日本の刑事裁判官

多田裕一裁判官≪53期≫


黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向けつつ、一方で手元の書類をめくりながら(10/3)。

黙秘権告知中に……
「~質問に答えないからといって、不利に扱われることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「(やや早口で)~なにか事実に違うところはありますか」(10/3)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
午後一の404法廷にて、担当する裁判官は多田裁判官と 「開廷表」 に明記されていたが、実際に登場したのは遠藤裁判官だった(09/11下 at 大阪)。

通常使用されていない?505法廷前に、15時10分から新件ありと掲示あり。担当は多田裁判官だ。ところが、1階の 「開廷表」 の束にはその裁判があることを知らせるペーパーはない。午前9時台と午後4時30分ごろの計二回チェックしたが、見当たらない。つまり、1階の 「開廷表」 の束だけ見ても、すべてを掌握することはできない。
大阪地裁ならびに刑事13部はどうなってるの?
(10/3中 at 大阪)

« 武田正裁判官≪49期≫|Top|幅田勝行裁判官≪44期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/580-5f11594b

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード