日本の刑事裁判官

今井理裁判官≪53期≫


起訴状受領の確認
しなかった(15/11)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「ずっと黙っていても、不利な扱いを受けることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読んだ事実について、どこか違っていると思うところはありますか」(15/11)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終わって次回判決ということになります。最後になにか述べておきたいことがあれば述べてください」(15/11)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 札幌地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
廷内関係者がそろいさえすれば、即スタート。13時20分開廷予定の判決は同21分に終了。13時30分開廷予定の新件も同28分にはスタートしていた(15/11)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p287 にお名前登場。 「福井女子中学生殺人事件」 の再審請求異議審で再審開始決定を取消す決定に関与していたとは……(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
いまのところ、現場担当刑事裁判官。
大都市勤務ばかりなので、最高裁は出世させたいのでしょう(16/5)。

« 大森直子裁判官≪50期≫|Top|設楽篤裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード