日本の刑事裁判官

この夏の脳内最大関心事


★ 私たちの住む世界が “仮想現実” なのかどうか。この夏の脳内最大関心事になってしまった。

  自称宇宙人の述べるこのご意見はしっくりくるんだが。  

  

加藤亮裁判官≪42期≫


起訴状受領の確認
通例とは異なり、起訴状朗読の後にした(16/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が起訴状記載の公訴事実を朗読されました。どこかわからない点とかありますか。~~、どこか間違っている点、弁解しておきたい点、ありますか」(16/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上で本件の審理を終えることにします。最後になにか言っておきたいことがありますか」(16/12)

控訴期間の告知
「きょうを入れて15日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 仙台地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
被告人に対する口調ならびに説明はとても丁寧。この姿勢が継続されているのならば、無罪判決のひとつやふたつ、どうして出ない?(16/12)

人事レース/最高裁の意思推察
2017年8月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを仙台地裁で迎えている。
近年は東北エリア現場担当刑事裁判官。
仙台高裁刑事部総括まで到達したいところだが、どうなるか(17/8)。

山崎潤一裁判官≪期≫


起訴状受領の確認
しなかった(16/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が全部で3つの事実を朗読しましたけれども、あなたが述べることがあれば言ってください」(16/12)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 仙台簡裁

永渕健一裁判官≪42期≫


起訴状受領の確認
しなかった(16/12)。

黙秘権告知中の視線
当判事独特のリズムで、被告人に視線を送ったり下を向いたり(16/12)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

控訴期間の告知
「きょうから数えて15日、きょうを含めて15日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 高知地裁&東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用しない。まともな裁判官は被告人に対し、 「キミは~」 とは呼ばないんじゃないかなぁ(17/8)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない(17/8)。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年8月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁で迎えている。
主に西の地でキャリアを重ねてきた ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
東京高裁刑事部総括到達までは堅そう(17/8)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、被告人に対し、 「キミは~」 と呼びかける呼びかけない、つまり “子ども扱い” するしないの線引きはどこでしているのですか。(17/8)。

真正面から単刀直入にお尋ねしますが、本当に公正な刑事裁判をしていますか。高知に4年間もいて、無罪判決と無縁だなんて信じられないのですが(17/8)。

増田啓祐裁判官≪46期≫


1審主要パート無罪 【17/8】 ★覚せい剤の営利目的輸入は無罪×被告人は運び屋の chino ×裁判員裁判★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(13/7)。

黙秘権告知中の視線
2:1くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(11/9)。

2:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(13/7)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた起訴状記載の事実ですけれども、これはこのとおり間違いないのか、間違ったところがあるのかどうですか」(11/9)

「(早口で)いま、検察官が読み上げた3通の起訴状に書いてある事実ですが、これは???、間違っているところがあるのかどうですか」(13/7)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終わりますけれども、最後にあなたのほうからなにか述べておきたいことがあれば、言ってください」(12/1)

控訴期間の告知
「明日を1日目と数えて、14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 青森地裁八戸支部&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひ、お願いいたします。

その他
執行猶予の付いた判決言い渡しのとき、主文後回し(11/9)。

閉廷時、立ち上がると深々と一礼(11/9&12/1)。

内に “勢い” を秘めている。たとえば人を募集してこういう方が面接に来ると、即決で採用を決めさせるだけのなにか熱いキモチがひしひしと伝わってくる。
弁護士に転じても、いい仕事をすると思うけどなぁ(12/1)。

人事レース/最高裁の意思推察
大阪を本拠地とする刑事裁判官。
調査官を経験させたので、最高裁はこの裁判官を出世させる(12/6)。

2017年8月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁本庁で迎えている。
大阪を拠点にする ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
もしも大阪の枠を飛び出して東京へということになれば、選択肢の幅が広がりそう。
このまま関西でも年月を経て大阪高裁刑事部総括へ、大丈夫じゃないか(17/8)。

栃木力裁判官≪33期≫


逆転無罪 【17/8】 ★業務上横領 「(1審は)通常行われるべき証拠調べがなされず、誤った評価をした。被告に防御の機会を与えず不意打ち的に有罪を導いた手続きの違法は極めて大きい」 (時事)★1審・東京地裁/三上チームの有罪判決を覆す at 東京高裁

1審一部無罪 【07/4】 ★ルーシーさん事件の準強姦致死、わいせつ目的誘拐、死体損壊、死体遺棄は無罪★ at 東京地裁
→→→
 逆転有罪 【08/12】 ★覆される by 門野チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
ほとんど下を向いたまま(08/1)。

被告人に視線を向け(09/11…裁判員裁判)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま検察官が朗読した事実について、どこか間違っている点はありますか」(08/1)

「いま検察官が朗読した事実のなかで、どこか間違っているところがありますか」(09/11…裁判員裁判)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えます。審理を終えるにあたって、最後になにか裁判所に述べることがあったら、述べてください」(09/11…裁判員裁判)

控訴期間の告知
「14日以内に」
「きょうを含めて15日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&千葉地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
いつもにこやかな方。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年8月現在、刑事裁判官として高裁段階でのピークを東京高裁で迎えている。
以下、後ほど(17/8)。

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード