fc2ブログ

日本の刑事裁判官

大善文男裁判官≪38期≫


とりあえず祝!再審開始決定支持 【23/3】 ★袴田事件 第2次再審請求差し戻し審 検察特別抗告するかどうか★静岡地裁/村山チームの再審開始決定を支持し、検察の即時抗告を棄却 at 東京高裁

1審無罪支持 【22/11】 ★爆発物取締罰則違反の製造と使用&銃刀法の組織的発射&建造物損壊 被告人は革労協反主流派活動家 右寺沢(真)、左岡田(龍)のチーム構成★1審・東京地裁/浅香裁判長 with 裁判員チームの無罪判決を支持 at 東京高裁

1審破棄、審理を簡裁へ移送 【22/9】 ★2016年に明治神宮外苑のイベント会場で木製オブジェが燃え、5歳の男の子が死亡するなどした火災 重過失致死傷 「重過失までは認定できず、過失致死傷罪にとどまる」★1審・東京地裁/下津チームの有罪判決を破棄 at 東京高裁

1審無罪 【12/4】 ★政治資金規正法の政治資金収支報告書の虚偽記載 被告人は現職国会議員の小沢一郎氏 検察不起訴→検察審査会の議決により強制起訴 日刊ゲンダイの勝利 ひょっとして、裁判官人生初の無罪言い渡し???★ at 東京地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
3:2くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(10/12)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読んだ事実について聞きますが、読んだ事実はいかがですか。違っているところなどありますか」(10/12)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終わって、次回期日には判決を言い渡すことになりますが、審理を終わるにあたって、最後になにか述べておくことはありますか」(10/12)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

上告期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&東京高裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決とほぼ無縁の裁判官は信用しない(21/6)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決とほぼ無縁の裁判官には裁かれたくない(21/6)。

その他
目立たない裁判官(21/6)。

人事レース/最高裁の意思推察
2011年9月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピークを東京地裁本庁で迎えている。
すなわち、東京高裁刑事部総括への優先チケット保有者だ。

38期の刑事裁判官で同総括を狙えるポジションにつけているのは近藤氏、三浦氏、吉村氏、そして大善氏の4名。
頂上到達を許されるのは4名全員というわけにもいかないだろう。

大善裁判官の経歴からのセールスポイントは≪◎高裁事務局長歴あり≫≪◎司法研修所教官歴あり≫≪◎支部勤務なし≫≪◎田舎勤務は出身地の高知だけ≫といったところ。
最高裁が先を見越し、他の裁判官とは一線を画した待遇をしていると容易にわかる。

この先、どこかの地家裁所長ならびに高裁陪席を経て同ポストに至ることになんら違和感はないが、もしもそうならなかった場合、どういう処遇が待っているのか興味深い(11/9)。

2021年6月現在、東京高裁刑事2部でトップを務めている。
≪現場⇔ハイクラスポジション≫ 担当刑事裁判官。
現ポジションのまま定年退官を迎えるのか、あるいはもっと上のランクに昇進するのか、よくわからない(21/6)。

« 三村三緒裁判官≪50期≫|Top|和田真裁判官≪37期≫(退官) »

コメント

Re: 定年まであと1年半

子どものころは甘口が好きでも、おとなになると自然に辛口も口にするようになるのかなと。
裁判官や検事は権力者なので、これからも辛口志向でいきたいと思います。

Re: タイトルなし

伊藤さんと比較すると事件についてなにも知らないに等しいので、私はコメントを控えます。
伊藤さんの推理が正鵠を得ているのかどうか、検察が採点をしてくれればいいのにね。

以上書き直しました。失礼しました。

定年まであと1年半

意外と辛口評価なのですね(笑)。

定年まであと1年半、今のポジションで定年を迎えることがはっきりしてきたので、この後、たくさんの無罪判決を出すと予想しています。

では私の見解を述べさせていただきます…。(もし、お気を悪くされたのなら申し訳ありません。)
私も東京高検が特別抗告を断念したのはある複数の理由で果断であったと思います。
それは何かというと、消極的な理由としてですが、(あくまで私の恣意的目線ではありますが)「検察は単純に弁護団のみならず世論と国会に屈服し、更に言えば法務省も含む霞が関全体からも見放され、四面楚歌となり不服申立てをしようにも出来なかった。」からではないかと感じたからです。…しかし、もしそうであれば、ある種の薄気味悪さも感じます。最近の再審事件の傾向を見ていると、高裁までで再審開始決定が出た事件について検察官は殆ど特別抗告を行っているからです。(そのうちの大崎事件に至っては認められている。)
一方、東京高検は少なくとも事実認定という点に関しても、大善決定にある程度の不満があったのは間違いないと思います。しかし、東京高検は全くそれを受け入れなかった訳でもないとも思います。
最近の再審事件で高裁で再審開始決定がなされ、検察官が特別抗告しなかった事件は「東住吉事件」です。この事件には今回の袴田事件の差し戻し即時抗告審決定とこのような共通点があると思います…それは「検察官の推薦鑑定が弁護団の無罪主張を却って補強してしまった。」ということです。
静岡地検は労を惜しまず味噌漬け実験を1年以上も行いましたよね。しかし、それは誰がどう見ても弁護団の主張を裏付け得るものになってしまった。大善決定でも明確にそのことは指摘されているようです。
つまり、今回東京高検が特別抗告出来なかったのは、本来自分たちは訴追立証官であるのに、その責務と逆説的な状況に陥らせてしまったという負い目もあるのではないかと思うのです。
そして、やはり時間がかかり過ぎということでしょうね。単純に今後特別抗告が認められないだろうし、いたずらに時間をかけるのは迅速公正な裁判を実現する刑事訴訟の理念に反するため、自分たちの正義真実と違う結論だとしても受け入れざるを得ないと覚悟を決めたのかもしれません。
敢えて検察官の立場でこの事件とどう向き合っているか思索を巡らせた次第です。長文失礼しました。袴田事件に関しての私の意見はこれで終わらせて頂きます。今後一市民として再審を見守っていきたいと思います。

Re: タイトルなし

特別抗告して先延ばしをしても、もう勝ち目はないのではありませんか。
いつまでも抵抗をしていると、国民の脳内に検察へのダーティーイメージが定着しますよ。

そろそろ袴田家のお二人を刑事裁判から解放してあげましょう。
自腹でアシストしておられる周囲の方々もお役御免でいいのではありませんか。

東海地方の名無しさんはこの件でなにか言いたいことがあるのですか。
ご主張がありましたら、どうぞ。
ただし私は東海さんより熱量が劣るので、お相手は務まらないと思います。
高知県民が視界に入れるのは近県各地の天気予報におさまる都道府県まででしょう。
すなわち東は大阪までです。
静岡県内の過去の出来事をあれこれ考えあぐねる高知県民なんて限りなくゼロに近いと想像します。

袴田事件において検察官は特別抗告を断念しましたが、管理人さんはこのことをどう思われますか?

藤井敏明元判事が「弁護側は、みそに漬けられた血液の色の変化を化学的に説明したことになるので、有力な証拠であることは確かだと思う。これに対して検察側は『弁護側の専門家が行った実験の条件は、現実のみそ漬けの状態と違う点がある』などと反論していて、裁判所がどのように評価するかが1番のポイントになる」と指摘されていました。(NHK 袴田事件 東京高裁で3月13日に再審判断へ より)
私の心証もこれを踏襲しており、「弁護側(検察側も?)の実験が実際の味噌樽の条件との合致性再現性が乏しければ、化学的なメカニズム(メイラード反応)が採用されず、確定判決に合理的疑いを抱かせる明白な証拠と評価されず、再審請求棄却も有り得るのでは。」という所感が正直あったのです。
つまり、東京高裁はその再現性を認めたものと思われるので、そのプロセスがどのようなものであったかを辿るために高裁決定全文を是非一読しておきたいのですがね…。
それを読み解けば、検察側が次どのような手を打って出るのかも読めるのでは。

Re: タイトルなし

>>袴田事件における袴田さんの犯人性についての私の心証としては「分からない」というのが正直なところですね…
これは意外ですね。

>>強大な国家権力たる検察を倒した!というある種の痛快さがありましたね
現場に行った人なら強烈に感じ取れることでしょう!

いずれにしましても、東海地方の名無しさんに東京で野暮用が発生しましたことに感謝いたします。
またいいチャンスがありましたら、現場から盛り上げてください。
当ブログのコメント欄でよろしければ、場所を提供させていただきます。
お疲れさまでした。

袴田事件における袴田さんの犯人性についての私の心証としては「分からない」というのが正直なところですね…。名張は無実だと確信しているのですが…。
同時に決定の目撃者としての私の感情は強大な国家権力たる検察を倒した!というある種の痛快さがありましたね。この決定はこれからの日本及び世界が変わるある種の節目なのかも。
上段と下段で一見矛盾してるかもしれませんが…一応これが私の「率直な気持ちや感想」であります。

Re: タイトルなし

東海地方の名無しさんの率直な気持ちや感想を目撃者のひとりとしてぜひ、書き残していってほしい。

Re: タイトルなし

プライドだか何だか知りませんが、なかなか負けを認めませんからね、検察は。
再審請求の3審制も見直しを図りたいところ。

犯行着衣とされたものも、静岡地裁決定に続いて、捜査機関の捏造の可能性を指摘しているあたり、全面的に弁護側の主張を認めたというべきでしょうね。

支援者の皆さんが東京高検へ特別抗告の断念を求めに行かれました。

Re: タイトルなし

現場からの続報はなにかありませんか?

Re: タイトルなし

よかったね! 

即時抗告棄却!再審開始です!

袴田事件の決定は午後2時みたいです。

袴田事件の決定は午後2時のようです。

Re: タイトルなし

東京での野暮用、ナイスゥ~~

今度こそ、現地から喜びの声を伝えてください。

東海地方の名無しですが、今野暮用で東京にいます。
そこで袴田事件も例によって、決定が出ると同時にここでお知らせします(テレビ中継でもやると思いますけど)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

大善裁判長は袴田事件再審を認めてくれますか皆さんはどう思いますか?

Re: タイトルなし

Which do you prefer?

1.He Did, but no vital evidence, so not guilty.
2.He is not related to the case, so not guilty.
3.The other.

当判事の再審請求棄却決定について書いてくれませんか?

Re: タイトルなし

岡崎敬弁護士が朝日新聞記事をネタにし、2022年4月1日のツイッターで以下のように綴っています。

「~それにしても、そんな事例で高裁に破棄されるような判決を、地裁の裁判官が出すということに驚きです。ちゃんと刑訴を勉強したの?

破棄された判決を出してしまった地裁の裁判官は、きっと針の筵でしょうね。出世にも相当響くに違いない。~」
ホントに出世に響くのでしょうか。
過去に同様のミスをやらかした裁判官はどうなっていますか。
出世面でその後下降線をたどりましたか。
東京地裁の当該刑事裁判官名がはっきりすればおもしろいのですが。

当裁判長が傷害事件で差し戻し判決を言い渡したようです

Re: 一部無罪

高裁ウオッチャーさんにご提案

判決主文で「被告人を懲役6月 猶予3年。ただし占有~は無罪」みたいなことを述べたから、それに沿って一部無罪とするタイトルを付けたのではないかと想像いたしますが、道交法に争いがないのならその部分のみ1審で確定していませんか。
そうであれば、「逆転無罪判決」というタイトルでいいと思うんですがねぇ。

一部無罪

こんにちは。

拙ブログに上げていますが、
先週、高裁第二部で「一部無罪」が
出ました。

高裁720法廷で、一部とはいえ、
無罪という声を聞いたのは初めてです。

両倍席判事に相当プッシュされたのか?
大善裁判長の気持に変化が出たのか?
12部の平木裁判長同様、しばらく
定点観測したいと思います。

大阪高裁 福崎裁判長状態になれば
最高なのですが(^o^)

Re: タイトルなし

期待いたしましょう!

大善コートは袴田さんの高齢を考慮して、迅速に審理を進める意向を示していますので、少なくとも差し戻し前の即時抗告審よりは早く決着がつくでしょうね
検察側が弁護側の主張する変色の不自然さについて明確に論破できない限り、再審開始を認める心証を固めているのではないでしょうか

Re: タイトルなし

私は大善さんという方をほとんど見たことすらないので、なにも言えません。
ん~、不安が先立つのですが、大丈夫でしょうかね?

袴田事件の差し戻し即時抗告審の担当をすることになったようですね
今後の訴訟指揮に注目

小沢判決・政治資金規正法・官尊民卑に基づく自由心証主義

(1)故意の阻却に関する事実の錯誤と法律錯誤の違いは?
(2)「共謀」は同罪の基本的構成要件要素か?
(3)裁判所の事実認定・自由心証主義は経験則・社会通念に反してもよいか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード