日本の刑事裁判官

水落桃子裁判官≪57期≫


起訴状受領の確認
した(13/7&16/3)。

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「(これまで一度も聞いたことのないパターンだったので部分的に写し取れず)話したく????、不利に取り扱いをしてはいけないことになっている」 と明言する。

「黙っていてもそのことで不利益に取り扱われることはありません」 と明言する(16/3)。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読んだ2つの事実がありましたが、どこか間違っているところはありましたか」(13/7)

「いま、検察官が読み上げた公訴事実のなかで、どこか違っているところはありますか」(16/3)

控訴期間の告知
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 大阪地裁

………………………………………………………………………………

その他
度胸がある女性に見えた(16/3)。

人事レース/最高裁の意思推察
西日本エリア現場担当裁判官。まだまだこれから(13/12)。

« 鈴木基之裁判官≪56期≫|Top|諸岡亜衣子裁判官≪56期≫ »

コメント

同感です。40分枠は実に短いですね。覚せい剤や痴漢関連だと新件でいきなり論告までも少なくないですから本当にバタバタです。
水落裁判官はとても丁寧な審理をされる上に、判決でもかなり詳細に説明をされるので40分枠でなくともかなり尺が伸びるのが特徴?です。
10分枠の判決で25分かかったり等もありますが、それだけ一件一件丁寧に心理される印象で好感が持てます。
こういう方に是非出世してもらいたいのですけどね。

Re: タイトルなし

1コマ40分枠設定ですよね? 東京の1時間枠設定を基準にすると大阪などの40分枠は大疑問。
その時間枠で中身のある審理は難しいが私の結論。 

被告や関係者に対しても、威圧的な感じではない裁判官
ただし時間の管理が苦手なのか、毎度のように時間押すのが特徴
丁寧な審理には好感が持てるけど、こういう人は出世しにくいのもまた事実。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード