日本の刑事裁判官

中川卓久裁判官≪54期≫


最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わりますが、最後に話しておきたいことがありますか」(16/9)

控訴期間の告知
「2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 神戸地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
≪開廷数と傍聴人数がアンバランス。ホントに裁判の数は少ないのに、傍聴人はわんさか≫。
これが神戸地裁本庁刑事裁判実施状況への私の印象。
午前中、新件40分枠2件。午後に新件60分枠1件。私が訪れたその日の当裁判官の開廷数だ。

(現状)
午前10時→10時40分 過失運転致傷(新件)
午前10時40分→11時20分 窃盗(新件)

神戸地裁本庁に詰める刑事裁判官は楽に見える。時間にゆとりがあるように見える。
でも、新件40分枠設定を続ける。一向にやめる気はないみたい。
11時20分から12時まで時間を空けなければいけない理由が本当にあるのだろうか。

中川さん、お高く留まってないで、被告人と弁護人に駆け足審理を強いる理由を説明してくれませんか(17/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これからだ(17/5)。

« 吉井広幸裁判官≪43期≫|Top|小川利行裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード