日本の刑事裁判官

諸岡亜衣子裁判官≪56期≫


起訴状受領の確認
しなかった(13/7)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読み上げた公訴事実、どこか間違っているところはありましたか」(13/7)

最終意見陳述を促す文言
「審理は以上で終わりますけれども、最後に述べておきたいことがあれば述べてください」(13/7)

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あるはず。

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
いまのところ、≪東京→福岡→東京→大阪≫ 各高裁管内を転々としている。これからだ(13/12)。

………………………………………………………………………………

その他/お尋ねしたいこと
当初から裁判官希望でしたか。顔つきから判断して、そうではないのでは?(13/12)

« 水落桃子裁判官≪57期≫|Top|毛利晴光裁判官≪32期≫(退官) »

コメント

Re: タイトルなし

過去のノートを振り返ってみましたが、同裁判官の下でその儀式をやっていたとの記載はありません。
次回の大阪遠征がいつになるかわかりませんが、遠くない将来、法廷にて確認してみます。

また機会がありましたら、各裁判官の仕事ぶりについて良質なコメント等を寄せてください。
歓迎いたします。

大阪地裁の刑事で、起立→礼をさせてるのはこの方だけですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/903-dff84d68

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード