日本の刑事裁判官

長倉哲夫裁判官≪43期≫(退官)


1審一部無罪 【14/1】 ★道交法ひき逃げは無罪★ at 山口地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
4:1くらい=視線を落として、消しゴムのくずを3、4回、右側に右手で払った後、ペンでなにかを記しながら:被告人に視線を向け(11/3)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読した起訴状記載の公訴事実を聞いていたと思いますが、事実関係はこのとおり間違いありませんか」(11/3)

最終意見陳述を促す文言
「以上で事件の審理を終わります。最後になにか言っておきたいことがありますか」(11/3)

ライヴ傍聴した裁判所
at 福岡地裁久留米支部

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
九州エリア現場担当刑事裁判官。
次の異動で地裁段階でのピークを迎えそう(14/9)。

« 久我泰博裁判官≪33期≫(退官)|Top|萩原高徳裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード