日本の刑事裁判官

村田健二裁判官≪38期≫(退官)


1審無罪 【11/10】 ★詐欺×貧困ビジネス★ at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「黙秘したことで不利益を受けることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実、この事実はどうですか」(12/7)

最終意見陳述を促す文言
「~最後になにか付け加えて言いたいことがあれば、言いなさい」(12/7)

控訴期間の告知
「きょうから15日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

その他
報道によると、2012年8月23日、官舎自室で自殺をしているところを発見された。遺書はないとのこと。
なお、同日は自らが裁判長を務める裁判員裁判の判決日だった(12/8)。

「冤罪の戦後史」 (菅野良司著 ㈱岩波書店) p116 にお名前登場。 「名張毒ぶどう酒事件」 再審開始決定を取消す決定に右陪席として関与していたとわかる(16/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
2011年10月現在、刑事担当裁判官として地裁段階でのピークを大阪地裁本庁で迎えている。
従来は中部エリア現場担当。

ざっと見渡して、38期の刑事担当裁判官で関西エリアを専属とする、もっと突き詰めれば大阪地裁で刑事部総括を張る裁判官が不在となっている。
どういうわけか、最高裁は ≪38期×刑事×関西≫ の条件に当てはまる裁判官を育成していないようなのだ。

それでは38期の刑事裁判官はどこに集結しているのか。
≪38期×刑事×中部≫ = ≪後藤氏&手崎氏&村田氏≫、すなわち手駒のそろったお近くの名古屋高裁管内から1名、スカスカの大阪高裁管内へ異動させたのではないかいな、と。
ただ、最終的には東海エリアに戻すと思うけど(11/10)。

« 河野匡志裁判官≪41期≫(退官)|Top|倉成章裁判官≪54期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード