日本の刑事裁判官

彦坂孝孔裁判官≪32期≫(退官)


1審一部無罪支持 【13/11】 ★強制わいせつ1件と強姦未遂の無罪維持×双方の控訴を棄却★1審・金沢地裁/手崎チームの一部無罪判決を支持 at 名古屋高裁金沢支部

1審無罪 【07/8】 ★覚せい剤の密輸×スイス人女性★ at 千葉地裁

再審開始決定 【05/9】 ★布川事件×第2次再審請求★ at 水戸地裁土浦支部

1審無罪 【03/4】 ★強制わいせつ致傷★ at 水戸地裁土浦支部

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
3:2くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(09/6)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実ですけれども、どこか間違っている点はありますか」(09/6)

最終意見陳述を促す文言
「これでこの事件の審理を終了することにしますが、最後に裁判所に、更になにか述べておきたいことがありますか」(09/6)

ライヴ傍聴した裁判所
at 水戸地裁土浦支部&千葉地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

その他
被告人に対し、命令形を使うことが多い。

土浦でも千葉でも、とっつきにくい方のように見えた。

「「無罪」を見抜く」(木谷明さん著 岩波書店)p341に、当裁判官に関する記述あり。称賛の言葉が述べられている(14/1)。

人事レース/最高裁の意思推察
2014年1月現在、刑事裁判官としての地裁段階のピークを千葉地裁本庁で終え、高裁での第一歩を名古屋高裁金沢支部で送っている。
私の脳内では東京高裁陪席発金沢行きは予測不可人事だった。

近年は東日本エリア現場担当刑事裁判官。

今後、同支部長に昇格後、高裁本庁刑事部総括に転じるなら仙台か札幌になるが、2つの高裁部総括からのバトンを受け取るタイミングが支部長卒業のそれと合わないのでは? ならば思い切って名古屋高裁本庁の刑事部総括に昇格させる手もありか。現刑事第1部総括の定年退官時と金沢支部長を卒業すべきタイミングはほぼ一致するのだから。
いずれにせよ、同期の本流を歩む刑事裁判官と対比して、やや傍系に位置づけられるポジションに配置されることになるだろう。
最高裁のある東京から見渡して、やや格下だなと思われる土地で勤務させられることになると展望する(14/1)。

名古屋高裁金沢支部刑事部総括から同高裁同支部長へ昇格後2か月ちょっとで依願退官。
裏街道を通ってきた裁判官がいったいどこまで出世するか、また ≪福井女子中学生殺人事件≫ の再審請求への対応いかんによっては 「再審請求請負人」 の異名も、と想像していたがすべてパーになってしまった(15/1)。

« 田島清茂裁判官≪35期≫|Top|相羽篤裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/299-b67a9fe8

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード