日本の刑事裁判官

青木裕史裁判官≪49期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読した公訴事実について、間違いはありますか。ありませんか」(09/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終結して、次回には判決の言い渡しをいたします。最後に言っておきたいことがありますか」(09/12)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 前橋地裁

………………………………………………………………………………

その他
午後から傍聴した。
13時10分からの判決。
定刻前に廷内準備 OK なのに、裁判官姿を現さず、3分半遅刻。
裁判官 「お待たせしました」

続く14時からの新件では、定刻前に登場。
ところが15時からの新件においては、定刻前に廷内準備万端にもかかわらず、9分半遅れで登壇した。
追起訴があるため、初公判は20分ほどで終了。あぁ、やっぱり。

ずいぶん時間にルーズですネ。
(09/12)

2005年春、千葉地家裁松戸支部に判事補として登場し、2年後には判事に昇格。
その翌年には松戸から前橋本庁へ異動した。
松戸勤務以前は何をされていた方だろう?

« 天野登喜治裁判官≪32期≫(退官)|Top|松本有紀子裁判官≪47期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/557-c4dc8608

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード