日本の刑事裁判官

柴田憲史裁判官≪52期≫


1審無罪 【16/3】 ★薬事法の指定薬物販売目的所持×被告人は2名★ at 岡山地裁津山支部
→→→
 1審破棄、差し戻し 【16/10】 ★差し戻される by 大泉チーム/広島高裁岡山支部

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
西日本エリア現場担当民事裁判官なのでパス(16/6)。

« 大村陽一裁判官≪51期≫|Top|佐伯恒治裁判官≪46期≫ »

コメント

性同一性障害特例法

承認されるかわかりませんが、もう一度続きを書きます。手術など無しに自認する性別で生きる自由は、基本的人権として尊重されるべきである。近年、欧米諸国では、この法案件から、手術要件を外すようになってきている。日本はあらゆる案件において、大昔に作られた法に縛られすぎる、現代の時代に応じた法に改正されていかなければならない。日本はそれがなさすぎる。

性同一性障害特例法

性同一性障害特例法は断じて違憲である。卵巣摘出は、人それぞれ考え方がある。それを、強要する法はゆれされていいはずがない。手術は身体へのダメージ、コストなど、多大な労苦を強いるもの。柴田憲史裁判官は、論理的に上からの目線でしか判断していない。本人の身になっていない。わたしは、柴田憲史裁判官を許さない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード