日本の刑事裁判官

大寄淳裁判官≪48期≫


1審無罪 【12/9】 ★暴行×被告人は藤井寺市議★ at 大阪地裁堺支部

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
4:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(12/7)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた事実について、間違いがあるかないかですが、あなたの意見はどういうものになりますか」(12/7)

控訴期間の告知
「14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&大阪地裁堺支部

………………………………………………………………………………

その他
判決宣告のとき、主文後回し。その主文を言い渡すとき、声を張り上げる(12/7)。

判決のとき、閉廷直前、有罪の被告人に励ましの言葉が投げかけられた。
ただし。
口を開く壇上の裁判官はほとんど下を向いたまま。顔を上げるのは文末にかけてのみだ。
せっかく中身のあることを述べているのだから、ぜひ正面を向き被告人に視線を合わせてあげて(12/7)。

人事レース/最高裁の意思推察
東京→名古屋→大阪へと西下中の現場担当刑事裁判官。
またいずれ、関東へ戻されるだろう。

次回の異動に注目したい(12/9)。

« 西森英司裁判官≪49期≫|Top|福島直之裁判官≪51期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/796-54c6b58b

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード