日本の刑事裁判官

丸岡隆俊裁判官≪期≫


黙秘権告知中の視線
2:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(11/7&8)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「ただいま、検察官から起訴状を読んでもらいましたが、読み聞かされた事実について、どこか違っているところはありますか」(11/7)

「ただいま、検察官が起訴状を朗読しましたが、読み聞かされた事実はどうですか」(11/8)

最終意見陳述を促す文言
「最後にネ、なにか述べておきたいことがあったら述べてください」(11/12)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 高知簡裁

………………………………………………………………………………

その他
いまひとつ、声が傍聴席まで明瞭に届きにくい(11/7)。

朝一の判決言い渡しのとき、入廷するや 「おはようございます」 と述べ、自ら朝のあいさつをされた(11/8)。

証人宣誓のとき、裁判官、書記官ともにはっきりと口に出して傍聴席に起立は促さないにせよ、事実上、廷内外全員起立(11/12)。

簡裁刑事事件数少ない。年間で30件ほど。暇で暇で暇で暇でしょうがないのでは?(17/3)

« 宮田祥次裁判官≪50期≫|Top|西嶋一恵裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード