日本の刑事裁判官

森喜史裁判官≪52期≫


1審一部無罪 【17/11】 ★実子への傷害は無罪★ at 福岡地裁

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
東京⇔九州を行き来する、≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
主要裁判所の刑事部総括まで到達することは確実で、それより上のポジションに招かれるかどうか(17/11)。

本多健一裁判官≪61期≫


1審無罪 【17/11】 ★過失運転致死★ at 宇都宮地裁大田原支部

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだこれからだ(17/11)。

山口裕之裁判官≪34期≫


逆転有罪 【17/11】 ★窃盗&住居侵入★1審・名古屋地裁の無罪判決を覆す at 名古屋高裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利益な扱いをしない」 旨の説明なし。

罪状認否の問いかけ文言
「いま検察官が朗読した事実、この事実はどうですか」(08/4)

最終意見陳述を促す文言
「(やや早口で)~最後に被告人として裁判所に対してこの事件について言いたいことがあれば、言いなさい」(09/6)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at さいたま地裁&東京地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
ピンとこない→信用しない(17/11)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない(17/11)。

人事レース/最高裁の意思推察
2017年11月現在、名古屋高裁刑事1部 No.1 を務めている。
東京以西でワークする ≪現場⇔エリートポジション≫ 担当刑事裁判官。
次は東京か、大阪か(17/11)。

市川太志裁判官≪43期≫


1審無罪 【17/11】 ★覚せい剤の営利目的輸入&関税法違反 被告人は filipina 裁判員裁判 3K新聞の見出しは 「覚せい剤の密輸の罪に問われたフィリピン人の女に無罪判決 千葉地裁」。見出しでは “女” ⇔ 本文中では “女性” と記されている。無罪判決を伝える記事だから後者で統一するのが当たり前だ。被告人が外国人女性だから、3Kはわざと、故意にやってるだろ?★ at 千葉地裁

1審主要パート無罪 【17/2】 ★殺人未遂は無罪 心身耗弱で猶予付与公務執行妨害&傷害 裁判員裁判★ at 千葉地裁

1審無罪 【15/1】 ★自動車運転過失致死傷×多重衝突事故★ at 京都地裁

1審無罪 【13/8】 ★心神喪失常習累犯窃盗★ at 京都地裁
→→→
 逆転有罪 【14/8】 ★覆される by 上垣チーム/大阪高裁
→→→
 被告人の上告棄却 【15/3】 ★ by 第3小法廷山崎チーム/最高裁

1審主要パート無罪 【13/1】 ★傷害致死は無罪×別罪で猶予判決×裁判員裁判★ at 京都地裁

1審無罪 【12/12】 ★心神喪失強盗致傷&銃刀法×裁判員裁判★ at 京都地裁

………………………………………………………………………………

黙秘権告知中の視線
ほぼ、被告人に視線を向け。

黙秘権告知中に……
「被告人がずっと黙っていても、不利な扱いは受けません」 と明言する(09/5)。

罪状認否の問いかけ文言
「ただいま検察官が朗読した公訴事実の内容について、どこか間違っているところがありますか」(08/4)

最終意見陳述を促す文言
「これで審理を終了いたしますが、最後になにか言いたいことがありますか」(09/5)

控訴期間の告知
「明日から14日以内に」
「明日から数えて14日以内に」

ライヴ傍聴した裁判所
at 東京地裁&京都地裁

地裁で裁判員裁判の経験
あり。

………………………………………………………………………………

裁判官として信用できるか
≪信用しない→信用したい≫ へ格上げ(15/1)。

もしも被告人の立場になったとき、この裁判官に……
この裁判官には裁かれたくない。
札幌高裁で長島チームに属していた裁判官なので……。
東京地裁では登石判事が部総括を務める刑事17部に属していたし、……。

私が東京地裁の傍聴席にいたときは上のように考えていたが、無罪判決を出す裁判官とわかったいまでは特になにも思わない(17/11)。

人事レース/最高裁の意思推察
従来は東日本エリア現場担当刑事裁判官。
前回の霞が関勤務同様、2008年春~12年春までの東京地裁では合議体裁判長をも務める部内No.2に位置した。
その2012春の異動で京都へ。≪東京で部内No.2→京都で部総括に昇格≫ なんていうパターンは過去にあっただろうか。
いずれにせよ今後も確実に出世させるはず(12/12)。

次回の異動で西の京都を旅立つとき、霞が関で東京地裁刑事部総括のポジションが用意されているのかどうか、焦点はそこ(13/9)。

2017年2月現在、刑事裁判官として地裁段階でのピークを千葉地裁で迎えているのかどうか、いまひとつ判然としない。東日本エリア現場担当刑事裁判官。
いずれさいたまか横浜へ異動し、そこで頂点に達するんじゃないかと(17/2)。

佐藤康行裁判官≪新62期≫


1審無罪 【17/10】 ★覚せい剤の使用★ at 東京地裁立川支部

………………………………………………………………………………

人事レース/最高裁の意思推察
まだまだこれからだ(17/11)。

« Prev|Top|Next »

HOME

¡ No somos Abe !

Author:¡ No somos Abe !

この人とブロともになる

QRコード