日本の刑事裁判官

萩原高徳裁判官≪期≫


起訴状受領の確認
した(13/9)。

黙秘権告知中の視線
2:1くらい=視線を落として:被告人に視線を向け(13/9)。

被告人に視線を向け(14/8)。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま、検察官が読まれた公訴事実の内容はわかりましたね。その事実についてはどうですか」(13/9)

「いま、検察官が読まれた起訴状記載の公訴事実の内容はわかりましたね。これらの事実はどうですか」(14/8)

最終意見陳述を促す文言
「これでね、この事件の審理を終わることになりますが、最後になにか言っておきたいことがありますか」(13/9)

「これでこの事件の審理をすべて???、審理を終わるにあたって最後になにか言っておきたいことがありますか」(14/8)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 高知簡裁

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
信用しない。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
被告人への冷たい視線、覇気のない言葉……。この裁判官には裁かれたくない。

« 長倉哲夫裁判官≪43期≫(退官)|Top|澤田博之裁判官≪59期≫ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://terremoto.blog79.fc2.com/tb.php/907-9889b269

Top

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード