fc2ブログ

日本の刑事裁判官

佐藤正信裁判官≪45期≫


1審無罪 【18/3】 ★静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例違反 未成年へのエッチな行為★ at 静岡地裁

1審無罪 【16/1】 ★傷害 被告人は chino ★ at 静岡地裁

1審無罪 【11/2】 ★正当防衛特別公務員暴行陵虐致死 警察官発砲によりチャイニーズ死亡 付審判決定 民事訴訟でも遺族の主張通っていない→その後民事控訴審で県に賠償命令→県上告→最高裁は審理を差し戻し→高裁は遺族側控訴棄却→最高裁上告棄却(15/9)★ at 宇都宮地裁

再審無罪 【10/3】 ★足利えん罪事件★1審・宇都宮地裁/久保チームの有罪判決を覆す at 宇都宮地裁

………………………………………………………………………………

1審破棄、差し戻し 【24/1】 ★高知の東に位置する奈半利町のふるさと納税汚職事件 × 被告人は2名。その1名について地裁で受託収賄は無罪だった × 双方控訴 × 検察「両被告人に受託収賄が成立する」 × 両被告人「量刑不当」 × 裁判長「両被告人に賄賂の認識があるとの前提で地裁で審理を尽くせ」★1審・高知地裁/吉井チームの被告人2名中、1名の一部無罪判決を破棄、差し戻す at 高松高裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(14/12)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、朗読のあった事実について、なにか述べておくことはありますか」(14/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終わりますけれども、最後に述べておきたいことがあれば述べてください」(14/12)

ライヴ傍聴した裁判所
at 静岡地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p294 にお名前登場(16/5)。

「殺人犯はそこにいる」 (清水潔著 ㈱新潮社) p226 にお名前登場(16/6)。

人事レース/最高裁の意思推察
2016年1月現在、静岡で刑事部総括を務めている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
次の異動で勝ち負け決する(16/1)。

2018年春、異動するならば高裁陪席か(18/3)。

2020年11月現在、刑事裁判官としてピークを東京家裁で迎えている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
定年までにもう一度異動があるはずだが、どちらに配置されますやら(20/11)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(これ以前略)
2004春、東京高裁へ。
 3年目に第1刑事部 No.3/3 もしくは No.4/4 の配置記録あり。
2007春、釧路地裁刑事部トップへ。
2009春、宇都宮地裁刑事部 No.2/8 へ。
2012春、東京高裁第5刑事部へ。
 1年目 No.3/4→2年目 No.3/3 →3年目 No.4/4 へ。
2014年7月、静岡地裁刑事部トップへ。
2018春、東京高裁第1刑事部 No.3/5 へ。
2020春、東京家裁部総括へ。
2023春、東京高裁刑事部陪席へ。わずか9日間在籍。何部に配置されていたのか不明。
2023春、高松高裁刑事部トップへ。

東日本エリア現場担当刑事裁判官。
定年前に最後の異動があるのかどうか(24/1)。

豊沢悠希裁判官≪新65期≫


1審無罪 【24/1】 ★窃盗★ at 高松地裁

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2013年1月、大阪へ。
 1年目は地裁第3刑事部 No.4/4 へ。
 2年目以降、第13民事部 No.4/4 へポジション変更。
2016春、前橋家地裁高崎支部へ。民事刑事合議体左陪席。
 1年目 No.6/6 →2年目 No.7/7 →3年目 No.6/6 →4年目お名前が見当たらず。
2020春、法務省大臣官房司法法制部付へ。
2021年12月、東京地裁へ。どこに配置されたか不明。
2022春、地裁民事25部 No.7/9 に配置されている。
2023春、高松地裁刑事部 No.2/3 へ。

いまのところホームグラウンドの定まらない、民事も刑事も担当する裁判官(24/1)。

井下田英樹裁判官≪49期≫


1審無罪 【24/1】 ★過失運転致死 略式命令にノー→正式裁判へ 当裁判官、交通事故関係の無罪判決多いよ★ at 札幌地裁

1審一部無罪 【23/6】 ★過失運転致死&アルコール等影響発覚免脱などは無罪 2022年11月、白石区で発生した事故 走行中の車から女性が自ら後部右側ドアを開けて転落したという 女性は後続車にはねられて死亡 運転をしていた被告人は道交法の救護報告義務違反と酒気帯びで執行猶予へ★ at 札幌地裁

1審無罪 【23/4】 ★過失運転致傷 北海道新聞が当判決について18日付の自社ネット記事で「判決公判が18日、札幌地裁であった」と記し、「無罪(求刑禁錮1年)」としている。 ところがHBC北海道放送(TBS系列)は19日15時34分ネット配信記事で「19日の判決で」とし、「懲役3年の求刑に対し、無罪」と書き連ねている。後者の放送局はいつになったら訂正するか★ at 札幌地裁

1審一部無罪 【21/4】 ★交通事故 過失運転致死は無罪 道交法ひき逃げは有罪 被告人は警視庁職員 井下田裁判官、わざわざ札幌からリターンして?★ at 東京地裁

1審無罪 【21/2】 ★住居侵入ほう助&窃盗ほう助 まだ裏付けは取れていません 情報提供者は上井田判事補さん。判決の概略はコメント欄をごらんください★ at 東京地裁

1審一部無罪 【19/11】 ★過失運転致傷は無罪 道交法救護報告義務違反で有罪 「被告人は、被害者が車道上に進出した時点において、制動措置を講じるなどして衝突を回避することができたとは認められず、また、被告人車両が制動可能な地点を走行していた時点において、被害者が車道上に進出することを予期して徐行や制動措置を取るなどする義務があったと認めることもできない。したがって、被告人について、本件事故の過失を認定するには合理的疑いが残る」 右村田(千)、左山井(翔)のチーム構成★ at 東京地裁

1審無罪 【18/9】 ★(東京都)公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反 電車内の痴漢行為 「~被告人の右手の甲が被害者の胸に複数回接触した事実を認定できるものの、それが痴漢の故意に基づく行為であることについて合理的な疑いが残り、これを認定することができず、犯罪の証明がないことになる~」★ at 東京地裁

1審一部無罪 【17/7】 ★窃盗は無罪 いわきの建設会社土砂採取場における死体遺棄事件に端を発した傷害致死事案 裁判員裁判 右村山(智)、左神永(暁)のチーム構成★ at 福島地裁郡山支部

1審無罪 【17/3】 ★強盗致死&死体遺棄&窃盗 裁判員裁判 読売系列福島民友新聞は判決を伝える2017年3月25日8時27分更新ネット記事で、冒頭より被告人名を伏せつつ、後半で姓を明かしてしまっている。出すなら出す、伏せるなら伏せるできちんと統一を。ネット用記事と紙面用記事がごちゃまぜになった結果かもしれない 右村山(智)、左神永(暁)のチーム構成★ at 福島地裁郡山支部

1審一部無罪 【16/1】 ★過失運転致傷は無罪 被告人は事件当時、町議 27(わ)127★ at 福島地裁郡山支部

1審無罪 【14/12】 ★自動車運転過失傷害&道交法ひき逃げ 「刑事裁判で求められる立証の程度には届かないと判断され、被告人車両が犯人車両であると認めるには疑いが残る」★ at さいたま地裁
→→→
 逆転有罪 【15/12】 ★覆される by 朝山チーム/東京高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【17/5】 ★ by 第1小法廷大谷直人チーム/最高裁

1審無罪 【12/9】 ★(東京都)公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反 電車内の痴漢行為★ at 東京地裁

1審無罪 【06/10】 ★違法捜査公務執行妨害&大麻の所持★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(19/11&22/6)。

黙秘権告知中の視線
(外国人被告人に対し)表情不変の真面目顔で最初は被告人に視線を向けているように見えたが、後半は視線を外していたようで(19/11)。

被告人に視線を向け(22/6)。

黙秘権告知中に……
「答えを拒んでも、そのことで不利益な扱いは受けません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま読まれた起訴事実に、間違いはありますか」(19/11)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、判決の前になにか言っておきたいことがありますか」(19/11)

控訴期間の告知
「14日以内に」
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&札幌地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
これまで “信用しない” と記してきたが、現時点では、極度なまでに生真面目な男性裁判官と解釈している(16/1)。

信用はしたいと思う(19/11)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
全くやりたくないが、“怖い裁判官見たさ” の意味合いにおいてはイエス(従来)。

これほど無罪判決を出すのであれば、とも思うが、もう一度法廷で見てみたい(18/9)。

社交性のない方とは関わりあいたくない(19/11)。

やっぱり変なクセがあるので、この裁判官とは関わりあいたくない(22/6)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
絶対にこの裁判官には裁かれたくない(従来)。

これほど無罪判決を出すのであれば、とも思うが、もう一度法廷で見てみたい(18/9)。

絶対にこの裁判官には裁かれたくない(19/11)。

やっぱり変なクセがあるので、この裁判官には裁かれたくない(22/6)。

その他
クセがありすぎる。怖すぎ。

裁判官しか務まらないタイプの裁判官。検事や弁護士はムリでしょ?

東京地裁刑事17部在籍時の見たままはこちら(=リンク先非公開。合議体右陪席時、その右陪席ポジションから定刻に間にあわなかったペルシア語通訳人池山氏の位置する左斜め下に視線を向け、長時間にわたりにらみつけていた件)へどうぞ。

2011年5月12日、春に東京へリターンしてきた井下田裁判官の804法廷に “怖い裁判官見たさ” で早速、お邪魔した。
その日は新件ゼロで、判決だけだった。
北海道から戻り、少しは変わったのかな。

井下田裁判官が入廷して一礼するとき、国内どの法廷においてもまず、ありえないことが起こった。
裁判官が頭を下げたとき、顔の表情を一変させたのだ。

ん? 何か不測の事態が裁判官の目の前で起こったのか。
いいや、なんにも起こらないし、変わらない。いつものままだ。
無論、被告人や傍聴人が騒ぎ出したなんてことも一切なし。

裁判官一礼のとき、普通はなにも起こらない。ですよね?
ところが。
傍聴席の私の目にはっきりと見えたものがあるのだ。

わざと、故意にやりましたよね?
廷内全員、頭を下げているはずだから裁判官の表情までは見えないと思いましたか。

裁判官一礼のとき、日本国内の裁判では廷内外の多くの者も頭を下げる。
この光景はいつもほぼ、同じだ。
いや、しかし。
一礼不要論者の私は頭を下げないため、裁判官の表情チェンジが見えてしまったのだ。

井下田裁判官が首を下げたとき、通常ののっぺりした表情からヘナヘナした、だらけた、締まりのない表情につくり変えたのが傍聴席からはっきりと見えた。
顔の筋肉をすべて緩ませて、虚脱状態を示すような表情だった。

≪この刑事裁判を担当したくない≫、≪目の前の被告人の顔を見るのがイヤだ≫。こうした気持ちが瞬間的に露骨に表れていた。

開廷1分以内に、この裁判官に全く進歩がないことがわかってしまった。
この方は裁判官の値打ちを下げる行為を法廷でしている。
自らおとしめている。
最高裁はこの裁判官に道内勤務とのバーターで東京地裁本庁で勤務せよと複数回、命令を出してきた。
裁判官人事なんてテキトーにやってるんだね。上も上なら、下も下だね。

こんなレベルの裁判官が小沢裁判を担当するというのだから、いや待てよ、≪悪役政治家 vs 変人左陪席≫ の法廷対決も悪くないか、むしろおもしろそうではないか。
井下田左陪席は前回の霞が関勤務時、17部で登石裁判官とタッグを組んでいた。
ならば、登石判事と同類じゃないかい?
≪悪役政治家 vs 変人左陪席≫ の法廷対決ならば、どっちもどっちなんだが、どちらかといえば剛腕被告人を応援したくなるなぁ。
被告人は被告人質問で、左陪席からの補充質問を徹底粉砕し、ひねりつぶすくらいの意気込みで相対しないと、秘書に続いて有罪必至だヨ。

悪役政治家の晩年も司法の世界に組み入れられると、裁判官との相性の点でツキに見放されているように見えるんだけど……。
(11/10)

罪状認否で裁判官から 「起訴事実」 という言葉を聞くのは3例目。
1例目は宇都宮地裁栃木支部で、2例目は福岡地裁久留米支部で(19/11)。

以前よりおやせになった? ヘアに膨らみなく、7:3分け。
口を開いているときはのっぺらぼうの無表情官吏。
口を閉じているときに表情を変える。
その時々の感情をわざわざ顔に出す。
他人への視線の向け方がおかしい。変。
相変わらず変わった人。コミュニケーションに障害を抱えた方?
いくら無罪判決を出そうが、社交性のない方とは関わりあいたくない(19/11)。

報道によると、2021年1月下旬、わいせつ電磁的記録有償頒布目的所持の罪に問われた被告人2名への法定刑を超える求刑に対し、ノーチェックのまま執行猶予付き判決を言い渡した。廷内のだれも気がつかなかったようだ。お粗末(21/2)。

● 求刑2年6月+罰金100万>上限2年+罰金250万

● 判決2年6月(猶予4年)+罰金80万>上限2年+罰金250万
● 判決2年6月(猶予5年)+罰金50万>上限2年+罰金250万

雨降る6月の金曜日だったと思う。
2022年か2023年かわからなくなった。
札幌まで渡って特段この方の裁判を見たいわけではないのに、
10時台の初公判は1件のみだったかな。選択肢が全然ないんだなぁ。
ひき逃げ事件で、一応被告人は認めてはいるのだが、本心はそうしたくないような態度を取って。
すると当裁判官がそれに機敏に反応して、ある指示を何度も弁護人に出したのだ。
それを伝えたいと思ったものの、書こうかどうしようかと迷ううちに月日ばかりが過ぎ去り、……。
ここにスペース確保(24/1)。







人事レース/最高裁の意思推察
これまで ≪霞が関⇔北海道≫ の異動を繰り返してきた。
次は北ではないはずなので、やがて訪れる異動の日に注目(11/10)。

東日本エリア現場担当刑事裁判官。
さいたまの次は “札幌” と予想しておこう(14/12)。

東日本エリア現場担当刑事裁判官。
≪東京→さいたま→郡山≫ と、徐々にではあるが日本の中心から離れていっている。
そろそろ高裁陪席の順番と思われるが、どうなりますやら(16/1)。

この次どうなるか。遅ればせながら、東日本の地方の部総括?(18/9)

どういうわけか高裁陪席を経験していないようだ。
なぜでしょうか。
本人が行きたくないのか、高裁が追っ払っているのか。
いずれにしても次は東日本の地方の部総括。
だから東京地裁で部の No.2 を務めるのはこれでラストになる(19/12)。

2020年12月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピーク直前を東京地裁刑事11部で No.2 として迎えている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
2021春、東日本の地方の刑事部の事務を総括する者に指名される(20/12)。

2021年4月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピークを札幌地裁刑事3部で迎えている。
東日本エリア現場担当刑事裁判官。
まさか札幌でトップを務めることになるとは。
最終的にどこかの地家裁所長まで行くのかな(21/4)。

(これ以前略)
2004春より4年間、東京地裁刑事17部へ。
2008春より3年間、旭川家地裁へ。
 1年目は刑事部 No.2/3 のポジション配置。
 2年目は刑事部 No.2/4。
 3年目は刑事部 No.2/3。その他3年間紋別支部でオールラウンドに対応。
2011春より3年間、東京地裁刑事11部へ。
 1、2年目は No.3/4。3年目は No.2/4 へ。
2014春、さいたま地裁第5刑事部 No.3/4 → No.3/5 へ。
2015春より3年間、福島地裁郡山支部刑事部トップへ。
 3年目より支部長へ。
2018春より3年間、東京地裁刑事11部 No.2/4 へ。
2021春、札幌地裁刑事3部トップへ。
(23/5)

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、2011年3月以降、少なくない裁判官から避けられてきたフシのある福島県内勤務の後は案の定、東京リターンでした。
「福島へ行ってくれたら次は東京へ戻すから」 と交換条件をささやいたのは最高裁事務総局人事局のどなたですか。
また、福島県内勤務を受け入れることに迷いはありましたか。
一方で東京地裁で刑事裁判を担当することにこだわる?理由は何ですか(18/9)。

2019年11月。開廷前の529法廷に入ると、高齢の男性書記官が自席で立ったまま、傍聴席方向を見ている。裁判官入廷までずっと同じ姿勢だった。
書記官は何をしているのですか。傍聴人の監視をしているのですか。井下田判事が書記官に傍聴人の監視を命じているのですか(19/12)。


伊藤寛樹裁判官≪50期≫


1審一部無罪 【24/1】 ★特定危険指定暴力団工藤会による5つの事件のうち、1つの事件について無罪 殺人など 初公判は2022年1月。裁判長は神原氏だった 裁判員裁判から除外★ at 福岡地裁

1審無罪 【17/3】 ★窃盗 被告人は boliviano ★ at 大津地裁

1審無罪 【11/1】 ★強盗未遂 コンビニたばこ強盗★ at 大阪地裁

1審無罪 【05/2】 ★業務上過失致死 交通事故★ at 大津地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
9:1くらい=視線を落として:文の終わりにかけて、被告人に視線を向け(09/11)。

4:1くらい=視線を落として:文の終わりにかけて、被告人に視線を向け(10/4)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた内容について、あなたの言い分はどうですか」(09/11)

「いま、検察官が読み上げた内容について、なにか言っておきたいことがありますか」(10/4)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後になにか述べたいことがあれば、どうぞ」(09/11)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
閉廷時には、「きょうはこれで終わります。お疲れさまでした」 と述べる。

開廷の際、「裁判官の不手際で遅くなりました」 と述べたことがある(09/11)。

口を開くときのトーンやや重い(09/11)。

「冤罪をつくる検察、それを支える裁判所」 (里見繁さん著 ㈱インパクト出版会) p143 に、当裁判官に関する記述あり(13/2)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p263 にお名前登場(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年4月、大津地裁刑事部 No.2 から部総括へと昇格した。地方の部総括就任適齢期かな?
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
神戸の刑事部総括までは到達しておかしくないように思うが、大阪のそれまではどうだろう?(17/4)

2020年12月現在、大阪高裁第5刑事部 No.4 のポジションに配置されている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
次は神戸か京都かといったところ(20/12)。

2021年6月現在、福岡地裁第3刑事部でトップを務めている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
主として関西エリア常駐から2021春、突然九州は福岡に振られて、2度目の部総括判事へと。この人事もよくわからない。
次はまた関西へ戻して、それからどうなるんでしょうね?(21/6)

丸田顕裁判官≪46期≫


1審一部無罪 【24/1】 ★麻薬及び向精神薬取締法違反のMDMAの営利目的輸入&関税法違反2件中、1件は無罪★ at 神戸地裁

1審無罪 【23/6】 ★麻薬特例法違反&関税法違反など 裁判員裁判★ at 神戸地裁

1審無罪 【21/10】 ★建造物侵入&窃盗★ at 大阪地裁

1審一部無罪 【18/12】 ★邸宅侵入&公然わいせつ&器物損壊は無罪 他罪で実刑★ at 福岡地裁

1審無罪 【16/9】 ★詐欺未遂 被告人は特殊詐欺事件荷物受け取り役 ヤフーニュース記事で毎日は判決に批判的ニュアンスを伴う法科大学院教授のコメントのみをわざわざ掲載 地元西日本は上の教授のコメントの一部を見出しに引用し特殊な判決であるかのように見せる 弁護人は丸田さんから無罪判決を引き出すツボを心得ているんじゃないかなぁ? あまりにもハマりすぎの感あり 今後検察控訴し、岡田さんのところに回って 「本件控訴を棄却する」 とでもなれば、法科大学院教授発狂するかも その後同月21日になり、1審名古屋地裁石井裁判官が同年3月の時点で 「被害者が詐欺と気づいた時点で詐欺の危険性はなくなり詐欺未遂は成立しない」 として 「だまされたふり作戦」 を否定していたとマスゴミ報道あった★ at 福岡地裁
→→→
 逆転有罪 【17/5】 ★覆される by 鈴木チーム/福岡高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【17/12】 ★ by 第3小法廷山崎チーム/最高裁

1審無罪 【16/4】 ★薬事法違反 危険ドラッグ販売★ at 福岡地裁

1審一部無罪 【15/11】 ★窃盗2件中1件と傷害は無罪 犯人特定の信頼性に問題あり★ at 福岡地裁
→→→
 逆転有罪 【16/8】 ★覆される by 林チーム/福岡高裁

1審無罪 【14/12】 ★心神喪失常習累犯窃盗★ at 福岡地裁
→→→
 逆転有罪 【15/10】 ★覆される by 福崎チーム/福岡高裁

1審無罪 【14/10】 ★外国人漁業規制法違反の領海内操業★ at 福岡地裁

1審無罪 【14/1】 ★相続税法違反 右片田(真)、左高島(剛)のチーム構成★ at 神戸地裁
→→→
 逆転有罪 【14/11】 ★覆される by 中谷チーム/大阪高裁

1審無罪 【13/11】 ★心神喪失の可能性を否定できない準強姦未遂★ at 神戸地裁

1審一部無罪 【13/7】 ★詐欺3件中、1件は無罪 合格口利き詐欺★ at 神戸地裁

1審主要パート無罪 【12/3】 ★組織犯罪処罰法の組織的詐欺は無罪★ at 神戸地裁

1審無罪 【12/2】 ★組織犯罪処罰法の組織的殺人 裁判員裁判13件目の無罪判決 検察控訴★ at 神戸地裁
→→→
 逆転有罪 【14/1】 ★覆される by 的場チーム/大阪高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【15/6】 ★ by 第1小法廷小池チーム/最高裁

1審一部無罪 【10/12】 ★窃盗は無罪★ at 名古屋地裁岡崎支部
→→→
 逆転有罪 【11/7】 ★覆される by 下山チーム/名古屋高裁

1審無罪 【07/3】 ★業務上過失傷害 交通事故★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(17/12)。

黙秘権告知中の視線
(朗らかな表情で語りかけるように)ほぼ、被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし(12/3)。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「~それで不利に扱われることは決してありません」 と明言した(17/12)。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた公訴事実について、どこか間違っていると思うところはありましたか」(12/3)

最終意見陳述を促す文言
「これで裁判が終わることになります。最後に特に付け加えて述べておきたいことがあれば、短く述べてください」(12/3)

「これで裁判は終わることになりますが、最後にあなたのほうから付け加えて述べておきたいことがもしあれば、述べてください」(17/12)

控訴期間の告知
「明日から数えて2週間以内に」
「きょうから数えると15日以内となります」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁&神戸地裁&福岡地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
≪信用したい→信用できる≫ へ格上げ(13/11)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
ぜひぜひ、お願いいたします。

その他
審理を一方的に進めるのではなく、被告人に対しこれから行われようとすることをとても丁寧に説明する。
被告人にきちんと口頭で伝達する姿勢と上の無罪判決は直結している(12/3)。

Exa. 人定質問の後、簡単な自己紹介をする。
「私は裁判官のマルタと言います。これからあなたに対して、裁判を始めることとします」
Exa. 「(検察官冒頭陳述前に、被告人に視線を向け)検察官が立証しようとする事実を証明しますので、聞いてください」
Exa. 「(証拠の要旨告知前に、被告人に視線を向け)検察官が証拠の内容を証明しますので、聞いてください」

ふっくら顔のおじさん裁判官。茶髪&カラーシャツ。ただし、茶髪がお似合いかどうかは微妙。
もっとも日本人男性で茶髪の似合っている人など見たことがない(12/3)。

福岡地裁4号法廷で、傍聴人として初の奇妙な体験をした。当裁判官が事態に気づいて書記官に指摘して、……。何だかわかります?(17/12)

2019春以降、大阪発の当裁判官絡みの刑事裁判ニュースを全く見かけないのはなぜだろう?(20/12)

2つ上の件を以下に記す。
傍聴席への入り口が施錠されていたことは同一だが、その後の対応が異なる(24/1)。

私の体験 20171219 福岡地裁(現在の場所にあらず)1階4号コート 丸田裁判官 10時からの道交法新件 即日結審即判決宣告 1階通路にはだれもいなかった。私が何度かドアの取っ手を動かしていると、裁判官が気づき女性書記官を入口に向かわせて施錠を解いた 私が入室した時点で、経過タイム不明 やり直しなんかしなかった。おそらく上に報告していない。裁判所は調査していないから公表していないはず。だからだれも知らないのでは 丸田氏は当時のことを覚えていないと思う。重大なことなどとは認識していなかったはずだ 傍聴席には証人を務めたと記憶する被告人の妻ひとりのみがいた。この女性が傍聴席入室の際、誤ってカギをかけてしまったのではないかと勝手に推測している。

報道から 20240110 山形地裁 島田裁判官 裁判所が公表した 施錠の理由判明している 報道によると職員が気づいた やり直しをした 報道によると傍聴人はいた。

人事レース/最高裁の意思推察
異動に際立った特徴なし。ホームグラウンドが定まらず。これから、これから(12/2)。

広範囲に異動を繰り返す現場担当刑事裁判官。
高裁陪席や地方の部総括には就かず、都会の裁判所で部内 No.2 を務めるのがパターンだ。
今後最高裁が当裁判官にどういう道筋を示すのか、注目している(14/10)。

2017年12月現在、福岡地裁第1刑事部 No.1 を務めている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
次は神戸、広島、大阪のいずれかと読むが、高裁陪席を経験していない点は引っかかる(17/12)。

2020年11月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁第13刑事部で迎えている。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
今後? わからない(20/11)。

2022春、刑事裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁13刑で終え、大阪高裁6刑 No.2/3 のポジションへ。初の高裁陪席かな?
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
今後は神戸か京都あたりか(22/4)。

2023春、神戸地裁第4刑事部トップへ。
西日本エリア現場担当刑事裁判官。
いずれどこかの高裁刑事部の事務を総括する者に指名されるかどうかが今後の見所となる(23/4)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、大阪地裁第13刑事部の開廷表から書記官名を隠しているのはなぜですか(20/12)。

小泉健介裁判官≪新62期≫


1審無罪 【24/1】 ★組織犯罪処罰法の犯罪収益等収受★ at 大阪地裁

1審無罪 【23/1】 ★傷害 担当弁護人の名をこれから目にする機会が増えそう★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
2022年4月以降、大阪地裁第5刑事部 No.3/4 のポジションに配置されている。
ホームグラウンドがまだ定まらない現場担当刑事裁判官。
これから大きく飛躍するか(23/1)。

山田裕文裁判官≪51期≫


1審無罪 【24/1】 ★強制性交等★ at 大阪地裁

1審無罪 【07/4】 ★業務上過失傷害 交通事故★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(16/4 高知異動後初舞台にて)。ただし起訴状が読まれた後、罪状認否の直前に確認した。

黙秘権告知後、受領の有無を尋ね、続けて 「よく読みましたか」 と踏み込んで確認する(16/6)。

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け(16/4 高知異動後初舞台にて)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、読まれた各事実の起訴状は受け取っていますか。よく読みましたか。ここに書かれている事実、間違いがあるのかどうか、その点いかがですか」(16/4 高知異動後初舞台にて)

最終意見陳述を促す文言
「以上でね、この審理をすべて終わることになりますが、被告人自身、最後に言っておきたいことがあれば言ってください」(16/4 高知異動後初舞台にて)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁八王子支部&高知地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
スマート(16/5)。

壇上からご覧になられて一目瞭然ですが、刑事204法廷傍聴席1列目の記者席に新聞記者などおりません。
常時、記者などおりません。
常時、ひとりの記者もおりません。
裁判員裁判においても、数名の記者しか来ません。
でしょ?
傍聴席1列目12席がすべて埋まったことなど、一度も見たことないのではありませんか。
常時、傍聴席のいすに記者席のカバーをかけておく必要などありません。

記者席カバーの撤去をお願いいたします(18/7)。


2018年11月の高知地裁58回目の裁判員裁判。
判決宣告の際、記者席にいたのは地元紙の女性記者1名。
1列目の記者席トータル12席中、-1の11席に人がいなかった。

法廷にほとんど来ない新聞社ならびに放送局に常時、記者席のフリーパスを与える必要などありません。
記者席カバーの撤去をお願いいたします(18/11)。


高知地裁で見た当裁判官を長とする本気度Maxの刑事裁判について記さないといけないと思いつつ、何年も経過してしまった。
一応、スペースを用意しておこう(24/1)。




人事レース/最高裁の意思推察
2021年6月現在、大阪高裁第3刑事部 No.5 のポジションに配置されている。
関東でも関西でもワークする本拠地が定まらない現場担当刑事裁判官。
いずれまた地方の刑事部トップへ(21/6)。

2022年4月現在、大阪高裁第3刑事部 No.4/4 のポジションに配置されている。
高裁陪席4年目に突入した。
関東でも関西でもワークする本拠地が定まらない現場担当刑事裁判官。
いずれまた地方の刑事部トップへ(22/4)。

2023春、大阪地裁第6刑事部トップへ異動し、刑事裁判官として地裁段階でのピークを迎えている。
近年は西日本エリアを主戦場とする現場担当刑事裁判官。
大阪高裁で4年間も陪席に留め置かれ、一見死んだかのように見せかけた挙句、一気に関西の頂点へ駆け上がった。
地方のトップどころか京都も神戸も蹴飛ばしたわけだ。
≪陪席4年→大阪刑事のトップ≫ 行きを命じた天からの声に驚いている。
いずれ大阪高裁刑事部の事務を総括する者にまで指名される可能性が出てきたようだ(23/4)。

早く更新をせねば


☆ 少しずつ片づけていくことにしますね。

Top

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード