日本の刑事裁判官

中田幹人裁判官≪46期≫


1審無罪 【15/9】 ★業務上過失致死×鉄工会社で鋼材下敷き事故×被告人は2名★ at 岡山地裁

1審一部無罪 【14/12】 ★建造物等以外放火&非現住建造物等放火の2件は無罪★ at 岡山地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(15/9)。

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=顔を上げたり下げたりして(15/9)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、朗読のあった起訴状記載の公訴事実ですが、これについてはどうですか」(15/9)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えることになりますが、最後に被告人のほうで述べておきたいということがあれば述べてください」(15/9)

ライヴ傍聴した裁判所
at 岡山地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
裁判官というよりもドクターのお顔では(15/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
2015年11月現在、連続して地方の刑事部総括を務めている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。

出世するかしないかといえば、さほどは出世させない(15/11)。

木口信之裁判官≪29期≫(退官)


1審無罪 【04/3】 ★爆発物取締罰則違反×迎賓館へロケット弾発射★ at 東京地裁
→→→
 1審破棄、差し戻し 【06/5】 ★差し戻される by 中川チーム/東京高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【07/10】 ★ by 第1小法廷泉チーム/最高裁★地裁で差し戻し審へ
→→→
 差し戻し審逆転有罪 【10/6】 ★覆される by 林チーム/東京地裁
→→→
 被告人の控訴棄却 【13/6】 ★ by 山崎チーム/東京高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【16/3】 ★ by 第3小法廷山崎チーム/最高裁

………………………………………………………………………………

逆転有罪 【15/9】 ★覚せい剤の使用× 「手続きの違法性は原審判決が認定するほど重大ではない」 ★1審・名古屋地裁/山田(耕)裁判官の無罪判決を覆す at 名古屋高裁

再審請求異議棄却決定 【15/1】 ★名張毒ぶどう酒事件第8次再審請求異議審×特別抗告へ× 【死刑囚が無実であると120%確信し、裁判所が公正に審理をする限りにおいて絶対に勝てると断言できるならば、名古屋のエース/伊藤さん(31期)が名古屋高裁刑事部総括降臨後、勝負をかけたい。可能性を求めるならここが最適では?】 ★名古屋高裁/石山チームの再審請求棄却決定を支持 at 名古屋高裁

………………………………………………………………………………

罪状認否の問いかけ文言
「いま検察官が朗読した、起訴状に書かれている内容で、事実と違う点がありますか」(08/6)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&東京地裁八王子支部&横浜地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
いくら当裁判官の審理を傍聴しても、傍聴人の私のハートにはなにも響かない。

人事レース/最高裁の意思推察
2015年1月現在、刑事裁判官として高裁段階でのピークをおそらくここ、名古屋高裁本庁で迎えている。
東京地裁刑事部総括卒業者なのに回り道をさせられているので、同高裁刑事部総括には届かない可能性が高い(15/1)。

杉山慎治裁判官≪38期≫


1審無罪 【15/9】 ★業務上過失致死×エレベーター事故×被告人4人中、製造元課長のみ無罪★ at 東京地裁

1審無罪 【14/11】 ★強盗致傷など×裁判員裁判★ at 東京地裁

1審一部無罪 【14/6】 ★爆発物取締罰則違反ほう助は無罪、殺人未遂ほう助は認定して実刑×オウムによる東京都庁爆発物事件×裁判員裁判×結果論だが、懲役5年で済むなら逃げ回る必要など全くなかったのではないか★ at 東京地裁
→→→
 逆転全面無罪へ 【15/11】 ★覆される by 大島&加藤&安藤チーム/東京高裁

1審一部無罪 【01/8】 ★常習累犯窃盗の一部?は無罪★ at 那覇地裁沖縄支部

………………………………………………………………………………

控訴期間の告知
「2週間以内であれば」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&東京高裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2014年7月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。現場担当刑事裁判官。
2014年春、東京地裁の刑事部総括のポジションになんとか到達した。
千葉、あるいはハマ方面の電車には目もくれず北のホームで粘っていたら、最後の最後にめでたく東京行きの最終電車がやってきた、そんな感じだ。

支給された東京高裁刑事部総括への優先パスポートは今後、使われることはないだろう。東京地裁刑事部総括卒でありながら、同高裁──には届かない裁判官のひとりになりそう(14/7)。

中島真一郎裁判官≪47期≫


1審無罪 【15/9】 ★傷害&暴行★ at 福島地裁

1審一部無罪 【12/7】 ★建造物侵入、窃盗未遂それぞれ1件は無罪★ at 盛岡地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた公訴事実、どこか間違い、または言い分がありますか」(09/4)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後になにか言っておきたいことがありますか」(09/4)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京高裁&東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
「冤罪をつくる検察、それを支える裁判所」(里見繁さん著 ㈱インパクト出版会)p80に、当裁判官に関する記述あり(13/2)。

人事レース/最高裁の意思推察
2011年春から、盛岡地裁の刑事部総括を務めている。
最高裁から地方であるとはいえ、部の事務を総括する者に指名されているのだから、悪かろうはずがない。
そこそこ以上の出世が見込まれる(12/9)。

2015年10月現在、福島地裁刑事部総括を務めている。地方の部総括を連続して務め、再度、首都圏が近づいてきた。
今後どうなるか。そこそこ以上の出世が見込まれるとしか、書きようがないなぁ(15/10)。

吉武雅人裁判官≪期≫


1審無罪 【15/9】 ★労働安全衛生法違反×社員死亡事故で自動車部品会社に無罪★ at 島田簡裁
→→→
 逆転有罪 【16/11】 ★覆される by 朝山チーム/東京高裁

1審無罪 【13/7】 ★道交法の無免許運転×略式起訴→正式裁判へ×求刑無罪★ at 立川簡裁

森里紀之裁判官≪59期≫


起訴状受領の確認
しなかった(15/3)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官が読んでくれた事実について、なにか間違いとかありますか」(15/3)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終わりたいと思いますが、最後になにかおっしゃりたいことがありますか」(15/3)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
いまのところ、比較的大きな裁判所ばかりで勤務が続く。まだまだ、これからだ(15/9)。

鬼澤友直裁判官≪36期≫


1審無罪 【15/9】 ★道交法の飲酒検知拒否×合議体で審理★ at 横浜地裁

1審無罪 【13/4】 ★正当防衛傷害★ at 東京地裁

1審無罪 【11/1】 ★大麻の所持★ at 東京地裁
→→→
 逆転有罪 【11/8】 ★覆される by 矢村チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(10/11)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、読まれた事実について、事実が違う、とかいう点はありますか」(10/11)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終わりますが、最後になにか言っておきたいことがありますか」(10/5)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
36期全裁判官のなかで最も遅生まれでは?

特異な?ヘアスタイルは不変。

人事レース/最高裁の意思推察
2013年5月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。
すなわち、東京高裁刑事部総括への優先パスポート保持者。

いずれ、どこかの地家裁所長を経て同総括へは到達するだろう。
課題はもっと上のポストまで駆け上がることができるかどうか(13/5)。

2015年9月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で終え、横浜地裁に下っている。
東京高裁刑事部総括への優先パスポート保持者。

いずれ、どこかの地家裁所長を経て同総括へ到達する可能性十分(15/9)。

安福幸江裁判官≪53期≫


起訴状受領の確認
しなかった(14/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど検察官が読み上げた事実に、間違いはないですか」(14/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで裁判は終わりになります。最後に言いたいことがあったら言ってください」(14/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 静岡地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
発音明瞭(14/12)。

人事レース/最高裁の意思推察
≪東京→名古屋→東京→仙台→東京→名古屋≫ 各高裁管内を異動。女性にしては範囲が広い。刑事一本で行くと固まっているのだろうか(15/9)。

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード