日本の刑事裁判官

鈴木秀雄裁判官≪50期≫


起訴状受領の確認
しなかった(12/12)。

黙秘権告知中の視線
5:1くらい=視線を落として、両手で手元のファイルをなにかしながら:被告人に視線を向け(12/12)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた起訴状の内容で、どこか違う点はありますか」(12/12)

最終意見陳述を促す文言
「以上で審理を終わり、次回判決宣告を予定しています。最後に述べることがあれば聞いておきます」(12/12)

ライヴ傍聴した裁判所
at 名古屋地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

その他
淡泊というか、アクがないというか、特に強調点なし(12/12)。

ライヴ傍聴から4か月後のいま、当裁判官のお顔がさっぱり思い浮かばない(13/5)。

人事レース/最高裁の意思推察
千葉を起点に異動を重ねてきた現場担当裁判官。
名古屋の後どうなるのか、また千葉というわけにはいかないだろう。首都圏のどこかに戻すのだろうか(13/5)。

« 坪井宣幸裁判官≪40期≫|Top|細野高広裁判官≪49期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/848-b8713c61

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード