日本の刑事裁判官

加藤陽裁判官≪51期≫


黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「さきほど、検察官が読んだ事実、なにか間違っているところはありましたか」(12/7)

最終意見陳述を促す文言
「以上で手続きのほうは終わりということになりますが、最後になにかあなたのほうから言っておきたいことがあれば述べてください」(12/7)

控訴期間の告知
「明日から2週間以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
どこまでもどこまでも、落ち着き払っている。その延長線上にある口調もまた同様だ(12/7)。

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだ、これから(12/11)。

« 井野口攝裁判官≪期≫|Top|小坂茂之裁判官≪56期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/814-df642ce8

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード