fc2ブログ

日本の刑事裁判官

開発礼子裁判官≪57期≫


1審無罪 【11/4】 ★大麻の譲り受け★ at 大分地裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(13/5)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官が読み上げた事実について、なにか間違っているところがあるか、間違っているところがないか、~~(=変則パターンを使われたため写し取れず)」(13/5)

最終意見陳述を促す文言
「以上でこの事件の審理を終えますが、最後になにか言っておきたいことがありますか」(13/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
入廷時、デスクに着かんばかり深々と一礼(13/5)。

さっぱりした方に見えた。変なクセなし(13/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
2021年7月現在、最高裁で調査官を務めている。
近年は首都圏 ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
かなりの出世が見込まれる。
ただ、2014/4月~2018/3月まで何をされていたのか不明(21/7)。

« 三井教匡裁判官≪51期≫|Top|大沢晃裁判官≪41期≫(退官) »

コメント

Re: 信念…

何があったのかわかりかねますが、 司法の世界でなにか不条理な、かつ腹立たしい体験をされたと受け取れます。
外野席住人の私はなにもできないので、専門家に話を聞いてもらってください。


信念…

に従い天地に恥じぬと思えば善…
所詮、人の口には戸は立てられぬものです。 私の印象は(裁判官全体として)裁判官は「責任のない傍観者」でしたが、実際?経験したらとんでもない…
根底の判らぬ人にとやかく言う資格があるのでしょうか? 確かに弁護士は必要です。
然し、弁護も行き過ぎた弁護は悪以外の何物でもないと痛感しました。
信念を貫き通してこれからも頑張って下さる様、お願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

Author:¡No somos Abe ni Suga ni Kishida!

この人とブロともになる

QRコード