fc2ブログ

日本の刑事裁判官

後藤有己裁判官≪53期≫


差し戻し審逆転有罪 【18/4】 ★薬事法の指定薬物販売目的所持★1審・岡山地裁津山支部/柴田裁判官の無罪判決を覆す at 岡山地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
しなかった(19/9)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「(被告人を着席させたまま)いま、検察官が読んだ事実は間違いないですか」(19/9)

最終意見陳述を促す文言
「(被告人を発言席に着席させたまま)以上で審理を終えます。審理を終えるに際して、なにか述べたいことがあれば述べてください」(19/9)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官は信用しない(21/1)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官には裁かれたくない(21/1)。

その他
全般的に早口進行(19/9)。

人事レース/最高裁の意思推察
近年は西日本エリア現場担当刑事裁判官。
地方は岡山の刑事1部でトップを務めている。
次回の異動で東京に戻したら、大いに出世させるのでは(18/9)。

2019年10月現在、大阪地裁第8刑事部 No.2/3 のポジションに配置されている。
東京スタートも、近年は西日本エリア現場担当刑事裁判官。
そこそこは出世させそうだが、それ以上があるかどうかわからない(19/10)。

2021年7月現在、大阪地裁令状部と8部双方に籍を置いているようだ。詳しいこと不明。
近年は西日本エリア現場担当刑事裁判官。
そこそこは出世させそうだが、それ以上があるかどうかわからない(21/7)。

2019年春に大阪地裁に異動し、2年間は第8刑事部所属。
3年目の2021春より、当初は8部と令状部双方にお名前があったが、いつからか8部から退き令状部所属となった。
4年目に突入した2022春以降も令状部に属しているようである。
今後どう処遇されるのだろう?(22/6)

大阪地裁刑事での4年間を ≪第8刑事部で2年+令状部で2年≫ とは意味不明(23/5)。

2023春、広島地裁刑事第二部トップへ異動し、刑事裁判官として地裁段階でのピークをおそらく迎えている。
近年は ≪大阪⇔中国地方≫ を行き来する現場担当刑事裁判官。
ここらあたりが天井と思われるが(23/5)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
真正面から単刀直入にお尋ねしますが、大阪地裁刑事8部開廷表から書記官名を隠しているのはなぜですか。
書記官の好き勝手を放置しているのはなぜですか。
書記官を指導・監督する能力がないのでしょうか(19/6&19/9&19/10&20/12)


« 梅沢利昭裁判官≪51期≫|Top|井野口攝裁判官≪期≫(退官) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード