日本の刑事裁判官

大阪15刑 「開廷表」 のワナ


5月の湿度が高いある日。
大阪地裁刑事15部232法廷前。
入り口近くの開廷表は7,8件の ≪新件&審理&判決≫ が予定されていることを傍聴人に告げると同時に、
横長ペーパー右に置かれた裁判官名をいずれも 「設楽──」 と印字していた。
傍聴席のとびらを開けて9時50分開始予定の判決に in。当ウェブログ同裁判官の項を埋めることのみが目的だ。
しかし、しかし。
裁判官のお顔がおかしいぞ。
中央に陣取る黒マント裁判官の容姿が広島地裁で記憶した 「設楽──」 裁判官のそれと違うような。
脳内記録イメージはとにかく、黒。
黒のなにか、プラス幼そうに見えるお顔。それが記憶の中の 「設楽──」 裁判官だ。
眉が太い黒眉だったのか、それとも……。
弁論再開してやや時間を要している判決公判。
壇上のその方が本当に開廷表が指し示すところの 「設楽──」 裁判官なのか?
センターに位置する男性裁判官の大まかな特徴を列記すると茶髪、メガネ、タイなし。そもそもかわいい顔立ちではないし、お顔のどこにも黒色を訴える部分はない。
3月に別法廷でお見かけした裁判官の方だったっけ?
結局、半信半疑のまま法廷を出た。結論は出ないまま、30分後を待つことにした。

12部331法廷。10時30分から本村裁判官の脱税事案判決が予定されていた。
傍聴席入口近くに着席して裁判官の登壇を待つこと数分。
姿を見せたのはさきほど見た方とまったく同一だった。
またその後15部232法廷にリターンし、大きな黒縁めがねをかけた 「設楽──」 裁判官を新件で確認。
15部開廷表の裁判官名に誤りがあることが確定した。

本村裁判官は今春、15部→12部へと異動している。理由なんか知るはずもない。
異動した本村裁判官が15部の法廷で引き続き判決まで担当しているのに、同部開廷表はどういうわけか裁判官名を 「設楽──」 にチェンジしてしまっている。
もしも 「設楽──」 裁判官のお顔を知らないまま、9時50分開始予定の判決のみを見、即退出していたら、刑事15部のワナにかかっていたことだろう。
その日以降、本村裁判官を 「設楽──」 裁判官と覚えこんでいたことは確実だ。
私は落とし穴に転落しそうになってなんとか踏みとどまることができたが、その一方で見事に引っかかった集団があるようなのだ。

2016年5月10日付の紙面で、前日9日に大阪地裁であった無罪判決について報道したのは安倍政権広報紙。
ところがその翌11日付31面で訂正をしている。
裁判官名を間違っていたとして 【設楽→本村】 とし、「確認が不十分でした」 と結んでいるのだ。

瞬間的に思ったことは、司法担当記者が裁判官のお顔にまでは関心がなかったから取り違えたんじゃないかってこと。
いやいや、そうじゃないんだな。
右翼政権広報紙のみが誤報をしたわけは、本村裁判官のお顔を知らないため裁判官の区別ができず、開廷表のウソ表記に引きずられたからと推測するほかない。
目の前で無罪判決を言い渡している裁判官が本当は本村さんであるにもかかわらず、事前に裁判所から配布されている開廷表ならびに法廷前のそれの裁判官名欄が 「設楽──」 であったため、そのまま疑うことなく受け入れてノーチェックで印刷工程まで進行した。
もし開廷表の裁判官名が正しく 「本村──」 であったなら、わざわざ紙面で 「設楽──」 とする理由は存在しない。
過去にも壇上 「本村──」、開廷表 「設楽──」 のでたらめパターンがあり、いま現在もどういうわけか継続していると判断できる。

刑事15部開廷表上のミステイクは実はその1件では終わらない。
その蒸し蒸しした日の午後に433法廷で予定されていた植野裁判官の刑事裁判は本館1階の開廷表では ≪審理≫。
法廷前のそれでは ≪新件≫ となっていた。
50分枠設定だったので、おそらく後者が正解だったのではないかな。
また、同日午前434法廷橋本部総括の ≪審理≫ においては、法廷前の開廷表で女性書記官の担当になっていたが、実際は男性書記官が裁判官の前に着席していた。
(後ほど、もう1件追加するかも。まだあるので)

本村裁判官の不自然にも思える15部→12部への異動も含め、大阪地裁刑事15部かなり変だぞ。
頭のおかしい人が取り仕切ってるんじゃないのか。

毎春恒例/日本一、仕事の遅い裁判所はどこだ? 2016年度版


裁判所ホームページで、≪各地の裁判所≫ の 【担当裁判官一覧】 更新状況をチェックし、日本一、仕事の遅い裁判所を明らかにしたい。
すべての裁判所が更新を終えるまで、当欄でチェックを続けることとする。

なお、昨年2015年の ≪日本一、仕事の遅い裁判所≫ は佐賀地方裁判所だった。

……………………………………………………………………………………………

■■■更新済み裁判所

地 裁

(5月24~26日の間に)和歌山
(5月18日に)佐賀(やっと更新年を ≪27年→28年≫ へ更新し、完了)(※)
(5月12日に)那覇
(5月10日に)福岡
(5月6日に)福井
(4月25日に)東京立川
(4月21日に)横浜
(4月20日に)長崎
(4月19日に)釧路、東京民事
(4月18日に)札幌、新潟、鹿児島
(4月15日に)千葉本庁
(4月13日に)さいたま、長野、広島
(4月12日に)仙台
(4月11日に)函館、水戸、名古屋、山口
(4月8日に)京都、高知
(4月7日に)神戸、徳島
(4月5日に)盛岡、山形、東京刑事(=4/5更新は史上最速)
(4月4日に)宇都宮
(4月1日午後以降に)松江、大分、熊本
(4月1日午前中に)旭川、青森、秋田、福島、前橋(※)、千葉支部、甲府、静岡、富山、金沢、岐阜、津、大津、奈良、大阪、鳥取、岡山、高松、松山、宮崎

※前橋=4月1日午前に更新日時更新済みですが、前任の刑事部総括のお名前がいつまでも残っているのはどういうことなのか。
前橋からさいたまに異動した部総括が前橋を兼任しているなんてことはまずありえない。
過去に2つの裁判所にまたがり、お名前が掲載されていたこともなし。
単純に消し忘れですよね?
前任者のお名前を消去した段階で更新済みの日とさせていただきたい。

※佐賀=いつまでたっても更新日時が更新されないのでほったらかしになっているかと思いきや、4月27日に中身をチェックしてみるとすでに更新が終わっていた。ということはつまり、 【更新日時】 の更新忘れを2年連続でやってるってこと。担当者も前年と変わりないのだろう。
今後、更新日時が更新された段階で更新済みの日とさせていただきたい。

高 裁

(4月14日に)東京
(4月14日までに=正確な日時チェック漏れ)高松
(4月1日午後以降に)札幌、大阪
(4月1日午前中に)仙台、知財、名古屋、広島、福岡

……………………………………………………………………………………………

更新終了

2016年度 「日本一、仕事の遅い裁判所」 は前橋地方裁判所(合田悦三所長)に決定した。
4月1日に 【担当裁判官一覧】 更新済だが、2月21日付でさいたまに異動した部総括のお名前を放置しているため、現状ではさいたま&前橋両地方裁判所で勤務していることになっている。そんなことはありえないのでさっさと消去すべきなのにずっと放置している。訳わからず。
その後6月10日にチェックすると、さいたまに異動した部総括名=高山さんのお名前が消去されていた。6月1日付で。

また 「2016年度日本一、マヌケな裁判所」 に、中身の更新は終わっているのに更新日時の更新を2年連続で忘れて放置していた佐賀地方裁判所(瀧華聡之所長)を選出した。
(2016年5月27日)

嫌がらせ人事 ・ 最終章


≪とどめの嫌がらせ人事≫ だと受け取りました、ハイ。

e-hoki さんところの法曹界人事→5月の最高裁人事→5月10日付の上から3番目=下から5番目。

経歴上位の方の上にあえてその方より経歴劣る方を配置して、頭の上に重石を乗っけるわけですネ。

2016年5月22日

今井輝幸裁判官≪52期≫


1審無罪 【16/5】 ★自動車運転過失致死★ at 富山地裁高岡支部
→→→
 逆転有罪 【17/4】 ★覆される by 岩倉チーム/名古屋高裁金沢支部

1審一部無罪 【14/1】 ★窃盗は無罪★ at 奈良地裁

1審無罪 【12/7】 ★目の病気で過失なし自動車運転過失致死★ at 奈良地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け(09/11)。

黙秘権告知中に……
「~答えないからといって、不利益な扱いを受けることはありません」 と明言する(09/11)。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読された起訴状の内容について、どこか違うところはありますか」(09/11)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理は終わります。審理を終わるにあたって、最後になにか言っておきたいことがあれば、言ってください」(10/4)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
著書に 「韓国の国民参与裁判制度─裁判員裁判に与える示唆」 (イウス出版)あり。

人事レース/最高裁の意思推察
西日本エリア現場担当刑事裁判官。まだまだ、これから(12/7)。

柏森正雄裁判官≪期≫


再審無罪 【16/5】 ★道交法スピード違反×身代わり出頭★ at 大阪簡裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(16/5)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた起訴状に書いてある事実について、この内容は理解できましたか。この内容について、なにか間違っている点やおかしい点はありますか」(16/5)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪簡裁

………………………………………………………………………………

その他
2016年9月下旬、交通事故裁判初公判で検察官起訴状朗読の後、間髪を入れず正面に立つ被告人に尋ねた。 「いま、検察官が読み上げた起訴状に書いてある事実、この内容についてはどうですか」。 その1、2秒後、権利告知を素っ飛ばしていたことに気がつき、黙秘権告知からやり直した。もう年かな(16/9)。

嶋原文雄裁判官≪32期≫


逆転無罪 【16/5】 ★犯人隠避×逆転無罪を伝える河北新報記事は興味深い★1審・仙台地裁古川支部の有罪判決を覆す at 仙台高裁

逆転一部無罪 【16/3】 ★強姦は無罪×被害者控訴審で証言変遷★1審・福島地裁の有罪判決を一部覆す at 仙台高裁

1審無罪支持 【15/3】 ★業務上横領★1審・仙台地裁/河村チームの無罪判決を支持 at 仙台高裁

逆転無罪 【15/3】 ★強制わいせつ★1審・仙台地裁の有罪判決を覆す at 仙台高裁

1審無罪 【09/4】 ★窃盗★ at 札幌地裁

1審無罪 【07/12】 ★学校法人で経費流用×2名中、業務上横領に問われた1名は無罪★ at 札幌地裁

再審無罪 【02/12】 ★道交法スピード違反★ at 岩見沢簡裁

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

人事レース/最高裁の意思推察
2015年3月現在、刑事裁判官として高裁段階でのピークを仙台高裁で迎えている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
現ポジションのまま定年を迎えるのか、それとももう一段階ステップアップして終止符を打つのかといったところ(15/3)。

本村曉宏裁判官≪53期≫


1審無罪 【16/5】 ★窃盗など×20代女性が2300万円もの大金を盗んだか否かを問われ、盗んでいないという判決が出たにもかかわらずほとんど報道がないのはどうしてだろう?×まさかの無罪判決だったから、報道が法廷に詰めていなかった???★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(16/3)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向けて、表情で訴えかける(10/3)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「(不正確)いま、検察官が読み上げた起訴状の内容について、どうですか」(10/3)

「いま、検察官が読み上げた各起訴状の内容について、なにか間違いはありますか」(16/3)

最終意見陳述を促す文言
「これであなたに対する審理をすべて終わります。最後になにか言っておきたいことがありますか」(10/4)

「これであなたに対する審理を終えて、次回判決ということになります。最後になにか述べておきたいことがありますか」(16/10)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
大阪を根城に比較的長距離異動をする現場担当刑事裁判官。
2017年春、異動予定(16/5)。

田邊三保子裁判官≪41期≫


1審一部無罪 【16/5】 ★わいせつ物陳列は無罪×ろくでなし子さんの事件×わざわざ異動先の名古屋から戻ってきて判決を言い渡したみたい×罰金払って退散した北原みのりさんはいまのところツイッターでなにも発信せず★ at 東京地裁

1審無罪 【10/3】 ★覚せい剤の譲渡★ at 岐阜地裁

1審無罪 【09/4】 ★正当防衛傷害致死★ at 岐阜地裁
→→→
 逆転有罪 【10/7】 ★覆される by 下山チーム/名古屋高裁

1審一部無罪 【09/2】 ★過失致死は無罪★ at 岐阜地裁

1審一部無罪 【08/3】 ★覚せい剤による心神喪失強盗致傷など無罪。イラン人被告人は執行猶予へ★ at 岐阜地裁

………………………………………………………………………………

再審請求棄却決定 【16/3】 ★砂川事件★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「黙っているということだけで、不利な扱いは受けません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、読まれた事実について、どこか違っているところがあるか、それともこれで間違いないか、どうですか」(10/9)

最終意見陳述を促す文言
「~(やや早口で)最後に被告人のほうから裁判官に言っておきたいことがあれば、述べてください」(10/9)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

砂川事件の再審請求棄却決定で <信用できない> に下げ(16/3)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
お願いいたします。

砂川事件の再審請求棄却決定で<遠慮させていただきます>に下げ(16/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
2016年3月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。
ずっと現場担当の刑事裁判官がどうして東京地裁の刑事部総括を務めるにまで至ったのか、さっぱりわからない。
地裁段階での頂点を極めて3年が経過した2016年春、お役御免の時機が到来していると思うんですがねぇ(16/3)。

2016年5月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で終え、名古屋高裁陪席に下っている。
名古屋だけにとどまらず、東京で頂点を極めた現場担当刑事裁判官。
いずれ、どこかの地家裁所長を経て名古屋高裁刑事部総括まで到達しそう(16/5)。

大森直子裁判官≪50期≫


起訴状受領の確認
「起訴状という書面を受け取っていると思いますけれども」 という言い方をし、直接確認はしなかった(15/11)。

黙秘権告知中の視線
1:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(15/11)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ事実で、どこか違っているところがありますか」(15/11)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後にあなたのほうで述べておくことがあれば述べてください」(15/11)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2016年春の異動はなく、横浜で刑事担当4年目に突入した。動きをともにする方が東京から動かない以上、ご本人もそのままということか(16/5)。

今井理裁判官≪53期≫


起訴状受領の確認
しなかった(15/11)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「ずっと黙っていても、不利な扱いを受けることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読んだ事実について、どこか違っていると思うところはありますか」(15/11)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終わって次回判決ということになります。最後になにか述べておきたいことがあれば述べてください」(15/11)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 札幌地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
廷内関係者がそろいさえすれば、即スタート。13時20分開廷予定の判決は同21分に終了。13時30分開廷予定の新件も同28分にはスタートしていた(15/11)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p287 にお名前登場。 「福井女子中学生殺人事件」 の再審請求異議審で再審開始決定を取消す決定に関与していたとは……(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
いまのところ、現場担当刑事裁判官。
大都市勤務ばかりなので、最高裁は出世させたいのでしょう(16/5)。

Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード