日本の刑事裁判官

倉澤千巌裁判官≪33期≫(退官)


1審無罪 【08/3】 ★業務上過失致死×交通事故★ at 横浜地裁

1審無罪 【07/1】 ★業務上過失致死×交通事故× 「どうして私が「犯人」なのか」(亀井洋志さん著 宝島社)p263ほか★ at 横浜地裁
→→→
 逆転有罪 【07/9】 ★覆される by 田中チーム/東京高裁

………………………………………………………………………………

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜地裁&東京高裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
≪東京地裁立川支部>前橋地裁≫ を前提にすると、2013年5月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁立川支部で迎えているとなる。
もしも ≪前橋地裁>東京地裁立川支部≫ ならば、2013年5月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを前橋地裁で終え、高裁陪席を経て東京地裁立川支部へ下っているとなる。
前者で間違いないと思うんですがねぇ。

東京高裁管内現場担当刑事裁判官。
もうこれ以上、出世は望めないだろう。
いずれ首都圏近郊の裁判員裁判をしない支部で、裁判官人生の幕を下ろすのでは?(13/5)

« 高木俊夫裁判官≪14期≫(退官)|Top|峯俊之裁判官≪38期≫ »

コメント

痴漢冤罪裁判の象徴というべきとんでも判決を残したことがことが、ある意味最大の功績

まさか裁判官人生を全うすることもなく痴漢冤罪を有罪に仕立て上げて逃走するとはね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/350-06536bd8

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード