)。

比較的異動範囲の広い現場担当刑事裁判官(16/5)。

三浦隆昭裁判官≪52期≫


1審無罪 【13/4】 ★自動車運転過失傷害×略式→正式裁判★ at 千葉地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
手元の書類を左手でめくりつつも、ほぼ、被告人に視線を向け(12/5)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「起訴状に書かれていた事実、どこか間違っているところはありましたか」(12/5)

最終意見陳述を促す文言
「以上ですべての審理を終わります。最後になにか言っておきたいことがあれば言ってください」(14/12)

控訴期間の告知
「きょうから14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(12/10)。

平出喜一裁判官≪46期≫


1審無罪 【13/4】 ★恐喝未遂×開廷前2分間撮影で、弁護人7名全員自席に着き、被写体として参加。自信の表れ×主文 「被告人らはいずれも無罪」×廷内は一瞬のどよめきと満面の笑み、そしてガッツポーズ!×部外者の私も涙腺緩む×納得の無罪判決×被告人3名中1名が病院院長であり、著名なよさこいチームに関わっていたことから話に尾ひれがつく×判決は10時から1時間枠設定→終了は10時33分×平成24(わ)226×平出裁判長は異動のため姿を見せず、武田裁判長代読×公判回数を重ねるごとに被告人サイドの言い分のほうが筋道が通り、もっともであることに気づかされる×被害者とされる男性がいったい何の被害届を提出したのか、私はいまだにわからない×判決終了後、被告人2名が抱擁する。喜びいっぱい、苦労いっぱい×3月1日の論告求刑弁論公判開始前、1列目の記者席に陣取る高知新聞司法担当男性記者の前を公判担当野崎検事が横切ろうとすると、わざわざ同記者が頭を下げた。どちらを向いて仕事をしているか、如実に示すワンシ-ン×検察控訴しても絶対に覆らない。警察&検察のストーリー展開破綻している★ at 高知地裁

1審 【13/3】 ★被告人3名中、1名の労働安全衛生法違反は成立しない。ただし別罪で有罪× 「一罪の一部として起訴されたので、無罪の言い渡しはしない」 とのこと×マンション建設現場での火災事故×判決は13時30分から30分枠設定×平成24(わ)293★ at 高知地裁

1審無罪 【13/2】 ★業務上過失致死×嫌疑不十分で不起訴→検察審査会で「不起訴不当」→在宅起訴×判決は16時から30分枠設定×平成24(わ)139★ at 高知地裁
→→→
 逆転有罪 【14/2】 ★覆される by 佐野チーム/高松高裁

1審主要パート無罪 【12/3】 ★電汽車往来危険&威力業務妨害は無罪×判決は朝10時から30分枠設定×判決15分前に地裁にいたものの、有罪と決め込んでいたので帰宅。無罪判決報道に驚きだっ!×平成23(わ)157等★ at 高知地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
する。

黙秘権告知中の視線
ずっと視線を落として、一切被告人を見ない(08/9)。

9:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け。すなわち告知中、3回顔を上げ、被告人に視線を合わせた(09/7)。

(従来と一変して)ほぼ被告人に視線を向け(10/4 at 高知 新件初合議にて)。

2:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(10/6)。

大半、視線を落として。2回だけ顔を上げ、被告人に視線を合わせた(10/10)。

2:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(10/10…裁判員裁判/否認予定の暴力団会長の被告人に対して)

大半、視線を落として。2回だけ顔を上げ、被告人に視線を合わせた(11/10上)。

大半、視線を落として。3回だけ顔を上げ、被告人に視線を合わせた(11/10中)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 と明言する(従来 at 東京)。

「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし(10/4 at 高知 新件初合議にて。以降、高知では同じパターン踏襲)。

罪状認否の問いかけ文言
「いま読み上げられた事実について、どこか違っているところがありますか」(08/9)

「いま読み上げられた事実について、あなたの言い分はありますか」(10/4 at 高知 新件初合議にて/被告人否認)。

「いま読み上げられた事実について、違っている点はありますか」(10/4 at 高知)。

「~について、あなたの言い分はありますか」(10/10…裁判員裁判/否認予定の暴力団会長の被告人に対して)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますけれども、最後になにか言っておきたいことがありますか」(09/7)

「~最後になにか言っておきたいことがあれば、述べてください」(10/10…裁判員裁判)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&高知地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
従来、「信用できない」 としてきたが、「信用したい気持ちはある」 に格上げ(13/2)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
従来、「お断りいたします」 としてきたが、一生に一度体験できるかどうか微妙なので、ここで1枚きりの貴重なカードを切りたくない(13/2)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない。
私はこの方とは合わない(13/2)。

その他
黙秘権説明中の姿勢を見ていると、被告人を見下しているのが丸わかり。
審理もぞんざい。
裁判官としての適性に大疑問(at 東京)。

高知の刑事裁判を仕切る部総括として、何事にも重みが感じられない。
裁判官としての適性に大、大疑問(10/6)。

証人尋問で、廷内外全員起立へ。従来は証人以外、着席のままだったはず。同様の動きが簡裁刑事法廷にまで伝播していた。さては、刑事部裁判官全員で話し合う場をもったんだな(11/11&12)。

「そんなの関係ねぇ~」 の小島よしおさんに似ている(13/2)。

「どうして私が「犯人」なのか」(亀井洋志さん著 宝島社)p296ほかに、当裁判官に関する記述あり(14/1)。

人事レース/最高裁の意思推察
出世確実なれど、辺境の地・高知くんだりでなぜ部総括を務めているのか、引っかかる点もなしとせず(12/3)。

石川恭司裁判官≪39期≫


1審無罪 【13/4】 ★詐欺など★ at 大阪地裁

1審無罪 【10/3】 ★非現住建造物等放火★ at 奈良地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「(やや早口で)いま、読まれた事実について、なにか言うことはありますか(12/7…裁判員裁判)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理をすべて終わることになります。最後になにか言うことがあれば、言ってください」(12/7…裁判員裁判)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁堺支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
朝日新聞2009年6月9日付 「裁判官ってどんな人」 と称する記事で取り上げられている。

入廷時に初めてお見かけしたとき、大熊判事 ≪37期≫ 似!と脳が反応した(12/7)。

人事レース/最高裁の意思推察
2013年4月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁本庁で迎えている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。

堺支部経由で本庁へと遠回りをさせられており、花の命は短いかも(13/4)。

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード