日本の刑事裁判官

女性裁判官不在の裁判所 ・ その4


                  ◆◆ 各方面にお尋ねいたします 2 ◆◆

女性裁判官のみなさまへ

私の調べでは2013年以降、福島地方裁判所において女性裁判官の姿が見えなくなっています。
なぜ、女性裁判官は同地裁で勤務しなくなったのでしょうか。

福島県ホームページによると、人口約188万人のうち、女性は約95万人となっています。
約95万人の同性が県内で地に足をつけて生活しているというのに、国家公務員の女性裁判官は同県内にゼロです。
私の勝手な推測では 「福島県で働き、居住し、生活することにリスクがある」 と捉えているから、もしくは思考停止に陥り、頭から敬遠しているためとみます。
いかがでしょうか。

もし前者だとすると、何を根拠にそう判断するに至ったのでしょうか。
一般人が見ることのできない極秘資料などを手にした結果、そうした結論に至ったのでしょうか。

「あたしたちは福島では働かない」 という意思を女性裁判官全体で共有しているのでしょうか。
「福島県で働く気はないけど、それ以外ならオッケーよ」 という具合に、女性陣営は勤務地について意思統一されているのでしょうか。

人間の男よりはるかに強い女性裁判官は事実上、福島地裁で勤務することを拒否していると理解してよろしいですか。
でも、目に見えない何かを恐れている女性裁判官は事実上、勤務地のえり好みを許されていると理解してよろしいですか。

国家公務員が働く場所を自らより分けて、「福島県の方々だけにはご奉仕いたしません」 と宣言しているように見えます。
これはもう、女性裁判官が特権階級に属していることの証明ではありませんか。

先ごろまで福島家裁所長を務められた方(退官)が裁判所ホームページ内、 “所長の紹介” のページで以下のように挨拶をされていた。

~~東北地方の勤務は今回が初めてです。もっとも,長女が,福島市で社会人としての第一歩を踏み出し,同市で東日本大震災や原発事故にも遭遇した関係で,同女から,福島について,その自然のすばらしさ,人情の豊かさ,原発事故の深刻さ,復興に向けての懸命の努力などを聞き及んでおり,それ以来,福島に愛着を感じるとともに,連帯感に近い感情を抱いておりました。今回,ご縁をいただき,私自身が福島に勤務する機会を得ることができて,とても嬉しく思っております。~~」(執筆は2015年後半)

裁判官人生の最終盤で人事面による嫌がらせを受けた定年間際の方が求めて福島赴任に積極的な姿勢を示された。
怒りや落胆の気持ちを伏せて、 ♡福島♡ で切り返す。
組織からの押し切りに対し、見事なうっちゃりが決まった。

女性裁判官のみなさんはなにも感じないのですか。

« 栃木力裁判官≪33期≫|Top|女性裁判官不在の裁判所 ・ その3 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード