日本の刑事裁判官

長坂和仁裁判官≪期≫


1審無罪 【14/3】 ★過失致死×自転車同士の事故★ at 横浜簡裁

………………………………………………………………………………

起訴状受領の確認
した(13/5)。

黙秘権告知中の視線
2:1くらい=目を閉じて:被告人に視線を向け(13/5)。

黙秘権告知中に……
「答えないということをもって、被告人に不利益になることはありません」 と明言する。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が朗読された起訴状の公訴事実ですが、どこか違っている点とか、なにか言っておきたい点はありますか」(13/5)

最終意見陳述を促す文言
「これで被告人に対する○○事件についての審理を終えて、次回判決ということになります。審理を終える前に被告人として言っておきたいことがあれば、簡潔に述べてください」(13/5)

ライヴ傍聴した裁判所
at 横浜簡裁

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用したい。

その他
被告人に掛ける言葉は基本に忠実かつ丁寧。好印象(13/5)。

「被告人として召喚された人は前に立ってください」
「召喚された人が被告人か確かめるために名前等を確認します」
「出頭した人が被告人と認められるので、ヒコクニンと呼ぶことにします」
「後で(検察官が読む起訴状の)内容について尋ねますので、よく聞いていてください」

« 古谷慎吾裁判官≪49期≫|Top|小川貴寛裁判官≪59期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/876-3e7f99d8

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード