日本の刑事裁判官

佐藤久貴裁判官≪56期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「検察官が読み上げた起訴状の事実に、どこか間違っているところはありましたか」(11/12)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 諏訪簡裁&長野地裁諏訪支部

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用できない。

その他
その日は午後から判決2件、新件2件。
新件いずれも定刻数分前には廷内準備オッケーにもかかわらず、裁判官それぞれ1分、2分遅刻(11/12)。

外見は実に若い(11/12)。

刑事開廷表に裁判官名記載なし。民事はあるのに(11/12)。

廷吏「キリッツ。レイッ」
ここ長野地裁諏訪支部&諏訪簡裁でもまた、≪廷吏 「キリッツ」 → 「レイッ」 ≫ の儀式が刑事裁判のスタート&終了時にあった。
なぜ、公務員が一般人に 「礼」 を求めるのか。
なぜ、傍聴人を巻き込んで 「礼」 を強いるのか。

書記官や廷吏から 「起立」 だけならまだしも、 「礼」 をしなさいと命じられることに納得がいかないので、廷吏の号令 「キリッツ」 を無視して着席したままでいたところ、次の号令が聞こえてこない。
そう、私がスタンダップするのをご丁寧にも廷吏が待っていたのだ。

ここで、裁判所が使う「キリッツ」の言葉がだれに対して用いられたのか、はっきりと体感できた。
ならば、≪ 「キリッツ」 → 「レイッ」 ≫ が一対になっている以上、命令形 「レイッ」 の対象も同一ということになる。
≪ 「キリッツ」 → 「レイッ」 ≫ は柵を飛び越えて傍聴席へ、すなわち法廷全体に向けられた言葉だと、諏訪支部廷吏が身を以て示してくれた。

公務員が一般国民に対し、自らへ頭を下げることを強要しているとも受け取れる儀式が長野の諏訪でも続く。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(12/7)。

« 伊藤雅人裁判官≪40期≫|Top|玉井隆裁判官≪期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/778-690cbd75

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード