日本の刑事裁判官

石川慧子裁判官≪59期≫


1審無罪 【14/10】 ★自動車運転過失傷害&道交法のひき逃げ、無免許など★ at 熊本地裁
→→→
 逆転有罪 【15/10】 ★覆される by 福崎チーム/福岡高裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(14/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人のほうへ顔を向ける一方、視線は左右に泳ぎながら(14/12)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が公訴事実として読み上げた●月●日起訴状の分、どこか間違っている点はありますか」(14/12)

最終意見陳述を促す文言
「いま、検察官と弁護人が最終的な意見を述べられました。被告人からもなにか言っておきたいことがありますか」(14/12)

控訴期間の告知
「期間は本日と明日から数えて14日以内です」

ライヴ傍聴した裁判所
at 熊本地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
裁判所ホームページ内 「熊本地裁 担当裁判官一覧」 では “彗子” さんとなっているが、当欄では “慧子” さんと表記した(14/11)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これからだ(14/11)。

東根正憲裁判官≪新60期≫


1審無罪 【14/10】 ★未成年者喫煙禁止法違反×未成年者がコンビニでたばこを購入×売ったお店は無罪×一方で店員は有罪★ at 丸亀簡裁
→→→
 1審有罪の店員について逆転無罪 【15/9】 ★覆される by 半田チーム/高松高裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これからだ(15/5)。

岡部豪裁判官≪43期≫


1審無罪 【14/10】 ★心神喪失傷害致死★ at 福岡地裁

1審無罪 【14/4】 ★準強姦★ at 福岡地裁

1審 【14/4】 ★火薬類取締法違反は成立しない×銃刀法で実刑×中学生が学校にけん銃を持ち込み、その父親が責任を問われた事件★ at 福岡地裁

1審一部無罪 【11/4】 ★大麻の譲渡は無罪★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた公訴事実はどうですか」(10/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終わりますが、最後に自分の言いたいことを述べてください」(10/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京高裁&東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用しない。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
どういう裁判官か見極める意味においてのみ。
積極的にやりたいとは思わない。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない。
公正な裁判をするかどうか、不透明だからだ。

その他
私のノートに残る、高裁陪席時に見た印象は ≪態度が大きい≫。
その高裁陪席を含め、霞が関在籍時には何度か審理を拝見してきたが、どういう方なのかさっぱりわからない。

声にパワーなく、仕事に対する真剣味、緊張感が伝わらない。
いつ何時見ても、傍聴席の私には何物をも示さない。

だが最高裁がこの裁判官を高評価していることは経歴から明らかだ。
本当に出世させるに値する裁判官かどうか、傍聴席からのチェックよろしく。

福岡県民さん、当裁判官はいかがですか。公正な刑事裁判をしていますか(14/10)。

人事レース/最高裁の意思推察
2014年4月現在、刑事裁判官として地裁段階での頂点手前を福岡地裁本庁で迎えている。
最高裁勤務も複数回ある刑事裁判官。

近い将来、福岡発東京霞が関行きの直行便に乗る可能性十分(14/4)。

田尻克己裁判官≪45期≫


1審無罪 【14/10】 ★自動車運転過失傷害&道交法のひき逃げ★ at 札幌地裁

1審無罪 【14/5】 ★業務上過失傷害×沖縄県内でのダイビング中の事故×那覇地裁が札幌地裁へ移送★ at 札幌地裁

1審一部無罪 【12/1】 ★窃盗1件は無罪×訴因変更認めず★ at 岡山地裁

………………………………………………………………………………

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 岡山地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから。
九州以外は全国どこでも行くようで、ホームグラウンドがいまだに固定しない(12/1)。

2014年5月現在、トータル8つある高裁のうち、6つの高裁管内を巡りつつ札幌の部総括まで駆け上がった現場担当刑事裁判官。
これからどうなるか(14/5)。

杉浦一輝裁判官≪58期≫


起訴状受領の確認
した(14/4 高知異動後初舞台にて)。

毎回、検察官による起訴状朗読後、自身の被告人への罪状認否直前にする(14/7)。

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け。ただし、起訴状を受け取っているかどうかの確認に続けて、検察官による起訴状朗読前に黙秘権の説明をしてしまった(14/4 高知異動後初舞台にて)。

被告人に視線を向け(14/7)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた起訴状の内容について、なにか言い分はありますか」(14/4 高知異動後初舞台にて)。

「いま、検察官に読んでもらった起訴状は受け取っていますか。(被告人返答後)この内容についてなにか言い分はありますか」(14/7)

最終意見陳述を促す文言
「被告人のほうからなにか言いたいことはありますか」(14/4 高知異動後初舞台にて)。

「最後になりますが、被告人のほうで言っておきたいことがありますか」(14/6)

控訴期間の告知
「14日以内に」
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 高知地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
髪の伸び具合いかんによっては、故松田優作さんの面影と重なることもないではない(14/10)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これからだ(14/10)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
異動後半年が経過したが、私が傍聴席から見た限りにおいて、通常の法廷では普通のことなのに当コートでは全く見られない事象がある。
被告人に対して弁護人、検察官に続き裁判官が質問を投げ掛けることはよくあることなのだが、203法廷でそうした場面に遭遇したことは一度もない。
検察官からの質問が終わり、再度弁護人に質問の有無を確認すると、発言席の被告人を弁護人前に戻らせる。
半年間、こればっかりである。例外はない。
つまり、当裁判官は新件1時間枠を左右両陣営に分け与えると、無色透明の存在を貫く。
別にふんぞり返っているわけでもなければ、眠っているわけでもない。廷内のやり取りを聞いていることは確かだろう。
それではなぜ、被告人への問いかけが一切ないのか。
「ボクは刑事裁判被告人の人生になんか興味関心ないんだよ」
私の見立ては上のとおりですが、杉浦さん、いかがでしょう?(14/10)

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード