日本の刑事裁判官

多見谷寿郎裁判官≪36期≫


逆転有罪 【16/8】 ★道交法の酒気帯び運転×酒気帯びの認識あったと判断して有罪へ★1審・那覇地裁/安原裁判官の無罪判決を覆す at 福岡高裁那覇支部

………………………………………………………………………………

地裁で裁判員裁判の経験
なし。

………………………………………………………………………………

その他
2015年秋の那覇への異動に関して、辺野古代執行前の人事に憶測飛ぶ 高裁支部裁判長:朝日新聞デジタル(2015年11月18日3時)と題する沖縄タイムス発朝日経由の記事が国寄りの判決を導くための人事なのかどうかにスポットを当てているものの、ふだん民事の人事に注意を払っていないのでなんとも言えない(16/8)。

人事レース/最高裁の意思推察
現場担当民事裁判官。
東京地裁刑事部総括を経ないで高裁支部長のポジションに送り込まれたことなどから、36期で2番手クラス以下の扱いを受けているとわかる。
過去にどれほど刑事裁判に携わっていたかについてはわからない(16/8)。

« 平鍋勝裁判官≪期≫|Top|三貫納有子裁判官≪60期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード