日本の刑事裁判官

阿部浩巳裁判官≪40期≫


1審無罪 【15/4】 ★心神喪失窃盗★ at 東京地裁立川支部

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
9:1くらい=(ペンを持った手を動かしながら)下など、いろんなところに視線を向けながら:告知の最後の最後だけ、被告人に視線を合わせながら。声は明瞭(09/8)。

黙秘権告知中に……
「~(質問に)答えなかったからといって、不利益に扱われることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読み上げた公訴事実について、どこか違っているというところはありますか」(09/8)

最終意見陳述を促す文言
「これで本件の審理を終わることになりますが、最後に特に述べておきたい点があったら、述べてください」(09/8)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁八王子支部&横浜地裁川崎支部

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用しない。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない。なんだかよくわからない裁判官なので(15/4)。

その他
顔付きが一般的な裁判官のそれとはちょっと違う。

視力が悪いのか、文字を追っかけているときは必ず、前かがみ。姿勢が悪すぎる。どうしても印象点が低くなる。

被告人の最終意見陳述中、手帳を開き、目を落としている。一応、話を聞いているようではあるが、その一方で判決期日の当たりをつけている。

新件を原則、40分枠に設定。マトモな審理ができるわけがない。

被告人への指示は下を向いたまま、ほぼ命令形。

「被告人、証言台のとこ(ろ)、立ちなさい」
「検察官が起訴状を読み上げますので、その場で聞いてなさい」
「次回期日を●日に指定しますので、出頭しなさい」
「元のとこ(ろ)、腰掛けて聞いてなさい」
「被告人、証言台のとこ(ろ)、立ってくれるかな?」(例外)

人事レース/最高裁の意思推察
2015年4月現在、東京高裁管内現場担当刑事裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁立川支部で迎えている。
その立川では、裁判官人生初の部総括を務めている。
一仕事終えた裁判官が集まる支部に部総括を務めたことがない裁判官が送り込まれた。どこかの地方裁判所ですでに頂点に達した裁判官が 「いやぁ、ご苦労だったね」 と肩を叩かれながら配置される支部に、40期の出世路線から外れていると判断できる裁判官が初の部総括として配属された。
枠に収まりきらず、むしろはみ出しているように見える裁判官がぎりぎりのタイミングで部総括に据えられたこと、その場所がなんと都内立川だったこと。この2点においてびっくり人事だったネ。

今後? 首都圏の西側で勤務したい理由があるとすると候補地はかなり絞られよう(15/4)。

« 松本英男裁判官≪58期≫|Top|蒲田祐一裁判官≪55期≫ »

コメント

先日、この裁判官の裁判を傍聴しました。
立川支部での窃盗事件(新件)です。

確かに下を向いていたような印象はありますが(他にもそういう裁判官は多いのでそれほど気になりませんでしたが)、命令調ではありませんでした。

それよりもまず驚いたのが、被告人(勾留中)への人定質問の際の呼びかけが「被告人」ではなく、「出頭した人、証言台へ出てください」と言ったことです。
そして質問が終わると、「起訴されている本人と確認できたので、これからは「被告人」と呼びます」とわざわざ言いました。
もはや形式化している人定質問をここまで丁寧に行うのを始めてみました。
こういうのって珍しくないのでしょうか?

あとは被告人が書いた謝罪文や反省文を、被告人に直接朗読させるように弁護人に行っていました。
被告人の生の声を聴こうとしている姿勢に見えましたが…

とはいえ、途中で退出してしまったので、これだけでどのような人化は判断できませんが…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/513-e790c8bb

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード