fc2ブログ

日本の刑事裁判官

近道暁郎裁判官≪51期≫


1審一部無罪 【23/11】 ★脅迫は無罪 2022年12月末、大阪市平野区で発生した殺人事件 殺人と銃刀法で実刑へ 裁判員裁判 ネット上、無料で見られる範囲内で裁判長名を記した当判決記事を見つけることができなかった 開廷期日情報に記されている法廷名と開廷前2分間撮影の映像から裁判長を近道氏と判断した★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(23/2 at 高知)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け(at 東京&大阪)。

2:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(23/2 at 高知)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」旨の説明なし(at 東京&大阪)。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「あなたが言わないことで、不利益に扱うことはしません」と明言する(23/2 at 高知)。

罪状認否の問いかけ文言
「(外国人被告人に対して早口で)いま、検察官が読んだ起訴状記載の事実について、どこか違っているところやなにか言いたいことがありますか」(10/11)

「いま、検察官が読んだ起訴状の公訴事実について、どこか違っているところとか、特に言っておきたいことがありますか」(12/1)

「いま、検察官が読んだ起訴状の公訴事実について、あなたの意見をたずねますがどうですか」(23/2 at 高知)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終えて、次回期日に判決を言い渡すことになります。最後にあなたのほうからなにか言っておきたいことがあれば、言ってください」(10/11)

「これで審理を終えて、次回判決を言い渡すことにします。最後にこの場で言っておきたいことがあれば、言ってください」(23/2 at 高知)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&大阪地裁&高知地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官は信用しない(20/12)。

裁判員制度でこの裁判官と同席したいか
全然したくない(20/12)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
ずーっと刑事裁判に携わっていながら、無罪判決と無縁の裁判官には裁かれたくない(20/12)。

その他
まさか、いつもこうではないと思うけど……。
イラン人被告人の初公判で人定質問後、すぐに検察官に起訴状を朗読させた。
被告人への次の動作を命じる文言、すなわち「検察官が起訴状を読むので、その場で聞いていてください」といった趣旨のおなじみの言葉がすっぽり抜け落ちていた(10/11)。

2023年バレンタインディ。想像もしなかった展開へ。
開廷表を見ると、≪新件3件、審理1件≫ が近道裁判官にあてがわれていた。
高知地裁刑事トップ吉井判事長期欠場により、高松から助っ人として呼ばれたようだ。

入廷時、深々と一礼。
裁判官が言うところの証言台に被告人を着席させて人定質問をスタートし、罪状認否終了まで起立なしに進行した。
締めくくりの最終意見陳述も同様だった。
≪被告人着席方式≫ が高知刑事でなされたのは初めて。新鮮に映った(23/2 at 高知)。

その後どうなったかというと……。
担当した ≪新件3件、審理1件≫ にケリをつけるべく再度高知の法廷に現れるかと思いきや、戻ってくることはなかった。
≪新件3件≫ はそれぞれ、本来民事担当の梅本裁判官、刑事の前田裁判官、4月に高知刑事トップに就いた稲田裁判官へと引き継がれた。
残る ≪審理の1件≫ については不明である(23/11)。

人事レース/最高裁の意思推察
2020年12月現在、高松地裁刑事部でトップを務めている。
近年は西の地でワークする現場担当刑事裁判官。
そこそこ以上に出世しそう(20/12)。

2023春、大阪地裁第2刑事部トップへ異動し、刑事裁判官として地裁段階でのピークを迎えている。
大阪をホームグラウンドとする現場担当刑事裁判官。
いずれは大阪高裁刑事部の事務を総括する者に指名されるか(23/4)。

« 足立勉裁判官≪45期≫|Top|冨田敦史裁判官≪47期≫ »

コメント

無罪判決がない裁判官。ヒラメさん。

高松地裁のページに小学校での講義が掲載されているが、こんなろくでもない裁判官をよく派遣しましたね。

パワーポイントも自分の経歴の自慢ばかり。農水省まで勤めているんですか、へえーーー。

Re: タイトルなし

確かにちょっと変わった雰囲気の方。

大阪高裁傍聴
一度も前をみない裁判官、視線は下ばかり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード