日本の刑事裁判官

鷹野旭裁判官≪54期≫


黙秘権告知中の視線
5:2くらい=被告人に視線を向け:視線を落として(11/3)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、読み上げられた~~の件、~~という事実のなかに、どこか違っているところがありますか」(11/3)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終えて、次回判決ということになります。最後に述べておきたいことがあれば、いま述べてください」(11/3)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&熊本地裁

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
かつて東京地裁刑事12部合議左陪席を務めたとき、審理中、右隣の裁判長が眠りに落ちていることに気付いたことがありませんか。
一回のみならず複数回、見たのではありませんか。
審理中にいくら寝ていようがだれも正す者がいないまま、その者をその後東京高裁刑事部の事務を総括する者まで出世させる現在の最高裁の人事管理について、どう思われますか。

« 伊藤正高裁判官≪28期≫(退官)|Top|福元明祥裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/698-be4c0563

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード