日本の刑事裁判官

品川しのぶ裁判官≪49期≫


家裁 「不処分」 決定 【13/10】 ★死体遺棄★ at 横浜家裁相模原支部

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま読まれた事実のなかで、どこか違うところがありますか」(08/8)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
お願いいたします。

人事レース/最高裁の意思推察
≪東京→大阪→福岡→東京→仙台→東京≫ 各高裁管内を異動してきた。
東日本エリア現場担当裁判官ということで固定されたのでは(13/11)。

飯畑正一郎裁判官≪41期≫


1審無罪 【13/10】 ★自動車運転過失致死傷★ at 神戸地裁尼崎支部

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(13/7)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「答えないことによって、不利益な処分を受けることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「~~その事実についてあなたに言い分をたずねます。どこか間違っているというところはありましたか」(13/7)

最終意見陳述を促す文言
「これで裁判を終わることにします。あなたが裁判所に対して言う機会はこれが最後になります」(13/7)

ライヴ傍聴した裁判所
at 広島地裁&神戸地裁尼崎支部

地裁で裁判員裁判の経験
なし。

………………………………………………………………………………

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
命令形連発裁判官には裁かれたくないなぁ(13/7)。

その他
通訳人宣誓のとき、廷内外全員起立(13/7)。

通常、刑事裁判では 【人定質問→起訴状朗読→黙秘権告知→罪状認否】 と進行するが、当裁判官の指揮する法廷では 【人定質問→黙秘権告知→起訴状朗読→罪状認否】 と進んだ(13/7)。

審理中、対被告人に限り命令形連発(13/7)。

「ヒコクニンは証言席の前に起立しなさい」(人定スタート時)
「これから検察官が起訴状を朗読します。元の席に戻ってよく聞いていなさい」
「ヒコクニンは証言席のところに腰掛けなさい」(被告人質問スタート時)
「ヒコクニンは間違いなく出頭しなさい」(審理終了時)

報道によると、2013年7月5日、勾留されぬまま在宅起訴された被告人の判決言い渡しで実刑から誤って未決勾留日数を差し引くチョンボをやらかしたそう(13/10)。

人事レース/最高裁の意思推察
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
どういうわけか高裁陪席期間が長い。

出世面はあまり期待できない(13/10)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
41期の刑事裁判官でありながら、いまだに裁判員裁判と一切かかわりがないはずです。
最高裁の意思ですか、それとも御自身がやりたくないという意思の反映ですか(13/10)。

松本明子裁判官≪56期≫


起訴状受領の確認
した(13/7)。

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「黙っていたからといって、不利になることはありませんが、~~」と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実に違っている点はありますか」(13/7)

最終意見陳述を促す文言
「~あなたのほうから述べておきたいことがあったら、述べてください」(13/7)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁&神戸地裁

………………………………………………………………………………

その他
いつの間にやら ≪松本←堀江≫ へ改姓されていたが、神戸地裁で見た ≪松本裁判官≫ が千葉地裁刑事部合議体左陪席時の ≪堀江裁判官≫ と同一人物だとは全く気が付かなかった(13/7)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(13/10)。

植田智彦裁判官≪47期≫


家裁 「不処分」 決定 【13/10】 ★死体遺棄は不処分決定×ただし、少女3人は強盗致死で中等少年院行き★ at 広島家裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
御自身の希望で家裁勤務をしておられるのなら結構なんだけど、もしも致し方なくしているのであれば、先々は期待できない。
どちらなんでしょう?(13/10)

延廣丈嗣裁判官≪55期≫


起訴状受領の確認
しなかった(13/7)。

黙秘権告知中の視線
3:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事件について、なにか違う点はありますか」(13/7)

最終意見陳述を促す文言
「~~審理を終わるにあたって、あなたのほうからなにか言っておきたいことがありますか」(13/7)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
テンポよく、早口進行(13/7)。

人事レース/最高裁の意思推察
これまで ≪大阪→東京→仙台→東京→大阪≫ 各高裁管内の異動を重ねてきた現場担当裁判官。
そろそろホームグラウンドを定めたいところ(13/10)。

大庭和久裁判官≪43期≫(退官)


控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 福岡地裁

………………………………………………………………………………

その他
2007年2月に福岡の法廷でお見かけしたはずだが、いまとなっては全く思い出せない(13/10)。

板野俊哉裁判官≪50期≫


1審無罪 【13/10】 ★重過失失火★ at 奈良地裁

1審無罪 1審一部無罪 ★被告人2名中、1名は恐喝で無罪。もう1名も恐喝は無罪、他罪で有罪★ at 奈良地裁
→→→
 逆転有罪 【14/5】 ★(両名ともに)覆される by 横田チーム/大阪高裁

1審無罪 【13/1】 ★恐喝★ at 奈良地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実、どっか間違いはありますか」(09/4)

最終意見陳述を促す文言
「~最後に私のほうに述べておくことがあったら、述べてください」(09/4)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
≪大阪→東京→福岡→仙台→東京→大阪≫ 各高裁管内を転々と異動している現場担当刑事裁判官。
そろそろ、どこに向かうのかはっきりしたものが示されてもよさそうだが(13/3)。

出口博章裁判官≪50期≫


1審無罪 【13/10】 ★自動車運転過失傷害×睡眠時無呼吸症候群?★ at 千葉地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(13/5)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官がいま読んだ事実に、どこか間違いはありますか」(13/5)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終わります。最後になにか述べておきたいことがあれば簡単に述べてください」(13/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 千葉地裁

………………………………………………………………………………

その他
審理中、対被告人に限り命令形使用(13/5)。

「ヒコクニンは前に出なさい」(人定スタート時)
「起訴状を読むから聞いていなさい」(起訴状朗読のとき)
「後ろの席に戻って聞いていなさい」(検察官冒頭陳述スタート時)

人事レース/最高裁の意思推察
比較的広範囲に、≪大阪→東京→福岡→大阪→名古屋→東京≫ 各高裁管内の異動を重ねてきた現場担当刑事裁判官。
そろそろホームグラウンドを定めたいところ(13/9)。

加藤学裁判官≪41期≫


1審無罪 【13/10】 ★正当防衛傷害致死×裁判員裁判★ at 札幌地裁

1審無罪 【11/10】 ★強姦未遂★ at 札幌地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま検察官が読み上げた起訴状の内容について、違っている点など言いたいことがありますか」(08/11)

最終意見陳述を促す文言
「~最後に被告人自身から言いたいことがあれば、言ってください」(09/3)

控訴期間の告知
「明日から数えて2週間、14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&東京地裁八王子支部&東京地裁立川支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。東京の法廷で見た限りにおいて、マトモな裁判官に見える(13/10)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
2008年夏前後に、東京家地裁から八王子支部/刑事へ異動していたのに、官報で ≪東京家地裁→八王子支部≫ 告示は翌年春だった。

人事レース/最高裁の意思推察
東日本エリア担当刑事裁判官。
まだ登り坂の途中。次の異動で首都圏にリターンするはず。
東京高裁陪席かな?

最終的にどこに到達するのか、読み難解だ(11/10)。

首都圏から札幌へ刑事部総括として送り込まれた裁判官は、その後出世度合がもう一つのような……。
2014年春、どうなるか。予測難しい(13/10)。

山口智子裁判官≪60期≫


起訴状受領の確認
検察官起訴状朗読の前に 「~日付の起訴状を受け取っていると思いますけれども、~~」 と述べ、直接確認はしなかった(13/7)。

黙秘権告知中の視線
3:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(13/7)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読み上げた事実のなかに、なにか間違っているところはありますか」(13/7)。

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁堺支部

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
これから(13/10)。

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード