日本の刑事裁判官

女性裁判官不在の裁判所 ・ その1


★ 国内でただ1か所、女性裁判官が赴任しなくなった地方裁判所があるようだ。

  以下、その裁判所の近年の女性裁判官在籍&異動状況まとめ。

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

2010年春(このころはノーマルだったね)

堀部麻記子裁判官…●●勤務3年目突入→翌2011春終了(計3年間●●でワーク)
明日利佳裁判官…●●勤務3年目突入→翌2011春終了(計3年間●●でワーク)
小西安世裁判官…●●勤務3年目突入→翌2011春終了(計3年間●●でワーク)
安福幸江裁判官…●●勤務2年目突入
齋藤紀子裁判官…●●勤務2年目突入
目代真理裁判官…●●勤務1年目
藤永かおる裁判官…●●勤務1年目
白井恵梨裁判官…●●勤務1年目
今村あゆみ裁判官…●●勤務1年目

2011年3月…大地震

2011年春(まだノーマル)

安福裁判官…3年目突入→翌2012春終了(計3年間●●でワーク)
齋藤裁判官…3年目突入→翌2012春終了(計3年間●●でワーク)
目代裁判官…2年目突入→翌2012春終了(計2年間●●でワーク)
藤永裁判官…2年目突入→翌2012春終了(計2年間●●でワーク)
白井裁判官…2年目突入
今村裁判官…2年目突入
新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2012年春(減少傾向へ)

白井裁判官…3年目突入→翌2013春終了(計3年間●●でワーク)
今村裁判官…3年目突入→翌2013春終了(計3年間●●でワーク)
新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2013年春(野郎ばかり)

新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2014年春(野郎ばかり)

新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2015年春(野郎ばかり)

新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2016年春(野郎ばかり)

新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

2017年春(野郎ばかり)

新入り女性裁判官ゼロみたいですよ

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

この勤務状況がいかに奇妙か、●●周辺の裁判所に目を転じてみるとはっきりする。
●●に隣接する6県はどうなんだと。

2011年春以降、宮城県の仙台地裁、山形県の山形地裁、新潟県の新潟地裁、群馬県の前橋地裁、栃木県の宇都宮地裁、茨城県の水戸地裁に所属する女性裁判官についてチェックしてみた。
すると女性裁判官は少なくとも1名以上、各地裁に在籍していた。
おひとりもいないなんてことはどこの裁判所でもどの年度においてもなかった。

●●県ホームページによると、2017年6月1日の時点で県人口は1,885,709人と推定されている。
同時点における似かよった人口を有する県とも比較しておこう。

西日本に位置する岡山県は県ホームページによると人口1,909,814人と推計される。
それでは岡山地裁管内の女性裁判官数はどうなっているのか。
性別が判然としないお名前の方まで含めると、8人前後の女性裁判官が裁判所ホームページから見つけられる。
人口約188万人住んでいるところに女性裁判官ゼロのあの県。
人口約190万人住んでいるところに女性裁判官8名前後の岡山県。

もうひとつサンプルを掲げる。
中部地方の三重県人口は県ホームページによると1,800,043人と推計されている。
同様に津地裁管内の女性裁判官名をピックアップすると少なくとも9名引っかかる。
人口約188万人住んでいるところに女性裁判官ゼロのあの県。
人口約180万人住んでいるところに女性裁判官少なくとも9名在籍する三重県。

やっぱりおかしいって。

次に裁判所よりも上部機関?の検察庁の動きをまとめておきたい。

その2へ続く。

« 女性裁判官不在の裁判所 ・ その2|Top|大川隆男裁判官≪51期≫ »

コメント

Re: タイトルなし

地元のマスゴミ連中は気づいていると思う。でも黙ってるのかな。

これは興味深い発見。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード